Blog

SHOKO

アーティスト

SHOKO

ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト。作品はペインティング、イラスト、音楽、パフォーマンスなど様々な表現に及び、ロンドンで数々の展覧会、アニエスベーなど多数の海外ブランドとのコラボレーション、資生堂ザ・ギンザ、ロンドン地下鉄ポスターのアートワークなどマルチに活躍中。2011年、音楽作品集「When the sun will rise」をリリース、2012年、著書「女の子のためのロンドン・ガイド~THE LONDON BOOK~」を出版(文化出版局)。2015年秋、メジャーデビューアルバム「A Love Letter to London」(avex/cutting edge)、新刊「SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック」(DU BOOKS)、限定7インチアナログ盤「Hope and Anchor」をリリース。2016年春夏コレクションから、ロンドンにて自身のファッション・ブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」をスタート。

オーダーメイドの靴と「すみれ」

こんにちは。

残暑が厳しい毎日ですが、少しづつ秋の香りが感じられるようになってきましたね。

0801_01.jpg

私のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」は秋冬コレクションの販売が始まり、私は毎日夏服を着ながらも、心は秋のファッションに向けてワクワクしています。

0801_02.jpg

東京タワーが一望できる、東麻布のショップ(最寄駅は、大江戸線の赤羽橋駅)は毎週水曜と土曜の11〜18時にオープンしていて、私も出来る限りお店にいて、絵を描いたりお客様とお話ししたりと、ゆったりとした時間を過ごしています。

0801_03.jpg

先日は、私の出身校である文化服装学院の先生と一緒に、生徒さんたちがショップに来てくださいました!

0801_04.jpg

というのも、五年ほど前に、文化服装学院の文化祭にてトークショーとライブ演奏をさせて頂いた時に知り合った橋本定俊先生(写真左)とのご縁から。

0801_05.jpg

文化で教壇に立たれている橋本先生は私と同じく、ロンドンのセントマーティンズ芸術大学に留学されていた経験があり、お知り合いになった当初、ロンドンや音楽、趣味の話で盛り上がって意気投合。

また、オリジナルで靴を作られているというお話から、私にも靴を作ってくださることに!

0801_06.jpg

足のサイズから測ってオーダーメイドで靴を作ってもらう、という経験は、私にとって初めて!

靴を試着した時、左右の足の大きさが違うのは誰もが感じていることだと思いますが、木型を作る工程で、すでにそのサイズの大きな違いに驚きました。

この時、橋本先生に靴の工房で足のサイズを測っていただき、靴のデザインをさせていただいたのです。

とはいえ、学校の講義やイベントなどでもお忙しい先生ですから、作るのに時間が掛かるということは当初から伺っていましたが、先日、ついに出来上がった靴を持ってショップに来てくださいました。

0801_061.jpg

ワクワクしながら箱を開けると...!

0801_07.jpg

私の大好きな、バイカラーのドット(水玉)の靴が!!

どうやらこの大胆なデザインは、当時の私がしたそうですが!

そのスケッチに、靴の制作のプロフェッショナルである橋本先生がお洒落なエッセンスを入れてくださって、

0801_08.jpg

例えば、水玉部分は皮をくりぬいて立体的に、

0801_09.jpg

フチに白をのぞかせたり、

0801_10.jpg

靴底には、ユニオンジャックを手描きで!

こんなにお洒落でウィットに富んだ靴があるでしょうか!

0801_11.jpg

大のお気に入りです。

0801_12.jpg

またこの日、橋本先生と一緒に来られた足立先生と学生さん達は、年に一回文化から出版される「すみれ」という名の会報誌の、今年の委員会の皆さん。

0801_13.jpg

来年の3月に出版される最新号のため、撮影とインタビューをしてくださいました。橋本先生との対談も載るので、どうぞお楽しみに!

0801_14.jpg

今年の「すみれ」を読みながら皆でおしゃべりしていたら、私が学生だった頃のことや、当時ならではの迷いや悩みも思い出して、とても懐かしい気持ちになりました。

0801_15.jpg

今年の号のテーマは「出会い」。

私自身、学生だった頃から一番仲の良い子は今も変わっていないし、社会に出てから「文化出身」で繋がること、そして、橋本先生のように、活動を通して巡り会えるご縁、そして「装苑」のように、学生の頃から愛読していて、今もこうして一緒にお仕事をさせていただいている幸せ......。

「すみれ」の序章に書いてあるように、「人との繋がりを大切にすること」から頂いたご縁を今も数多く感じていて、それは人生において、何にも変えられない宝物のひとつでもあります。

0801_16.jpg

私の東麻布のショップには、服は高くて買えないけれど、進路のことやデザインのことを私と話したい、と来てくださる服飾学生さんや卒業生の方も多々いらっしゃいます。

もちろん、大いにウェルカムです!

20歳前後の子が勇気を出してここまで会いに来てくれたんだ、という気持ちを考えると、私も親身になって、自分の経験から話せることをお話ししたり、励ましたり、応援したい気持ちでいっぱいになります。

0801_17.jpg

文化に通って、本当によかった!

