Blog

SHOKO

アーティスト

SHOKO

ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト。作品はペインティング、イラスト、音楽、パフォーマンスなど様々な表現に及び、ロンドンで数々の展覧会、アニエスベーなど多数の海外ブランドとのコラボレーション、資生堂ザ・ギンザ、ロンドン地下鉄ポスターのアートワークなどマルチに活躍中。2011年、音楽作品集「When the sun will rise」をリリース、2012年、著書「女の子のためのロンドン・ガイド~THE LONDON BOOK~」を出版(文化出版局)。2015年秋、メジャーデビューアルバム「A Love Letter to London」(avex/cutting edge)、新刊「SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック」(DU BOOKS)、限定7インチアナログ盤「Hope and Anchor」をリリース。2016年春夏コレクションから、ロンドンにて自身のファッション・ブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」をスタート。

「S for Shoko」春夏展示受注会のお知らせと、新スカーフ発売!

今日は、私のブランド「S for Shoko」からのお知らせと、ロンドンの写真をUPします。

480_03

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」2017春夏コレクション撮影は、1960年代にひとつのカルチャーが生まれた海辺の町マーゲイトで行ないました。

480_05

2017年春夏コレクションが出来上がってHappy!

今季は、パステルカラーをメインとした春らしい軽やかなコレクションになりました。

480_04

撮影の待ち時間に、モデルたちとティーブレイク中のスナップ。

インターンで一生懸命働いてくれた若いスタッフの子が撮ってくれました。

480_06

現地のフォトグラファーと一緒に良い仕事ができて幸せ。

曇り空もイギリスっぽい。

その土地にしかない空気感、そのタイミングにしかない景色、そういったものを、ルックの写真に毎シーズン表現していけたらと思っています。

479_20.jpg

こちらは、S for Shokoのロンドンのワークルーム。この場所で、服を生産しています。

IMG_2980

新しい春夏コレクションをデザインしている時、私はずっとローリングストーンズを聴いていました。

新コレクションの写真は、インスタグラムに写真をアップし続けますので、チェックしてくださいね。

invite 2.jpg

さて、日本でも今月末から、春夏コレクションの展示受注会を開催します!

前コレクションでお買い物してくださった方にはそろそろインビテーションが送付されますが、店頭でお買い物下さった際にご連絡先を伺い忘れてしまった方もいらっしゃるようで、インビテーションをご希望の方は、info@sforshoko.comまでご連絡先をお送りください。

展示会は、初めて「S for Shokoの服を手にとって見てみたい」と思っていらっしゃる方、「お店に行ってみたい」と思われている方も、もちろん展示受注会にウエルカムですので、お気軽に上記にメールアドレスをお送りください。

480_12

ニューコレクションは、品質を下げずに値段を下げることにも挑戦しました。

今年始まったばかりのブランドなので、まだ試行錯誤もありますが、デザインや表現に妥協はありません。今季のピンクや赤のツイードシリーズも、高級な生地を使っているのには理由がありますが、実際にお手に取って頂いて、「実物を見た方が可愛い!」とおっしゃってご購入してくださっているお客様がほとんどで、人気の商品。

春のパステルカラーのものも含めて、ツイード3種類とも買われて行かれた方も、何人もいらしたのは嬉しかったです。きっと、年齢を重ねても、長くずっと着られるアイテムとなるでしょう。

480_13

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」2017春夏コレクション展示受注会日程

【東京】10月28日(金)、29日(土)、30日(日)

【大阪】11月12日(土)、13日(日)

東京会場:S for Shoko ショップ
東京都港区東麻布2-3-4-6F 最寄駅:赤羽橋、神谷町

大阪会場:The Common Place
大阪府大阪市北区大淀南1-1-16-2F

繰り返しになりますが、展示会へのインビテーションメールをご希望の方は、「件名:DM希望」と書いて、 info@sforshoko.com まで、お気軽にメールをお送りください。

479_24.jpg

ところで、S for Shokoも取り扱いが始まるショッピングサイト「storico」もオープンしました!

101016.jpg

素敵なキュレーターやブランドが揃うサイトになるそうで、今から楽しみです。

480_15

さて、最後に一つ、お知らせです!

ロンドンガールズ柄、ユニオンジャック柄などで昨年から好評をいただいているditto」とのコラボスカーフ、新作リリースの発表です。

480_14

今回はコスメティック柄!

