Blog

Sally#Cinnamon

Heavenstamp

Sally#Cinnamon

2009年Sally#Cinnamon(Vo&Gt)とTomoya.S(Gt)が中心となり、ロックバンド「Heavenstamp」を結成。これまでに4枚のE.P.、1枚のフルアルバム、1枚のミニアルバムをリリース。ギターロック、ポストパンク、シューゲイザー、クラブミュージック、クラシックなど影響を受けた様々なジャンルを掛け合わせたミクスチャーロックバンド。英国ロックバンドBloc Partyのギタリスト、ラッセル・リサックとの共同プロデュースやUSインディの至宝Animal Collectiveによるリミックス、ロンドンのトップクリエイター集団tomatoとのMVでのタッグなど、これまで国内に留まらない活動を展開してきた。

ワンマン間近!そしてSuperfly「Triccawicca」の歌詞のこと。

夏ですねぇ...!
毎日毎日外に出る度にびっくりするほど暑いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

8/11のアコースティックワンマンライブ@下北沢モナレコード、近づいてきました!
追加された立ち見席チケットも完売。
ほんとにありがとう!
あとは元気に会場に集まっていただくだけ。
みんなに会えるの楽しみだなあ。

そしてこの日から発売される予定のHeavenstampニューTシャツ2015!
T.jpg

とてもお気に入りのデザイン。
S・M・Lの3サイズ、3000円です。
ぜひぜひゲットしてね。


そしてそして、7/29にリリースされたSuperflyのリカットシングル『On Your Side』に収録されている、M3「Triccawicca」
聴いていただけましたか??
5thアルバム『WHITE』に引き続き、作詞を担当しました。
tricca.jpg

「Triccawicca」のお話をすこし...
Triccawiccaという言葉は、メロディのリズムに合わせてつくった造語なんです。
「魔女のおまじない」というような意味が込められていると思っていただければ幸い。

この曲を初めて聴いて...
まるでミュージカルのようだし、メロディは可愛らしいし...。
これは思いっきりファンタジーに仕上げようと。
明るいだけではなく、憂いを帯びているように感じたので、妖精とかお姫様より、志帆ちゃんには聴く人を包み込むような善い魔女になってもらおうと思ったのです。

この曲を聴いて、それぞれの日常のなかでふとした時に思い出して鼻歌をうたって、元気になれる呪文のような言葉を曲にのせられたら、という思いで歌詞を書きました。
気に入ってくれたらいいな!


というわけで、まだまだ暑い日が続きます。
くれぐれもお身体をお大事に!
もしもしょんぼりすることがあったら、Triccawiccaを聴こう!

わたしもばりばり制作やるぞー!
rec.jpg

名古屋アコースティックワンマン決定!そしてレコーディングも...!

昨日オフィシャルサイトなどでお伝えしましたが、とうとう!名古屋でのアコースティックワンマンライブが決定しましたー!!
名古屋に行くたびにファンの方からワンマンを!との声をいただいていたのですが、大好きなCLUB UPSETでの開催が実現できて私もうれしい!
今回も60名様限定ライブ。
ご来場の方だけに、限定CDもプレゼントしますよー★
詳細はこちら。
 
8/29(土)名古屋CLUB UPSET
Sally&Tomoya(Heavenstamp Acoustic)
『アコースティックワンマン』
開場18:00 / 開演19:00
チケット3000円(+1drink) 
 
【チケット予約について】
60名限定ライブとなります。
予約はオフィシャルメール info@heavenstamp.com までお早めに、お名前と枚数をお忘れなく!
返信にて整理番号をお伝えしますので、PCメールを受信可能に設定の上メールを送信していただけると幸いです。
(※入場人数に限りがあるため、キャンセル不可となります) 
 
既にたくさんの方にご予約いただいているようで、嬉しいなあ。
限定60名様なので、ご予約はお早めに!! 
ああ楽しみいい。 
Rec.JPG
そしてそして現在、水面下では色々動いています。
先日も曽我 淳一さん(トルネード竜巻)と一緒にレコーディングを行っていたり...

トモヤもTwitterで、ラフ音源を聴きながら「自分はこの音楽を鳴らす為に生まれてきたんだ、と心の底から思いました。」とつぶやいていたけど、私もまさにそう思ってた。
今のHeavenstampは間違いなく自信をもってお届けできる音楽を生み出しているので、どうか楽しみに待っててほしいな。
すでにもう伸びないよ...というほど首を長くして待っててくださる方もいると思うけど...笑
決して妥協しないで、間違いなく良い音楽をつくっていきたいから。
楽しみにしてて。  
 
その原動力のひとつは、ファンの皆さんのヘブンの音楽への愛情です。
いつもありがとう。 
 
7/7(火)には稲毛K's Dreamでのアコースティックイベントにも出演するので、ぜひそちらにも遊びにきてね。
もう一ヶ月くらいライブやってないし、燃料がほしい...
みんな、オラに力を!!笑

しなもん

Superfly 5thアルバム『WHITE』発売!

