Blog

Sally#Cinnamon

Heavenstamp

Sally#Cinnamon

2009年Sally#Cinnamon(Vo&Gt)とTomoya.S(Gt)が中心となり、ロックバンド「Heavenstamp」を結成。これまでに4枚のE.P.、1枚のフルアルバム、1枚のミニアルバムをリリース。ギターロック、ポストパンク、シューゲイザー、クラブミュージック、クラシックなど影響を受けた様々なジャンルを掛け合わせたミクスチャーロックバンド。英国ロックバンドBloc Partyのギタリスト、ラッセル・リサックとの共同プロデュースやUSインディの至宝Animal Collectiveによるリミックス、ロンドンのトップクリエイター集団tomatoとのMVでのタッグなど、これまで国内に留まらない活動を展開してきた。

『天国印鑑を聴きなさい』への質問にお答えします!

Heavenstamp 2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』リリースされて約半月が過ぎました。
聴いてるよ!の声、続々といただいていて本当に嬉しい限りです。
今日はみなさんからいただいた質問に答えてみよう企画をやりたいと思います!

と、その前に。
全国のタワーレコードやライブハウスなどで配布されているフリーマガジン「eggman」6月号は、Heavenstampが裏表紙&6ページのロングインタビューが掲載されています。
そちらも合わせて読んでもらえると◎
IMG_3244.JPG

みなさんからいただいた質問はこちら!

◆アルバムタイトルの候補は他にもありましたか?日本語のタイトルにしようと思った理由を知りたいです。

→『天国印鑑を聴きなさい』というタイトルについて。
2016年の2月、我々Heavenstampは10日ほどロンドンに滞在していたんですが、ロンドンの街なかで「極度乾燥(しなさい)」と書かれた紙袋を持った人や服を着た人々をよく見かけたんです。
最初はあれ、なんだろう...?!と驚きを隠せなかったのですが、どうやらロンドンをはじめ海外ではとても有名な『Superdry 極度乾燥(しなさい)』というイギリス発のブランドだそう。
それを覚えていたトモヤがタイトルをつけるにあたって、前作と同じように英語のタイトルにするより、むしろこれぐらいの違和感があるほうが面白いなと思い、もし「Listen to Heavenstamp」をちょっと残念に翻訳したら「天国印鑑を聴きなさい」ってところかな、ということでタイトルに提案してくれました。
私もその案を聞いてすぐいいね!となったので、他に候補はなかったですね。
ちなみに6月、7月のワンマンライブのタイトルは「Listen to Heavenstamp」。
そこをリンクさせてみました。(チケット絶賛発売中ですよ!)


◆我々5年待ったワケなんだけど、実際はいつから製作してたの?

→『天国印鑑〜』のレコーディングは2015年の夏ごろ、「Around the World」と「Dr. Moonlight」から開始。同時進行で曲作りもしながら、最終的に一気に詰めたのは2016年の11月からですね。
アルバムに収録するために作曲して、歌詞をつけてアレンジも決まってて、ライブで演奏して良い感じにお客さんの盛り上がりを感じても、ボツにした曲もたくさんあります。
2ndフルアルバムは必ず名盤にしようというのが私たちの中での合言葉だったので、5年間で作ってきた中で名曲と思える10曲を今作では集めました。


◆今作のジャケットの"Heavenstamp"という書体は、主にワーナー時代に使用していた物だと思うのですが、なぜ再び使用することになったのでしょうか?また、これはどなたのデザインなのでしょうか?

→このロゴは、Central67の木村豊さんのデザインです。
Heavenstamp_logo.jpg
最近、書籍『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』が出版されたそうで、HeavenstampのメジャーデビューE.P.『Stand by you-E.P.+REMIXIES』のジャケットについての話もあるそう。
改めて使用することになった理由としては、こちらもトモヤからの提案でしたが、良いデザインだから使い続けたい、という素直な気持ちからだそうです。
素敵なロゴですものね!
また使えて私も嬉しいです。


◆歌詞もまるで生きているようで素敵で、、どうやって書いているんでしょうか?

