Blog

Sally#Cinnamon

Heavenstamp

Sally#Cinnamon

2009年Sally#Cinnamon(Vo&Gt)とTomoya.S(Gt)が中心となり、ロックバンド「Heavenstamp」を結成。これまでに4枚のE.P.、1枚のフルアルバム、1枚のミニアルバムをリリース。ギターロック、ポストパンク、シューゲイザー、クラブミュージック、クラシックなど影響を受けた様々なジャンルを掛け合わせたミクスチャーロックバンド。英国ロックバンドBloc Partyのギタリスト、ラッセル・リサックとの共同プロデュースやUSインディの至宝Animal Collectiveによるリミックス、ロンドンのトップクリエイター集団tomatoとのMVでのタッグなど、これまで国内に留まらない活動を展開してきた。

2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』リリース!

Heavenstamp、約5年ぶりの2ndフルアルバム『天国印鑑を聴きなさい』
リリースされました!

ようやくリリースできたこのアルバム。
たくさんの方々の協力のおかげで完成しました。

まず、
サポートベースのまなぶ氏。
FullSizeRender-32.jpg
サポートドラムの森田誠氏。
FullSizeRender-33.jpg

ライブでもヘブンの音楽をしっかりと支えてくれている、頼りになるお二人。
彼らの素晴らしいところは、どんな場面でも柔軟で、ヘブンの音楽が一番良くなる方法を常に最優先して実践してくれること。
その音楽的な大らかさと謙虚さ。
私も見習わなくては!と、尊敬するお二人です。

そしてIroha Studioのエンジニア、林田涼太さん。
FullSizeRender-43.jpg

メンバーと一緒に今作のサウンド作りを徹底的に追求してくれた、まさに音楽博士。
豊富すぎる音楽の知識はもちろん、音選びのセンスが最高なんです...!
M1「愛を込めて、ウェンディ」にプログラミングでも参加してくれています。

林田さんのおかげで、理想の音が鳴るアルバムができたといっても過言ではないのです。
私がギターや歌録りにどれだけ時間をかけても嫌な顔一つせず、どこまでもお付き合いいただきました。
そんなお人柄も素敵な、音楽愛に溢れた方。
所有されているアナログな機材もたくさん使わせていただきました♪
FullSizeRender-42.jpg

こちらはトモヤ氏。
FullSizeRender-34.jpg

実はこのアルバム、デモ作りに入ったのは2015年の夏ごろ。
作品の大事な基盤となるデモ作りや、M7『Around the World』にキーボードで参加してくださった曽我淳一さん。
IMG_3161.JPG

素敵な笑顔!

M6『Dr. Moonlight』でタンバリンを演奏してくれた、ドラマーのUちゃん。
FullSizeRender-41.jpg
ヘブンで演奏してくれたこともある、歌うドラマーさん!
今回はキレキレのタンバリンで参加してくれています♪

そして、1stアルバムでは共同プロデューサー兼ギタリストとして、デビュー前からずっとヘブンに関わってくれている、英国ロックバンドBloc Partyのラッセル・リサック氏。
FullSizeRender-39.jpg

今作ではM7『Around the World』にギターで参加してくれています。
ぜひ一曲参加して欲しいとメールでオファーをしたところ、快く『弾くよ!』とたった5分で返信してくれたナイスガイ!

トモヤから聞いた話だと、彼の自宅に「天国印鑑を聴きなさい」を送ったと連絡した際、『CD楽しみにしてるよ!ところでゼルダ(任天堂のゲーム、ゼルダの伝説の新作です)はもうクリアした?マリオカートのオンライン対戦はいつする?』
との返信があったそうです...笑
自他共に認めるゲームオタクで日本が大好きで、とってもチャーミングなひとなんですよ...!

