Blog

SHOKO

アーティスト

SHOKO

ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト。作品はペインティング、イラスト、音楽、パフォーマンスなど様々な表現に及び、ロンドンで数々の展覧会、アニエスベーなど多数の海外ブランドとのコラボレーション、資生堂ザ・ギンザ、ロンドン地下鉄ポスターのアートワークなどマルチに活躍中。2011年、音楽作品集「When the sun will rise」をリリース、2012年、著書「女の子のためのロンドン・ガイド~THE LONDON BOOK~」を出版(文化出版局)。2015年秋、メジャーデビューアルバム「A Love Letter to London」(avex/cutting edge)、新刊「SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック」(DU BOOKS)、限定7インチアナログ盤「Hope and Anchor」をリリース。2016年春夏コレクションから、ロンドンにて自身のファッション・ブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」をスタート。

「S for Shoko」ロンドン展示会!

ロンドンのファッション業界は、この週末はファッションウィークで盛り上がっていました。

459_0

私のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」も、ついに今回のロンドンコレクションでローンチとなり、3日間の展示会を終えたところ。

2_03.jpg

459

たくさんの人が来てくださって、とても良い経験になりました。

ロンドン・ファッションからインスパイアされてクリエイションした服のひとつひとつが、現地のバイヤーさんやジャーナリストさんたちに評価していただけるのは、なにより嬉しいこと。

2_05.jpg

仲良しのスタイリストで、ヴィンテージショップ「Leftovers」を経営しているMargotも来てくれました! 彼女は、私の新譜7インチ「Hope and Anchor」のジャケットとプロモーションビデオのスタイリングもしてくれたの♪

569 2.JPG

2_06.jpg

モデルのAnnaは「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」が本当によく似合う!

2_07.jpg

素敵な写真もたくさん撮ったので、S for Shokoのインスタグラムでご紹介しますね。

2_02.jpg

ブランドは、やっとスタート地点に立ったばかり。

ロンドンや日本、そして世界中の女性たちが「S for Shoko」の服を着て歩いている姿を近い将来見られるように...頑張りたいと思います!

459_000

ウェブサイトもオープンしたので、チェックしてくださいね♪

(オンラインショップは近日中にオープン予定です)

459_06

ロンドン・ファッションウィーク番外編:

今回は自分の展示会に忙しく、メゾンのコレクションは2つしか見に行くことができなかったのですが、ずっと大好きなヴィヴィアン・ウエストウッドとポール・スミスのランウェイは今回も欠かさず見させていただき、そちらは私のもうひとつのブログ「ELLEブログ」にアップしました。

上の写真はポール・スミスの2016秋冬コレクション。とっても素敵で、感動しました...!

Hello from London!

こんにちは!

私は先週から、大好きなロンドンに戻ってきています。

Feb01.JPG

まだ寒さは残っているけれど、日没も日に日に遅くなって、春はすぐそこ。

Feb02.jpg

今週からはじまるロンドン・ファッションウィークで、私のブランド「S for Shoko」お披露目の展示会があるので、今は念入りに準備中。

Feb03.jpg

テキスタイルも、オリジナルで作っています。こちらの柄のシリーズは、「ヌーヴェルバーグ」と名付けました。ドレスの他にもブラウスやスカート、パンツも。

商品の写真は、インスタグラムツイッターフェイスブックもチェックしてくださいね♪

Feb04.jpg

アニエスベーのコヴェントガーデン店では、私の新刊「SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック」と、CD「A Love Letter to London」も販売してくださっています(サイン付きです)。

今では入手困難になった、前著の「女の子のためのロンドンガイド」もこちらには数冊ストックがあるので、ご希望の方はお問い合わせを。

アニエスベー Covent Garden店

35-36 Floral Street, London WC2E 9DJ

TEL: 020 7379 1992

Feb05.JPG

レコードショップ「Rough Trade(ラフトレード)」にも、もちろん早速行ってきました!

Feb06.jpg

レコードレーベルも、レコードショップも、昔ながらのカッコイイ雰囲気を残していて、ずっと大好きなお店。

Feb07.jpg

創業時からのスタッフ、Nigelと再会。

ラフトレードでは私のアルバムと本に加えて、7インチアナログ盤「Hope and Anchor」の販売も始まりました!

Feb08.jpg

7インチは数に限りがあるので、ロンドンにいらっしゃって気になられている方は、お急ぎくださいね。

Rough Trade West

130 Talbot Road, London, W11 1JA

T: 020 7229 8541

Feb09.jpg

週末は仕事の前に、カムデンタウンの「British Boot Company」へ。

Feb10.jpg

以前の「装苑ブログ」でもご紹介したことがあるこちらのお店は、ロンドン郊外の工場で生産しているドクターマーチンのオリジナルブーツ「Solovair」(日本では通称「青タグ」と言われています)を扱っている、唯一のオリジナル店舗。

(装苑本誌の取材で、ドクターマーチンのロンドンのアトリエや、ロンドン郊外にある工場見学に行かせて頂いたことも。とっても良い経験でした。過去の装苑ブログはこちらから。)

Feb11.jpg

店内には、色とりどりのドクターマーチンがずらり。

Feb12.jpg

今回、Solovairのシンプルな8ホールブーツが欲しかったのですが、オーナーのNickに教わりながら、数量限定で作っている新作のソフトレザーのSolovairに決めました。ロンドン郊外のNorth Hamptonにある、Church'sの靴を作っている工場で特別生産しているのだとか。

Feb13.jpg

レザーが柔らかいので、新皮がくるぶしに当たる痛みがなくて、はき心地抜群。こちらも、長く愛用したいと思います。

Feb14.jpg

オーナーのニックたちと。

ドクターマーチンの歴史や特徴について、とても親切に教えてくださるので、ロンドンに行かれた際には、皆さんも是非訪れてみてくださいね。

それでは、また。

「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」今月スタート!

457_11.jpg

私のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」は、いよいよ今月末のロンドンコレクション展示会でお披露目。

今は準備で忙しくしています。

457_12.jpg

ルックの写真も最高に可愛いものが出来上がって大満足。

近々オープンするウェブサイトでは、いち早く2016S/Sコレクション商品の販売もスタートします!

S for Shoko」のインスタグラムフェイスブックツイッターでは、たびたびアイテムの写真をアップして行きますので、チェックしてくださいね♪

457_06.jpg

先日は、装苑の撮影も。

モデルは、水原佑果ちゃんと田中シェンちゃんにお願いしました。とっても可愛かった!

457_14.jpg

この日は、撮影・横浪修さん&ヘアメイク・冨沢ノボルさんというコンビネーション。このお二人には、私が十代の頃モデルだった時に、数え切れないほど多数の撮影でお世話になりました。

お二人とは今でも仲良くさせていただいていますが、こうして昔とはまた違った立場で作品を一緒に作ることができるのは、本当に幸せなことだなぁと感じます。

457_13.JPG

撮影日のオフショット。佑果&ノボル。

457_15.jpg

シェンちゃん with 私の新刊「SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック」。

この日のスタッフは、私も含めておしゃべりさんばかりが集まって、メイクルームは大変賑やかで楽しかったです。

457_16 2.jpg

さて、今発売中の「装苑」最新号では、特集「クリエイターの愛用品」のインタビューを受けました。

大切な思い出のカップ&ソーサーをご紹介しています。

物に込められたそれぞれの想いが温かく、とても素敵な特集なので、是非ご覧になってみてくださいね。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年3月号、1月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top