この日は、そんな風に改めて感じられた一日でした。

また折をみて、学校にも遊びに行きたいと思っています♪

S for Shoko東麻布ショップ

東京都港区東麻布2-3-4-6F
03-6277-7081
毎週水・土11〜18時(祝日の場合は休み)
お問い合わせ: info@sforshoko.com

オンラインショップ http://sforshoko.com

「S for Shoko」秋冬販売スタート!

476_01

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」のウェブサイトが、秋冬コレクション仕様に更新されました!

www.sforshoko.com

476_03

ブランド立ち上げ当時にこっそり一人でデザインしていた秋冬コレクションが、ついにこの世の中に出ると思うととても嬉しい!

今日は、秋冬アイテムをご紹介します♪

476_04

発売前からモデルやタレントさんたちが着用してくれて、お問い合わせを多くいただいている、ローズ柄のワイドパンツ

476_05

ワイドパンツのほうがヴィンテージの雰囲気があるけれど、履きやすさ(動きやすさ)はスリムパンツ!と人気を二分しています。

476_06

展示会や受注会でも一番人気だった、セーラードレス

早速オーダーを多くいただき、発売したばかりなのに、すでに在庫は8(S)サイズと10(M)サイズはすでに完売...(現在生産中です!)。

476_07

アンナ・カリーナをイメージにデザインした赤のセーラードレスも、ローズ柄と同じく8(S)サイズと10(M)サイズはすでに完売してしまい、現在はウェブショップとメールinfo@sforshoko.comから予約販売受付中です。ロンドンの工場で今せっせと追加生産中なので、今しばらくお待ちください!

476_08

MODS」と名付けたトップスは、赤とネイビーがあります。

「SHOKOといえば赤」とおっしゃってくれる方が多いのですが、私が好きなのはまさにこんな、明るくて、華やかで、上品な赤。

イギリスらしい綺麗な発色、大変こだわって生地を選んでいます。

476_09

ツイードアイテムも、糸の色の組み合わせから選んでいるのでオリジナル。

476_10

冬はついつい黒や無難な色を選んでしまいがちだけれど、1点だけでも元気になるカラーのアイテムをコーディネートに入れたい!

sforshoko-2

お気に入りの、コンパクトジャケットタイトスカートベレーのコーディネイト。

476_11

ピンクのツイードのペンシルスカートも、展示会で人気アイテムでした。

履くと、スタイルがよく見えるの!

476_12

ロングコートは、「冬はどんなにお洒落をしても、すべてコートで隠れてしまう...。だったら、それだけでお洒落なコートを作ろう!」と思い、いつもコートにコートを重ねてしまうほど寒がりな私でも1枚でOKなように、ロング丈で、裏地もしっかりつけて作りました。

各サイズ点数に限りがあるので、お早めに!

476_13

S for Shokoオリジナルプリントは、すべて私が描いているイラストから起こしているもの。

476_14

この秋冬は、ROSE柄にフォーカス!こちらはロングドレス

476_16

春夏で大変人気だった、スミレのモチーフを古い白糸刺繍でほどこした貴重な生地。最後に残った生地で、長袖の白いフリルブラウスを作りました。

黒いシンプルなタイトスカートや、ドットのアイテムに合わせても素敵になりそう!と、他ブランドやヴィンテージとのコーディネイトも楽しみ。

476_15

ジョーゼット生地のリボンブラウスは、もう今の時期から着られるアイテム。とくに今年の秋はリボンブラウスがトレンドみたいですね!思いがけない偶然!

476_17

先ほどご紹介した、ルックのメイン写真でモデルが着ているフリル袖トップスは、コットンジャージー素材で普段使いにもなるアイテム。カジュアルで、着心地抜群です!

476_18

ファッションって、楽しいですよね。

476_19

高級服ではありますが、それに見合った素材と縫製に自信を持っています。

私が作りたかった服は「自分の個性を表現できて、人生に寄り添っていけるような、ずっと長く大切にできる宝物のような服」。

ファストファッションが主流になった現在の指向とは合っていないかもしれないけれど、私はファッションが好きで、服が好きで、そんな思いをずっと大切にデザインしていきたいと思っています。

476_20

今回の秋冬コレクションは、「S for Shoko」にとって実際のファーストコレクションであり、いわゆるブランドの意思、表現そのもの。私にとって、入魂のコレクションです。

東麻布にあるショップは水曜と土曜、11〜18時までオープンしているので、ご試着だけでもお気軽にお越しくださいね(8/13(土)は休業となります)。

476_21

春夏アイテムの一部は、セールを始めました♪

(数に限りがあります)

【S for Shoko東麻布ショップ】

東京都港区東麻布2-3-4-6F

03-6277-7081

毎週水・土11〜18時(祝日の場合は休み)

※8月13日(土)は休業となります

お問い合わせ: info@sforshoko.com

オンラインショップ

http://sforshoko.com

1

おまけ:

新しいデザイナー近影は、プライベートで仲良しの写真家、平間至さんが撮影してくださいました。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年11月号、9月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top