銀座「三越デパート」1Fにて、水曜日まで限定販売中です。

480_19

2scarf.JPG

パープルは三越先行発売、オレンジが三越限定で、どちらも質も発色もエレガントに仕上がり大のお気に入りです。

数量限定なので、お見逃しなく♪

「銀座三越」本館1階スカーフ売り場にて発売!
2016.10.12(水)-10.18(火)
午前10時30分~午後8時
東京都中央区銀座4-6-16
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」(9番出口)より徒歩5分
都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」銀座駅方面地下通路経由徒歩2分
JR「有楽町駅」(中央口・銀座口)より徒歩9分

ポールスミスさんご来日!

101002.jpg

あっという間に10月になりましたね。

101001.jpg

9月中は、ロンドンに滞在していました!

101003.jpg

ファッションウィークで賑わうロンドン。

今は私も、自分のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」春夏コレクション発表で忙しくしている毎日ですが、いくつかフェイバリットのブランドのショーやイベントにお出かけしてきました。

101004.jpg

ポール・スミス」の春夏コレクションは、お花がところどころに設営されたランウェイで、春が待ち遠しくなるようなカラーパレット、お花の写真プリント、見ていて気持ちがハッピーに!

101005.jpg

ピンクと黄色、グリーンの色使いもポールさんならではのカラフルな発色で、そしてまた、ファブリックの素材がどれも特徴的で印象に残りました。

101006.jpg

そういえば、ロンドンで大好評を得て世界を巡回しているポール・スミスさんの展覧会「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が日本に上陸。

京都、東京を通過して、今は名古屋で開催中だそう(10月16日まで!)。

101007.jpg

先月、東京の「上野の森美術館」に見に行ったところ...!

なんと、ロンドンで私が初めてポールさんにお会いした時にプレゼントした絵が、ポールさんのアートコレクションとして展覧会で飾られていました!!

101008.jpg

予期していなかったので、ただただ大感激。。。

101009.jpg

ポールさんは毎年手書きのクリスマスカードを送ってくださったり、本当に心の温かい方。デザイナーとしてだけでなく、人として大事なことをいつも気づかせてくださいます。

101010.jpg

また、私が先週、東京に戻ってすぐにお会いしたのは、ポール・スミスさん!

101011.jpg

今年の春オープンした「ポール・スミス」六本木店は、天井が高くて奥行きのある気持ちの良い空間に、ポールさんの芸術作品とカラフルなコレクションが並んだアーティーな内装。お買い物も、ゆったりとした気持ちで楽しめそう♪

この日のケータリングもポップなマカロンなど、お洒落。

101012.jpg

敬愛するポールさんにお会いするのは、いつも喜びそのもの!

101013.jpg

この日は私物のポール・スミスのドレスを着て伺いました。

私も大好きなロックバンドのひとつ、ドアーズのジム・モリソンへのオマージュを込めてデザインしたというコレクションは、発売当時、一目惚れして購入し、ずっと大切にしている一着です。

101014.jpg

翌日は、表参道の「Paul Smith SPACE」ギャラリーへ、またポールさんにお会いしに行きました!

開催が始まった、鉛筆にフォーカスした作品の展覧会「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」のオープニングレセプションへ。

ポールさんの作品をはじめ、フィリップ・スタルクやトレーシー・エミンなどアーティストの作品が並んだ様子は、圧巻!

101015.jpg

お土産にいただいた、カラフルな鉛筆。かわいい♪

展覧会は11月13日までの開催ですので、ぜひ。

101016.jpg

さて、ロンドンの写真を含めて、「S for Shoko」の春夏展示会情報について、またすぐにブログUPしますね♪

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」2017春夏コレクション展示受注会日程

­【東京】10月28日(金)、29日(土)、30日(日)

【大阪】11月12日(土)、13日(日)

※展示会へのインビテーションメールをご希望の方は、「件名:DM希望」と書いて、 info@sforshoko.com までメールをお送りください。

オーダーメイドの靴と「すみれ」

こんにちは。

残暑が厳しい毎日ですが、少しづつ秋の香りが感じられるようになってきましたね。

0801_01.jpg

私のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」は秋冬コレクションの販売が始まり、私は毎日夏服を着ながらも、心は秋のファッションに向けてワクワクしています。

0801_02.jpg

東京タワーが一望できる、東麻布のショップ(最寄駅は、大江戸線の赤羽橋駅)は毎週水曜と土曜の11〜18時にオープンしていて、私も出来る限りお店にいて、絵を描いたりお客様とお話ししたりと、ゆったりとした時間を過ごしています。

0801_03.jpg

先日は、私の出身校である文化服装学院の先生と一緒に、生徒さんたちがショップに来てくださいました!