ジャケット写真を撮影してくださった荒井俊哉さん。
もともとは私の写真をジャケットにする予定ではなかったのですが、あまりにも素敵な写真を撮ってくださったので急遽ジャケットに。
IMG_2915.JPG

そしてアルバム全体のアートワークを手がけてくれたNaoki Aizawaさん。
シンプルを極めたデザインにして欲しいというお願いを、この上ないほど素敵な仕上がりで叶えてくださいました。

実はこの紙ジャケ。
中を開けてディスクを取り出すと...
FullSizeRender-40.jpg

日の丸になるんです。
英国の人がユニオンジャックに誇りを持っているように、日本からロックを発信しているんだ、という意味を込めて。

今回はアルバムにクレジットされている方々をご紹介しましたが、1stアルバムリリース後からの5年の間にヘブンに関わってくれた、ここには書ききれないぐらいの多くのみなさんにも、心から感謝しています。

そしてなにより。
ライブの度にアルバム待ってるよって言ってくれて、本当に5年も待たせてしまったみなさん!
本当に本当にありがとう!
存分に楽しんでもらえたら嬉しいです。

ツイッターで、アルバムに関する質問や感想、解釈などを募集するよー!とつぶやいたのですが...
こんな書き方じゃあ構えちゃうよね!みんなごめんよ。

私は普段ツイッターとかであまり盛んにリプライとかしない人なもので、このリリースに紐づけて、ちょっとしたリプライ祭りのつもりで募集したのです!

なので、
なんで『天国印鑑を聴きなさい』ってタイトルにしたの?
とか、
曲順の決め方は?(ご質問ありがとう!)
とか、
「Monday Morning」のトライアングル、誰が演奏してるの?
とか。(私です)
気軽に聞いていただければと!
5/20まで募集期間を延長しますので、みんなぜひ送ってね。

Sally Twitter
https://twitter.com/Sally_Heaven

Official Mail
info@heavenstamp.com

タイトルの意味はすでにライブMCやラジオなどで知ってる人もいるかもしれないけど、改めて詳しく語ります!
こちらのディスクレビューにも少し。
http://skream.jp/diskreview/2017/05/heavenstamp.php

こちらにもインタビューが掲載中です。
http://skream.jp/interview/2017/05/heavenstamp.php


6/16(金)渋谷WWWでのワンマン、約1ヶ月後に迫っています!
IMG_2793.JPG

ワンマンのチケットはこちら!
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019

そして7/7(金)には名古屋CLUB UPSETでもワンマンが決定!
5/19(水)15:00~先行受付開始です。
詳しくは後日発表されるので要チェック!
http://heavenstamp.com
間違いなくいいライブやるので、アルバム聴きこんでぜひ遊びにきてね。

いただいたメールやリプライ読んでいます。ありがとう!
私は本当に人に恵まれているラッキー人間だわ!
みんな大好き。
FullSizeRender-35.jpg

愛を込めて、しなもん

THE STONE ROSES武道館、そしていよいよ5/10『天国印鑑を聴きなさい』リリース!!

CLUB POLYPHOLIC 4、遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました!
ずっと対バンしたかったHAPPYのとってもハイセンスでピースフルなライブに、よい刺激をもらった1日でした。
IMG_3088.JPG

3ヶ月連続2マンイベント、「CLUB POLYPHOLIC 2・3・4」として開催されたこの自主企画。
出演してくれたテスラは泣かない。、マキアダチ、オープニングアクトのCalmine、そしてHAPPYに最大の感謝を!
そしてなにより遊びに来てくれたみなさんと楽しい時間を過ごせて嬉しかったよ!ありがとう。
またいつか、クラフォリ開催したいな。

さてさて、先日武道館で行われたTHE STONE ROSESの来日公演。
バッチリ行ってまいりました!
IMG_3073.JPG

私が言うのもなんですが、ストーン・ローゼズは決して超絶技巧な演奏が得意なわけでもなく、派手な演出や照明などがあるわけでもなく。
むしろボーカルのイアン・ブラウンは音程を大きく外すことで有名で、ファンの心理としては外せば外すほど醍醐味を感じられるという不思議な現象すら起こっているわけですが。笑