→今作はトモヤとの共作もいくつかあるのですが。
この5年間での人との出会いや交流の中で思ったこと、もしくは直に会って話していなくても人の喜怒哀楽に触発されて書いた歌詞が多いですね。
例えばテレビのニュース、映画などを観て感じたことだったり。
道行く人の人生に思いを馳せてみたり。
今も変わらない部分はもちろんあるけど、1stの頃は今より自分の内の世界の妄想を抽出させて書いた歌詞が多かったと思います。
今作は、自分の外の世界との関わりが反映されたことで歌詞が人間味を帯びて、"生きているよう"に感じてくれているのかな。
だとしたら嬉しいです。


◆新譜聴きましたよ!
一番の印象は「トモヤ氏、カッケ~!!」です(笑)
勿論サリーさんのボーカルも好きで、歌声のパワーアップも感じました。
お互いにリードボーカルを交換したバージョンもライブで見てみたいので、ご検討下さい。
◆今後も、トモヤさんボーカルの曲はふえるのですか?新たな展開が楽しみです。

→今回トモヤ氏の歌唱が非常に大絶賛で。
この「Monday Morning」、私も大好きなんです。すごくいい曲ですよね。
でもボーカリストとしては、このまま負けていられないので日々精進ですね! 笑
リードボーカルを交換、いいね。
私もいつか歌ってみたいです、この曲。
トモヤ氏が歌う曲が増える可能性も、大いにあるんじゃないかな〜?


◆曲順の決め手は?

→曲順はトモヤ氏の采配です。
決め手は、"それぞれの曲のキーと曲調"だそうです。
何度でも繰り返し聴ける曲順にしたかったとのこと!


◆アコースティックでピアニカとアコギでやってて音源化してほしいって思ってた曲がアルバムのとりをかざっててびっくりしました!春の嵐すごく好きです!

→そうそう、やりましたね、アコースティック版「春の嵐」。
Heavenstampのアコースティックライブは、普段バンドセットでやっている曲を色々工夫してアコースティックにアレンジして演奏しています。
バンドセットのライブはもちろん、アコースティックセットも楽しいから、みなさんどちらもぜひ遊びに来てね!


◆作詞や作曲はどのような状況で、どのように行っているのでしょうか?また、歌詞はフィクションとノンフィクション、どちらが多いでしょうか?

→制作の状況ですよね。
作詞に関しては私もトモヤも部屋 or カフェで書くことが多いです。
フィクションとノンフィクション...私の場合は、私自身の体験であるかどうかでいうと、うーむ、、今作では1/3ぐらいかな。
複雑に絡み合った割合で成り立っているので、自分でもはっきりと言うのは難しいですが。
誰かの体験を元に自分が思ったことを歌詞にする場合もありますし。
どの部分が私のノンフィクションなのかはご想像にお任せします。笑

作曲に関してトモヤに尋ねてみましたが、主に自宅でギターやピアノを使ったり、楽器を使わないこともあったり。
そこからいいイメージが湧いたらデモを作るそうです。
ただ、デモを作りはじめても9割以上は納得のいく出来に届かずボツにしているそうです。笑


◆音楽以外では、これサイコーみたいなものはあります?

→私は食べることが大好きですね。
パクチー以外なら大体なんでも好き。
お菓子や甘い物も最近はあまり食べないかな。
一部の方は知っているかも知れませんが、いわゆる酒の肴と言われるような珍味が大好きです。
あん肝とか白子とか蟹みそとか...これは子供の頃からずっとそう。大人が食べているおつまみをねだるような子供でした。
ちなみにお酒はまったく強くありません。でも日本酒とか最近飲めるようになってこれまた大好き!

トモヤは最近はもっぱらゼルダらしいです。さすが永遠のゲームキッズですね!


◆「頬を染めたり」というタイトルが凄い好きなんですが、タイトルってどうやって決めてますか?

