Blog

矢野悦子

Lamp harajuku

Etsuko Yano 矢野悦子

「アッシュ・ペー・フランス」企画室クリエイティブディレクターであり、「Lamp harajuku」のディレクターも兼任。

PUGMENTとの出会いを振り返る

IMG_4673.JPG

装苑の今月号の連載「乙女心の胸騒ぎ」2回目はファッションレーベル「PUGMENT」でした

想定内であったり、言葉で簡単に説明ができることはきっと私の中で新たな出逢いや衝動といったことではないんだと思う

彼らの展示会の帰り、どうやってお店に取り込もうかずっと考えていたことを想い出します

売れそうとか、トレンドとか、どこかかの誰かのイイネ!とかではない自分の本能で動くとき

直感は何かをもたらしてくれる、必ず。そう信じたい。

SNSですぐ拡散しちゃうけど、私は私のためではない、使命と責任を持って発信してる。

そう思って、それを信じて、じゃないとバイヤーなんてやってらんない。

春の新作から

20180309.jpg

2018春夏の新作が続々とお店に届いてます

中でも注目はデンマークのブランドCECILIE BAHNSEN (3月21日より展開いたします)

独特なフォルムに是非身を包んでいただきたいです

私にとってLampにある洋服は皆、日常を明るくそして心強い戦友のようなファンタジックな洋服ばかりです!

内面の強さを引き出してくれるような存在です!!

Lamp harajuku B1 gallery 復活

Unknown.gif

Lamp harajuku B1F GALLERYが復活いたします

ホワイトキューブで私がみせたいアートを展示するのなんだか違う気もしますが

ウィンドウインスタレーションをしていただくうちに本来みせたいアートはウィンドウではわかりにくく

改めて地下の空間を使い作家独自の思考を思う存分表現していただき地下特有の異空間を創り出していただけたらと思うようになりました

作家がみせたいことや考えを、訪れた人々が自身と向き合い、共感したり、そうでなかったり、何かを感じとれるような場所になれればと願っています

わたしにとってLamp harajuku B1 Galleryとは、未来に気付くための神聖な場所

Lamp harajuku ディレクター 矢野悦子

--

IMG_5598

10/19(Thur.)~11/30(Thur.)

HaNNa "What do you stand for?"

自分は、何のために戦いますか?何のために声を出しますか?
バッジのデザインをしてもらい、Lamp地下のギャラリーにてピンバッジを作ります。一階のウインドウギャラリーでもこれに連動した展示を行います。

Hanna Fushihara Aron

コンテンツクリエイター、キュレーター、ドッグ・トレーナー。
アーティストである夫デービッドと、ペットたちと共にニューヨークに暮らす。元「HaNNa」のファッションバイヤー。新しい活動「 Walking Into the Wind」は、言葉・写真・映像を通じ、ハンナがユニークで美しいと思うものを披露し、見る人の心と夢に続く手助けになることを望みます。

★OPENING PARTY
2017.10/19 (Thurs day)
19:00~21:00
どなたでもお越しいただけます
1/16 1 2 3 4 5 16

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top