"生茶"がプロデュースする「茶会 Xmas Party by Namacha」で和風クリスマス

namacha171212.jpg

photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)

「現代のライフスタイルに合う緑茶」をめざして、日頃より、お茶をもっと楽しんでもらうために様々な取り組みを行なっているキリン 生茶が"茶会"という名の和風にアップデートされたクリスマスパーティーを開催!様々なプロフェッショナルの監修のもと、緑茶をコンテンツにした空間作りやパーティーディナーがにぎやかに彩る、今までにない新しいクリスマスの楽しみかた、価値観を提案する催しとなった。招待客は抽選で選ばれたわずか50名のみ、一夜限りのスペシャルナイトの様子と3組のプロのおもてなしをご紹介!


namacha2171212.jpg

namacha3171212.jpg

namacha4171212.jpg会場となったのは、東京・原宿にあるスペース「お茶のいろは」。お茶ができるまでの講義やおいしいお茶の入れ方講座、茶葉の料理教室などのワークショップを行ない、お茶に関する様々なイベントを開催する週末開放のお茶ミュージアム。木造内装の温もりあふれる空間、入ってすぐ目に入るのは、「茶会」の大きなのれん。そして、茶箱が使用されたインテリアや電球を使ったインスタレーションが独創的で、和洋折衷の不思議な雰囲気。


namacha5171212.jpg

namacha6171212.jpg

namacha7171212.jpgオープンキッチンスタイルのカウンターには、目にも鮮やかなクリスマスディナーの数々。これら料理を担当したのは、独特な彩りとセンスのお弁当やケータリングで業界内でも人気の「chioben(チオベン)」。"蝦夷鹿のロティ"をメインに"牡蠣と柿の生春巻き"、"いろいろな大根のソルタム"など、11種のパーティー料理が並ぶ。chiobenの料理人、山本千織さんは「和のクリスマス料理をテーマとしていましたので、日本の食材をたくさん使おうと思いました。それらにハーブやスパイスを効かせたエスニック風の仕上がりにして、華やかさと味わい深さをプラスしています」。料理のデコレーションにお茶の葉をふんだんに使用しているところも趣のある演出。


namacha8171212.jpg生茶を使用したスイーツ2種"お茶とナッツのタルト"、"微粉砕茶葉のチョコレートテリーヌ"も女子人気高し!


namacha9171212.jpg同じくカウンター内にはもう一人のスペシャリストがおもてなし。ドリンク監修のバーテンダー、藤井隆さん。バーテンダーの世界大会で高い評価を受けるなどしている藤井さんが考案したのは4種のカクテル。生茶にワインやリキュール、それらにフルーツの味わいをミックスした爽やかなオリジナルカクテル"Vin-cha"と"+pear"。そして、欧米のクリスマスでは欠かせないと言われるノンアルコールドリンクもお目見え。ピスタチオミルクと卵で作るエッグノックとジンジャーやシナモンが効いたマイルドワインを生茶でアレンジしてサーブ。「緑茶や和のテーストを洋風のカクテルに生かすのは、味覚だけではないので」と語る藤井さん。和紙のグラスや竹製のカクテルピンを使用して、ビジュアル面にもこだわりを。オーダーしてから目の前でシェイカーを振って作ってくれる姿には、ちょっとした特別感も感じるひと時。


namacha11171212.jpg

namacha12171212.jpg会場を一気にクリスマス気分に盛り上げてくれる、大きなクリスマスツリーを手掛けたのは、草月流の花美術家の日向雄一郎さん。伝統あるいけばなの文化を継承しつつ、独自の視点で現代のいけばなの住処を提案する存在。ツリーに使用されたのは日本の常緑樹「アセビ」。それらをアシンメトリーかつ、盆栽をイメージした独創的なフォルムに完成させた。また、デコレーションには、ベルやギフトボックスなどのクリスマスモチーフ、動物のイラストが描かれた和紙製のオーナメントがあしらわれている。そして、鉢には茶箱を利用するなど、和と洋のバランスが絶妙なツリーである。「実は6本のアセビを組み合わせているので、制作には3週間ほどかかりました。和の雰囲気とユーモア、そしてDIY感のあるものにしたいと思ったのです」と日向さん。


namacha13171212.jpg3組のおもてなしを楽しんでいるところで始まったクリスマストークショー。タレントのユージさんをゲストに、生まれ故郷マイアミのクリスマスやイクメンとしても知られるユージさんファミリーのクリスマスエピソードを披露。また、パーティー監修のクリエイターたちも登壇し、今回のおもてなしについて語り合った。なかでも、ノンアルコールカクテルのエッグノッグをよく知っていたこともあり、藤井さん考案のカクテルを試飲したユージさんは懐かしそうな表情も見せる。

生茶のペットボトルと原料とこの日限定のオリジナル茶缶、ツリーに使用していた和紙のオーナメントがお土産に。自宅でもお茶をたしなみながらクリスマスを楽しんでみては、という心遣いも嬉しい。このパーティーの様子は生茶のインスタグラム(@namacha_official)でも見ることができるので、ぜひチェックしてみて。


namacha14171212.jpg
生茶 公式インスタグラム @namacha_official

商品情報
キリン 生茶
NAMACHA.jp
まる搾り生茶葉抽出物 加熱処理
のんだあとはリサイクル。
商品に関するお問合せ先/キリンビバレッジお客様相談室
TEL:0120-595955(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top