→タイトルの決め方は本当に様々ですね。
「頰を染めたり」に関してはトモヤの作詞作曲で、ボイスメモの仮歌が送られてきた段階で「頰を染めたり」の部分が「将太〜染谷〜♪」と歌われていました。不意を突かれて笑っちゃったよ。
「みんな!エスパーだよ!」や「バクマン。」の演技で、俳優の染谷将太さんのことをすごく好きになったそうです。
山田孝之さんや柳楽優弥さんの演技もとても好きだそうで。

私の歌詞だと、例えば「ダークサイドへおいでよ」は私のスターウォーズ好きな気持ちの一部があの曲に反映された結果ですかね。
何かを好きな気持ちって大事ですね!


◆アルバム収録曲の中で、特にお気に入りの曲、歌詞はありますか?

→どの曲ももちろん好きですが、個人的に夏の抜け殻が好きです。
しっとりとして落ち着いた曲だけど、じんわりと熱がこもっているような感じが。それにメロディの美しさも。
歌詞も自分で書いた歌詞ですが、グッときます。(自画自賛だけど)


◆Tomoyaさんの誕生日は12月8日だと思うのですが、Sallyさんの誕生日はいつでしょうか?

→5月14日ですよ〜
今後プレゼントとか気にしなくていいけど、誕生月のライブのときは一応大きめのバッグは持っていくね^ ^ 笑


みなさん、たくさんのメッセージや質問、本当にありがとう!
好きな曲の感想だったり、熱い思いを込めたメールだったり、全部大事に読ませていただきました。
『天国印鑑を聴きなさい』、これからも末長く楽しんでね!


6/16(金)渋谷WWWのワンマンもいよいよ近づいてきました。
IMG_2793.JPG
チケット絶賛発売中です!
まだの方はこちらから。
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019


ぜひアルバム聴きこんで遊びにきてね!

しなもん

2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』リリース!

Heavenstamp、約5年ぶりの2ndフルアルバム『天国印鑑を聴きなさい』
リリースされました!

ようやくリリースできたこのアルバム。
たくさんの方々の協力のおかげで完成しました。

まず、
サポートベースのまなぶ氏。
FullSizeRender-32.jpg
サポートドラムの森田誠氏。
FullSizeRender-33.jpg

ライブでもヘブンの音楽をしっかりと支えてくれている、頼りになるお二人。
彼らの素晴らしいところは、どんな場面でも柔軟で、ヘブンの音楽が一番良くなる方法を常に最優先して実践してくれること。
その音楽的な大らかさと謙虚さ。
私も見習わなくては!と、尊敬するお二人です。

そしてIroha Studioのエンジニア、林田涼太さん。
FullSizeRender-43.jpg

メンバーと一緒に今作のサウンド作りを徹底的に追求してくれた、まさに音楽博士。
豊富すぎる音楽の知識はもちろん、音選びのセンスが最高なんです...!
M1「愛を込めて、ウェンディ」にプログラミングでも参加してくれています。

林田さんのおかげで、理想の音が鳴るアルバムができたといっても過言ではないのです。
私がギターや歌録りにどれだけ時間をかけても嫌な顔一つせず、どこまでもお付き合いいただきました。
そんなお人柄も素敵な、音楽愛に溢れた方。
所有されているアナログな機材もたくさん使わせていただきました♪
FullSizeRender-42.jpg

こちらはトモヤ氏。
FullSizeRender-34.jpg

実はこのアルバム、デモ作りに入ったのは2015年の夏ごろ。
作品の大事な基盤となるデモ作りや、M7『Around the World』にキーボードで参加してくださった曽我淳一さん。
IMG_3161.JPG

素敵な笑顔!

M6『Dr. Moonlight』でタンバリンを演奏してくれた、ドラマーのUちゃん。
FullSizeRender-41.jpg
ヘブンで演奏してくれたこともある、歌うドラマーさん!
今回はキレキレのタンバリンで参加してくれています♪

そして、1stアルバムでは共同プロデューサー兼ギタリストとして、デビュー前からずっとヘブンに関わってくれている、英国ロックバンドBloc Partyのラッセル・リサック氏。
FullSizeRender-39.jpg

今作ではM7『Around the World』にギターで参加してくれています。
ぜひ一曲参加して欲しいとメールでオファーをしたところ、快く『弾くよ!』とたった5分で返信してくれたナイスガイ!

