ユーモアあふれるゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』劇場鑑賞券プレゼント

dead200310main.jpg

Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions Inc.

アメリカの静かな田舎町で発生した怪事件を発端に、次々と地面から這い上がる無数のゾンビたち。街の3人の警察官と奇妙な住民、そしてユーモアあふれる無数のゾンビが繰り広げるコメディ要素たっぷりのジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』が4月3日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショー。装苑ONLINEで試写会プレゼントも行った大ヒットの前作『パターソン』よりも前から温めてきたという本作から目が離せない!

この映画の公開を記念して、劇場鑑賞券を3組6名様にプレゼント。
応募方法は、作品の公式ツイッター@deaddontdiejpのフォローと、装苑ONLINEの公式ツイッターにアップされるこの映画のトピックをリツイート&フォローして!締切りは、3月18日(木)18時まで!当選者の方には、ツイッターのダイレクトメールで直接ご連絡いたします。

「デッド・ドント・ダイ」
2020年4月3日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ロングライド
WEB:longride.jp/the-dead-dont-die/

☞ツイッターはこちら

dead200310a.jpg

© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

デッド・ドント・ダイ
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ロージー・ペレス、イギー・ポップ、サラ・ドライバー、RZA、キャロル・ケイン、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ
配給:ロングライド

警察官が3人しかいないアメリカの田舎町センターヴィルで、前代未聞の怪事件が発生した。無残に内臓を食いちぎられた女性ふたりの変死体がダイナーで発見されたのだ。困惑しながら出動した警察署長クリフ(ビル・マーレイ)と巡査ロニー(アダム・ドライバー)は、レイシストの農夫、森で野宿する世捨て人、雑貨店のホラーオタク青年、葬儀場のミステリアスな女主人らの奇妙な住民が暮らす町をパトロールするうちに、墓地で何かが地中から這い出したような穴ぼこを発見。折しも、センターヴィルでは夜になっても太陽がなかなか沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していた。 やがてロニーの不吉な予感が的中し、無数の死者たちがむくむくと蘇って、唖然とする地元民に噛みつき始める。銃やナタを手にしたクリフとロニーは「頭を殺れ!」を合言葉に、いくら倒してもわき出てくるゾンビとの激闘に身を投じるが、彼らの行く手にはさらなる衝撃の光景が待ち受けていた......。

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top