昼間はうだるように暑かったり、夜は肌寒かったり(今夜は雨まで...)ジェットコースターのような毎日ですが、皆様お元気ですか?

下北沢、大阪、そして名古屋とライブ三昧の日々を駆け抜け、東京に戻って参りました!

さて、先日発表したアコースティックワンマンライブ、大変ありがたい事にチケット完売いたしました!

ご予約本当にありがとう。

当日、皆さんと楽しい時間を過ごせる事を心から楽しみにしています。

その前の、7/7(火)稲毛K's DreamでもSally&Tomoyaアコースティックライブを行います!

この日はアコースティックイベント。

七夕の夜を皆さんとステキに過ごしたい...!

是非こちらも遊びにきてね☆

securedownload.jpg

そして。。。

Superflyの5thアルバム『WHITE』がとうとう発売されました!

??.PNG.jpeg

もう聴かれた方もたくさんいらっしゃると思いますが、このアルバム...名盤なんです!

とても刺激的で濃厚ながら、あっという間に14曲目まで...そしてまた1曲目から...と、何度もリピートしたくなる。

飽きがこないし、聴くたびに発見がある。

名盤ってこういう事だと改めて思いました。

このアルバムに関わることになったきっかけですが...。

Superflyの志帆ちゃんとはもともとレーベルメイトだったこともあり、Superflyのライブに遊びに行ったり、Heavenstampのライブに遊びにきてくれたりしていて。

この『WHITE』という作品を制作するにあたって、今まで志帆ちゃんが担当していた作詞を、他のミュージシャンや作詞家の方にリクエストしてみたいという試みのなかで、私サリーにも白羽の矢を立ててくれたという次第なのです。

この作品は曲ごとにテーマカラーがありまして。

私が作詞を担当したM7「脱獄の季節」はショッキングピンク。

M12「極彩色ハートビート」は一色ではなくトライバル柄のような、アーシーな柄というイメージを志帆ちゃんからいただきました。

このブログだけで語る、制作秘話(?!)としては...

「脱獄の季節」

この曲の制作に取りかかる時、志帆ちゃんとの打ち合わせの中で、¨この曲を聴いて、10代特有の行き場のない想いを歌詞にしたいというイメージが湧いた¨という言葉がありました。

私なりの10代。

もうすぐ大人、でもまだ子供。

エネルギーが有り余っているけど、その矛先が定まらない。

不自由に縛られてるけど、いざ放り出されると立ちすくんでしまいそう。

自分は万能だと思い込んで、くすぶった現状に苛立ったり。

誰にでもあったかもしれない、そして誰かにはこれから訪れるかもしれない青春。

私自身もこの曲からそんな焦燥と衝動にあふれたエネルギーを感じたので、そのイメージからふつふつと生まれた言葉で、おもしろい歌詞が書けたのではないかと思っています。

作曲は元JETのドラマー、クリス・セスター氏によるものです。

JETは以前フジロックで観たのですが、本当に良いライブで。

解散した時は残念に思いましたが、このような形で関わる事が出来てとても嬉しいな。

「極彩色ハートビート」

この曲を初めて聴いたとき、ライブで楽しそうに、幸せそうにこの曲を歌う志帆ちゃんの姿がはっきりと頭に浮かんだんです。

歌詞はもちろんなく、¨ラララ...¨で歌われたものでしたが、それだけでとても感動して。

そこから、ライブで志帆ちゃんと、Superflyを大好きなお客さんが一緒にハッピーになれる歌詞にしたいという一心でこの歌詞を書きました。

特に、¨今、私幸せかも...!¨という一節は、志帆ちゃんがそう歌っているイメージが離れなくて。

それをあえて伝える事もなく出来上がった歌詞を送ったら、志帆ちゃんもその部分を特に気に入ってくれて。

なんだか以心伝心したような...と勝手に思っちゃっていますが...笑

こちらもとても大好きな曲なんです。

早くライブでクラップして、ステップ踏みたいな!

参加した曲への想いをながく語ってしまいましたが...

作詞作曲・コーラスなどでHeavenstampのギタリスト、Tomoyaが参加した3曲

M3「色を剥がして」(作曲)

M9「愛をからだに吹き込んで」(作曲、コーラス)

M11「Space」(作詞、作曲)

も、とにかく素晴らしいし...もう、全曲聴いてほしい。

『WHITE』にちりばめられた、色とりどりの音楽にどっぷりつかって、染められちゃってください!

最後に!

本日5/30(土)には、大阪城西の丸庭園にて、Superfly 5thアルバム『WHITE』リリース記念フリーライブが開催されるとのこと!

無料で誰でも参加できる、スペシャルなライブ...!

関西のみなさん、是非是非遊びに行かれてはいかがでしょう♪

また、関東ではJ-WAVEで、関西ではFM802で17:00からラジオ生中継もされるそうですよ!

私も楽しみ☆

くわしくはこちらのサイトをチェック!

http://superfly-white.com/

7/8 1 4 5 6 7 8 8

MAGAZINE

『装苑』2017年7月号、5月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top