トモヤから聞いた話だと、彼の自宅に「天国印鑑を聴きなさい」を送ったと連絡した際、『CD楽しみにしてるよ!ところでゼルダ(任天堂のゲーム、ゼルダの伝説の新作です)はもうクリアした?マリオカートのオンライン対戦はいつする?』
との返信があったそうです...笑
自他共に認めるゲームオタクで日本が大好きで、とってもチャーミングなひとなんですよ...!

ジャケット写真を撮影してくださった荒井俊哉さん。
もともとは私の写真をジャケットにする予定ではなかったのですが、あまりにも素敵な写真を撮ってくださったので急遽ジャケットに。
IMG_2915.JPG

そしてアルバム全体のアートワークを手がけてくれたNaoki Aizawaさん。
シンプルを極めたデザインにして欲しいというお願いを、この上ないほど素敵な仕上がりで叶えてくださいました。

実はこの紙ジャケ。
中を開けてディスクを取り出すと...
FullSizeRender-40.jpg

日の丸になるんです。
英国の人がユニオンジャックに誇りを持っているように、日本からロックを発信しているんだ、という意味を込めて。

今回はアルバムにクレジットされている方々をご紹介しましたが、1stアルバムリリース後からの5年の間にヘブンに関わってくれた、ここには書ききれないぐらいの多くのみなさんにも、心から感謝しています。

そしてなにより。
ライブの度にアルバム待ってるよって言ってくれて、本当に5年も待たせてしまったみなさん!
本当に本当にありがとう!
存分に楽しんでもらえたら嬉しいです。

ツイッターで、アルバムに関する質問や感想、解釈などを募集するよー!とつぶやいたのですが...
こんな書き方じゃあ構えちゃうよね!みんなごめんよ。

私は普段ツイッターとかであまり盛んにリプライとかしない人なもので、このリリースに紐づけて、ちょっとしたリプライ祭りのつもりで募集したのです!

なので、
なんで『天国印鑑を聴きなさい』ってタイトルにしたの?
とか、
曲順の決め方は?(ご質問ありがとう!)
とか、
「Monday Morning」のトライアングル、誰が演奏してるの?
とか。(私です)
気軽に聞いていただければと!
5/20まで募集期間を延長しますので、みんなぜひ送ってね。

Sally Twitter
https://twitter.com/Sally_Heaven

Official Mail
info@heavenstamp.com

タイトルの意味はすでにライブMCやラジオなどで知ってる人もいるかもしれないけど、改めて詳しく語ります!
こちらのディスクレビューにも少し。
http://skream.jp/diskreview/2017/05/heavenstamp.php

こちらにもインタビューが掲載中です。
http://skream.jp/interview/2017/05/heavenstamp.php


6/16(金)渋谷WWWでのワンマン、約1ヶ月後に迫っています!
IMG_2793.JPG

ワンマンのチケットはこちら!
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019

そして7/7(金)には名古屋CLUB UPSETでもワンマンが決定!
5/19(水)15:00~先行受付開始です。
詳しくは後日発表されるので要チェック!
http://heavenstamp.com
間違いなくいいライブやるので、アルバム聴きこんでぜひ遊びにきてね。

いただいたメールやリプライ読んでいます。ありがとう!
私は本当に人に恵まれているラッキー人間だわ!
みんな大好き。
FullSizeRender-35.jpg

愛を込めて、しなもん

THE STONE ROSES武道館、そしていよいよ5/10『天国印鑑を聴きなさい』リリース!!

CLUB POLYPHOLIC 4、遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました!
ずっと対バンしたかったHAPPYのとってもハイセンスでピースフルなライブに、よい刺激をもらった1日でした。
IMG_3088.JPG

3ヶ月連続2マンイベント、「CLUB POLYPHOLIC 2・3・4」として開催されたこの自主企画。
出演してくれたテスラは泣かない。、マキアダチ、オープニングアクトのCalmine、そしてHAPPYに最大の感謝を!
そしてなにより遊びに来てくれたみなさんと楽しい時間を過ごせて嬉しかったよ!ありがとう。
またいつか、クラフォリ開催したいな。

