Blog

装苑編集部

SO-EN editors 装苑編集部

2016年で創刊80周年を迎えるファッション誌『装苑』編集部によるブログ。ファッション、音楽、アート、漫画、フード、イケメン、デートスポットなどなど、それぞれの編集スタッフが好きなテーマを掲げて、いつもよりちょっと軽いタッチで日替わりコラムを更新していきます。たまに、お知らせも!

男の子と行きたい99の場所♥ vol.2 文学青年と出会えるかも!? 東京国際文芸フェス

otokonokotoikitai.jpg

妄想多めでお送りする実用系(を目指す)恋愛コラム。プライベートも切り売りしつつ、モニター画面越しに恋に悩める装苑BOY&GIRLに届け......!

文学青年と出会えるかも!? 東京国際文芸フェス

tokyolitfest160308.jpg


こんばんは。1週間って早いですね。前回更新してからまだ3日ぐらいしか経ってない気分です。締切に追い立てられてるので、今週はサクッと10分で更新させていただきます...!!(切腹)

さて、装苑の読者の中には、本好きさんが多数いるのではないかと思います。先週は、東京国際文芸フェスでしたね。というわけで、今日は(タイトルは不純ですが)文芸フェスについてご紹介したいと思います。今回私は「村上春樹の晩餐会」なるものに出席してきました。

村上春樹の作品に出てくる料理を再現するという(村上ファンにとっては)なんとも粋な企画です。この日をワクワクして待っていました。
写真の料理は、その夜に振る舞われたうちの一皿です。後ろに写っている「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」になぞらえた、かぶのフライにアボカドのムースを添えたメニューです。このムースが、レモンが効いていてふわふわでとってもとっても美味しかったんです...!(余韻に浸る)まあ、お料理の話はさておき、
恋愛コラムコーナーなので、(やや強引に)恋愛に話を持っていきましょう...。

村上春樹好き(通称 村上主義者)は、自身が村上ファンであることを普段の生活では(できるだけ)隠していることが多いです。それは「村上春樹が好き」と発言した際に周囲の空気が一瞬ひやっとするのを肌で感じているからです(そんなに鈍感じゃないんです)。なので、日常会話の中で「好きな作家誰?」と聞かれて、(意を決して)「む、村上...」と口を開こうとするとき、村上主義者は、踏み絵を前にした隠れキリシタンのような気分になるのです...。そんな思いを抱えているので、似た者同士が集まると、普段は話せないようなことを気兼ねなく話せる。一緒に盛り上がれるし、打ち解けやすい。本に限らずほかの分野でもいえることですが、同じ趣味を持つ者同士でつながれる小さなコミュニティは、なんていいんだあ!!!!と心の中で叫びました。

カルチャーはいいものですね。乾いた都会の生活の心の潤いですね。
28日発売の次号の装苑は、ナイスタイミングでカルチャー特集号です(宣伝)
気になった方はぜひそちらも!

「恋愛につながってない!」とモニター画面から石が飛んできそうですが、村上春樹の晩餐会は昨年に開催されたときは、なんと村上春樹合コン(!)という企画名だったのです。ところが残念なことにカップル成立には至らず...。今年は晩餐会と相成ったのでした(合コンってタイプでは確かにない...)。

とはいえ、文芸フェスには、ほかにもたくさんイベントが催されているので、本好きな人はぜひ来年(1年後ですが)チェックしてみてください!

東京国際文芸フェス
tokyolitfest.com



ayaprof.jpg
Editor profile

ayaposse
86世代。雪国生まれ。ソフィアコップラとアメリカのYA小説家フランチェスカ・リア・ブロックの影響を過度に受けた10代を経て、現在はコンクリートジャングルの片隅(装苑編集部)で日々奮闘中。好きな食べ物は生ガキ、しめさば、白子ポン酢(単なる酒好き)。赤い洋服を見かけたら連れて帰るのが使命。最近始めたピラティスで運動不足をカバーするのが今年の目標。


MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top