0801_04.jpg

というのも、五年ほど前に、文化服装学院の文化祭にてトークショーとライブ演奏をさせて頂いた時に知り合った橋本定俊先生(写真左)とのご縁から。

0801_05.jpg

文化で教壇に立たれている橋本先生は私と同じく、ロンドンのセントマーティンズ芸術大学に留学されていた経験があり、お知り合いになった当初、ロンドンや音楽、趣味の話で盛り上がって意気投合。

また、オリジナルで靴を作られているというお話から、私にも靴を作ってくださることに!

0801_06.jpg

足のサイズから測ってオーダーメイドで靴を作ってもらう、という経験は、私にとって初めて!

靴を試着した時、左右の足の大きさが違うのは誰もが感じていることだと思いますが、木型を作る工程で、すでにそのサイズの大きな違いに驚きました。

この時、橋本先生に靴の工房で足のサイズを測っていただき、靴のデザインをさせていただいたのです。

とはいえ、学校の講義やイベントなどでもお忙しい先生ですから、作るのに時間が掛かるということは当初から伺っていましたが、先日、ついに出来上がった靴を持ってショップに来てくださいました。

0801_061.jpg

ワクワクしながら箱を開けると...!

0801_07.jpg

私の大好きな、バイカラーのドット(水玉)の靴が!!

どうやらこの大胆なデザインは、当時の私がしたそうですが!

そのスケッチに、靴の制作のプロフェッショナルである橋本先生がお洒落なエッセンスを入れてくださって、

0801_08.jpg

例えば、水玉部分は皮をくりぬいて立体的に、

0801_09.jpg

フチに白をのぞかせたり、

0801_10.jpg

靴底には、ユニオンジャックを手描きで!

こんなにお洒落でウィットに富んだ靴があるでしょうか!

0801_11.jpg

大のお気に入りです。

0801_12.jpg

またこの日、橋本先生と一緒に来られた足立先生と学生さん達は、年に一回文化から出版される「すみれ」という名の会報誌の、今年の委員会の皆さん。

0801_13.jpg

来年の3月に出版される最新号のため、撮影とインタビューをしてくださいました。橋本先生との対談も載るので、どうぞお楽しみに!

0801_14.jpg

今年の「すみれ」を読みながら皆でおしゃべりしていたら、私が学生だった頃のことや、当時ならではの迷いや悩みも思い出して、とても懐かしい気持ちになりました。

0801_15.jpg

今年の号のテーマは「出会い」。

私自身、学生だった頃から一番仲の良い子は今も変わっていないし、社会に出てから「文化出身」で繋がること、そして、橋本先生のように、活動を通して巡り会えるご縁、そして「装苑」のように、学生の頃から愛読していて、今もこうして一緒にお仕事をさせていただいている幸せ......。

「すみれ」の序章に書いてあるように、「人との繋がりを大切にすること」から頂いたご縁を今も数多く感じていて、それは人生において、何にも変えられない宝物のひとつでもあります。

0801_16.jpg

私の東麻布のショップには、服は高くて買えないけれど、進路のことやデザインのことを私と話したい、と来てくださる服飾学生さんや卒業生の方も多々いらっしゃいます。

もちろん、大いにウェルカムです!

20歳前後の子が勇気を出してここまで会いに来てくれたんだ、という気持ちを考えると、私も親身になって、自分の経験から話せることをお話ししたり、励ましたり、応援したい気持ちでいっぱいになります。

0801_17.jpg

文化に通って、本当によかった!

この日は、そんな風に改めて感じられた一日でした。

また折をみて、学校にも遊びに行きたいと思っています♪

S for Shoko東麻布ショップ

東京都港区東麻布2-3-4-6F
03-6277-7081
毎週水・土11〜18時(祝日の場合は休み)
お問い合わせ: info@sforshoko.com

オンラインショップ http://sforshoko.com

4/19 1 2 3 4 5 6 19

MAGAZINE

『装苑』2017年5月号、3月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top