最上級のグッドメロディと、快楽とも言えるほど脈々と続く気持ちのいいグルーヴ、そしてオーディエンスへの愛がひたすらに溢れている、唯一無二の空間がそこにはありました。

ボーカルのイアン・ブラウン、ギターのジョン・スクワイア、ベースのマニ、ドラムのレニ。
ひとりでも欠けては、この躍動感や浮遊感のある至高のサウンドにならないのです。
いくら正確に演奏できる上手なミュージシャンが代わりに演奏したって、この良さは出し得ない。
改めて、音楽の奥深さと不思議さを目の当たりにしました。

しかも、約20年前の仲違いによる解散で、夢のまた夢かと思われていた奇跡的な再結成後、初の単独公演。
その儚さと尊さに何度も涙し、大いに踊り、また涙。

ボーカルのイアンは、本当に博愛の人なんです。
バンド結成初期の頃からずっと、主役はオーディエンスだと言い続け、聴く人のための音楽を届け続ける。
彼はスティック状のタンバリンを鳴らしながら歌うのがスタイルのひとつなのですが、ライブの序盤からバンバン客席に投げる!
おそらく20本以上あったのではないかな...笑

人が喜ぶことをなんでもないことのようにさりげなく、常に体現するイアン。
だからこそ彼は多くの人にとってのカリスマであり、愛される存在なのだと改めて確信しました。
これまでも彼の存在には多大なる影響を受けてきましたが、先日のDavid Bowieに続き、更に自分の表現者としての在り方を見つめ直すことができた貴重な体験となりました。

J-WAVEの特集番組に出演させていただいたことで今一度ローゼズの魅力を掘り下げることができたし、その上で来日公演に行けて本当に良かった!
We will be back!って言っていたし、早いところまた来日してくれることを楽しみに、私もますます日々音楽と向き合いたいと思いました。

さて、、、みなさん。
いよいよ近づいてきました!

5/10は、Heavenstamp 2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』リリース日ですよ!
IMG_2915.JPG
もう予約はお済みですか??

今回のアルバムは、5年の歳月をかけただけあって、本当に良い曲だけを集めた自信作となっています。
待っていてくれたみなさんはもちろん、みなさんの身近な音楽好きさんにもぜひオススメして欲しいな。
きっと楽しんでもらえると思う!
たくさん聴いてくれたら嬉しいです。

ご予約はこちらから★

■TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/4467507/天国印鑑を聴きなさい

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/天国印鑑を聴きなさい-Heavenstamp/dp/B06XTXVFBX/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1491220116&sr=8-1&keywords=heavenstamp

■HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_Heavenstamp_000000000446141/item_天国印鑑を聴きなさい_7731417

ここでみなさまにお知らせ!

2ndアルバム『天国印鑑を聴きなさい』に関する質問や感想、あなたなりの解釈などなど、リリース日の5/10から5/17の一週間、私のTwitterやオフィシャルのメールで募集します!

Sally Twitter
https://twitter.com/Sally_Heaven

Official Mail
info@heavenstamp.com

質問などには随時、このブログでお返事して行きたいと思いますので、この機会にみなさんぜひぜひ送ってね。
楽しみにしてるよー!

しなもん

▼渋谷WWWワンマン▼
6/16(金)渋谷WWW
IMG_2793.JPG

ワンマンのチケットはこちら!
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019

Superfly展、David Bowie展のこと。そして本日J-WAVEでThe Stone Rosesについて語ります!