さてさて、先日武道館で行われたTHE STONE ROSESの来日公演。
バッチリ行ってまいりました!
IMG_3073.JPG

私が言うのもなんですが、ストーン・ローゼズは決して超絶技巧な演奏が得意なわけでもなく、派手な演出や照明などがあるわけでもなく。
むしろボーカルのイアン・ブラウンは音程を大きく外すことで有名で、ファンの心理としては外せば外すほど醍醐味を感じられるという不思議な現象すら起こっているわけですが。笑

最上級のグッドメロディと、快楽とも言えるほど脈々と続く気持ちのいいグルーヴ、そしてオーディエンスへの愛がひたすらに溢れている、唯一無二の空間がそこにはありました。

ボーカルのイアン・ブラウン、ギターのジョン・スクワイア、ベースのマニ、ドラムのレニ。
ひとりでも欠けては、この躍動感や浮遊感のある至高のサウンドにならないのです。
いくら正確に演奏できる上手なミュージシャンが代わりに演奏したって、この良さは出し得ない。
改めて、音楽の奥深さと不思議さを目の当たりにしました。

しかも、約20年前の仲違いによる解散で、夢のまた夢かと思われていた奇跡的な再結成後、初の単独公演。
その儚さと尊さに何度も涙し、大いに踊り、また涙。

ボーカルのイアンは、本当に博愛の人なんです。
バンド結成初期の頃からずっと、主役はオーディエンスだと言い続け、聴く人のための音楽を届け続ける。
彼はスティック状のタンバリンを鳴らしながら歌うのがスタイルのひとつなのですが、ライブの序盤からバンバン客席に投げる!
おそらく20本以上あったのではないかな...笑

人が喜ぶことをなんでもないことのようにさりげなく、常に体現するイアン。
だからこそ彼は多くの人にとってのカリスマであり、愛される存在なのだと改めて確信しました。
これまでも彼の存在には多大なる影響を受けてきましたが、先日のDavid Bowieに続き、更に自分の表現者としての在り方を見つめ直すことができた貴重な体験となりました。

J-WAVEの特集番組に出演させていただいたことで今一度ローゼズの魅力を掘り下げることができたし、その上で来日公演に行けて本当に良かった!
We will be back!って言っていたし、早いところまた来日してくれることを楽しみに、私もますます日々音楽と向き合いたいと思いました。

さて、、、みなさん。
いよいよ近づいてきました!

5/10は、Heavenstamp 2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』リリース日ですよ!
IMG_2915.JPG
もう予約はお済みですか??

今回のアルバムは、5年の歳月をかけただけあって、本当に良い曲だけを集めた自信作となっています。
待っていてくれたみなさんはもちろん、みなさんの身近な音楽好きさんにもぜひオススメして欲しいな。
きっと楽しんでもらえると思う!
たくさん聴いてくれたら嬉しいです。

ご予約はこちらから★

■TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/4467507/天国印鑑を聴きなさい

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/天国印鑑を聴きなさい-Heavenstamp/dp/B06XTXVFBX/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1491220116&sr=8-1&keywords=heavenstamp

■HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_Heavenstamp_000000000446141/item_天国印鑑を聴きなさい_7731417

ここでみなさまにお知らせ!

2ndアルバム『天国印鑑を聴きなさい』に関する質問や感想、あなたなりの解釈などなど、リリース日の5/10から5/17の一週間、私のTwitterやオフィシャルのメールで募集します!

Sally Twitter
https://twitter.com/Sally_Heaven

Official Mail
info@heavenstamp.com

質問などには随時、このブログでお返事して行きたいと思いますので、この機会にみなさんぜひぜひ送ってね。
楽しみにしてるよー!

しなもん

▼渋谷WWWワンマン▼
6/16(金)渋谷WWW
IMG_2793.JPG

ワンマンのチケットはこちら!
■チケットぴあ(Pコード:325-191)
http://t.pia.jp
※電話予約 0570-02-9999

■ローソンチケット(Lコード:77216)
http://l-tike.com

■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002050163P0050001P006001P0030019

2/9 1 1 2 3 4 5 9

MAGAZINE

『装苑』2017年8月号、6月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top