ようやく春らしくなりましたね!
新しい生活が始まった方もたくさんいると思います。
まだ突然寒くなったりしますから、ぶるっとしたら身も心も中からあたためましょう。
こんな時も音楽の出番!
あとあったかい飲み物を忘れずに。

さて、先日Superfly展、David Bowie展が開催されていたので行って来ました。

まずはSuperfly展!
FullSizeRender-27.jpg

Superfly10周年ということで、これまでの年表や衣装などが展示されていました。

そしてこちら。
FullSizeRender-26.jpg

先日リリースされた10周年記念ベストアルバム『LOVE, PEACE & FIRE』のジャケットを再現したセット。
"Superflyを愛してやまないファンの部屋"という素敵なコンセプトを元に作られたセットだそう。

この10周年記念ベストアルバムにはHeavenstampの作曲者でありギタリストのTomoyaが作曲した「愛をからだに吹き込んで」「Good-bye」「99」が収録されているのですが、この度オリコン週間ランキング1位を獲得されたそうです!
記念すべき10周年に、ご縁のあるSuperflyの吉報。私もとても喜ばしく思います。
これからもSuperflyに幸あれ!

そして次はDavid Bowie展『DAVID BOWIE is』。
FullSizeRender-28.jpg

David Bowieの歴史が集結した、とても貴重な空間。
幼少期の写真から、影響を受けた文学や絵画、映画の数々。
そしてこれまで披露してきた衣装や映像、手書きの歌詞や楽譜など・・・。

展示期間終了間近だったため少し混雑していましたが、堪能することができました。

彼が性別の壁を超えて、あらゆる制約を超えて音楽という芸術を体現するために、時に過激な衣装や表現でメディアからの規制や削除の繰り返しと戦ってきたということに、私は特に胸を打たれました。

自分の音楽を信じ、表現を信じ、それを貫いていくことの重要さ。
それは確かな教養と鋭い感性が求められる、次元の高い芸術であるということ。
改めて自分の表現を見つめ直すきっかけになりました。

何より一番涙が出そうになったのは、Starmanを歌うDavid Bowieのテレビ放映時の衣装の展示とともに、その模様が上映されていたエリア。
この映像は以前YouTubeでも観ていたのですが、展示を見てきて、その上で彼の人生に思いを馳せながら観るとまた格別でした。
(おそらく公式の映像ではないのでこちらには載せませんが、まだ観ていない方はご覧になってみては。)
良い音楽を発信しながら、テレビの向こうのキッズ達に向かって「 I picked on you(僕は君を選んだんだ)」と歌ったDavid Bowie。
その研ぎ澄まされていながら、大らかで開かれたカリスマ性に当時の人々が老若男女問わず熱狂したこと。
だからこそ今もなお世界中の人々に愛され続け、影響を与え続けていること。
その理由がありありとわかる展示の数々でした。

とにもかくにも、やはり良い音楽は最高の芸術です。

FullSizeRender-29.jpg

そしてそして。
こちらも私に影響を与えてくれた存在。
来週4/21、22に武道館にて来日公演を行うイギリスのバンド"The Stone Roses"!
Unknown.jpeg

本日4/15(土)17:00から、J-WAVE(81.3FM)にてThe Stone Rosesをテーマにエレキコミックのやついいちろうさんと私Sally#Cinammonが熱く語る番組が放送されます!
http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

やついさんのストーン・ローゼズにまつわる青春時代の貴重なお話、そして私がローゼズから影響を受けたことなど。
ぜひ聴いて予習して、武道館公演を楽しみましょう!
https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/04tsr/

聴いてね!よろしく!
FullSizeRender-30.jpg

しなもん

▼NEXT LIVE▼
4/28(金)渋谷LUSH
Heavenstamp presents 2MAN LIVE『CLUB POLYPHOLIC 4』
w/ HAPPY
open 18:30 / start 19:00
¥3000
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002216130P0050001P006001P0030001

▼渋谷WWWワンマン▼
6/16(金)渋谷WWW
IMG_2793.JPG

ワンマンのチケットはこちら!
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019

▼5/10リリース、Heavenstamp 2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』▼
IMG_2915.JPG

■TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/4467507/天国印鑑を聴きなさい

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/天国印鑑を聴きなさい-Heavenstamp/dp/B06XTXVFBX/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1491220116&sr=8-1&keywords=heavenstamp

■HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_Heavenstamp_000000000446141/item_天国印鑑を聴きなさい_7731417

5/12 1 3 4 5 6 7 12

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top