Blog

Sally#Cinnamon

Heavenstamp

Sally#Cinnamon

Sally#Cinnamon(Vo&Gt)とTomoya.S(Gt&Cho)が中心となり、ロックバンド『Heavenstamp』を結成。ダンスミュージック、クラシック、シューゲイザー、パンクなど様々なジャンルの影響を受けたサウンドとUKロック、USインディ由来のグッドメロディ、ハーモニーが融合した楽曲が特徴。Bloc Party(英)のラッセル・リサックとの共同プロデュースや、ロンドンのアート集団TomatoによるMVとリミックス、Animal Collective(米)によるリミックスなど、洋楽ファンからの注目度も高い。2017年5月10日、約5年ぶりとなる2nd Full Album『天国印鑑を聴きなさい』をリリース。

新曲「Spark」に込めたこと

こんにちは!

3/13に配信リリースした新曲「Spark」聴いてもらえたかな?
私としてもまたまた名曲ができた!と確信しているので、みんなも気に入ってくれると嬉しいです。

今春リリース予定の3rdアルバムは、私とトモヤで集中してカンヅメになって制作し続けたアルバムで。
歌詞も半分くらいがトモヤと共作だし、メロディは作っていないにしろ私も作曲のアイデアを出したり、お互いにいいアイデアを取り入れる。
Heavenstampの制作はいつもわりと柔軟なんだけど、これまで以上にさらに私自身意欲的に意味を持って取り組めたアルバムなんです。

先日のツアーのMCでもお話ししたんだけど、この「Spark」という曲には私の切実な願いを込めました。

もともとSparkという仮タイトルを曲ができた段階でつけていて、トモヤからも

「人の人生は宇宙の長い歴史から見たら一瞬のことだから、その一瞬をどう生きるか大事だよね」

というアイデアももらっていて。
それをどう歌詞にして表現しようか、、、とかなり時間をかけて考えていたのですが。。。

そんなとき、ネットニュースである記事を読みました。
「銃暴力の悲惨さ訴えた13歳の少女、自宅で流れ弾に当たって死亡」
https://www.cnn.co.jp/usa/35129123.html

あまりのことに涙が出ました。
流れ弾?
部屋でテレビを見ていただけなのに?
その状況から、彼女の自宅が狙われて撃たれたのかどうかわかっていないとのこと。

この事件自体もショックだったけど、生前彼女が強く訴えていたこと、彼女の思想、その勇気に私は大きく心を動かされました。

彼女の言葉です。

「小さな子どもたちが、見境のない銃暴力の犠牲になっています」

「私はただ座って、自分が毎日のように見たり聞いたりしたことから逃れなければなりません。そんな時、同じ結論にたどり着くのです。私たちは混乱状態にあると」

「私たちはまず、お互いを思いやることから始めなければなりません」

「共感を持ち、互いの立場に立つ必要があります。自分たちを愛し、周りの人たちを愛するようになれば、兄弟を守る者になるでしょう」

「耳にするのは誰かが死んだとか、誰かが撃たれたという話ばかり。殺されたのは誰のお父さんや息子や孫だったのだろうとは、誰も考えません」

どれほど辛い、恐ろしい経験をしてきたんだろう。
そして、なんて素晴らしい人なんだろうと。

私が大人になって、周りの人のおかげでようやく少しずつ気付けてきたことを、彼女は13歳にしてすでに世に発信していたのです。

お互いを思いやること。
自分だけが辛いんじゃない。
それぞれに人生があって痛みを抱えているから、補い合って支え合って生きていけたらいい。
先に完成していた曲「おたからさがし」の歌詞とも通じるところがあり、今回のアルバムに一貫しているテーマ『愛』を、彼女の言葉からも感じたのです。

彼女に対し、ただただ尊敬の念がありました。
そして、もし出会えていたなら、友達になりたかった、と。

この事件に、無情さを感じる人もいると思います。
いくら強く平和を願ったって、結局彼女は銃で亡くなってしまったじゃないかと。
やはりこの世界はどうにもならない、人間なんてこんなもので、諦めるしかないと。

でも、だからこそ私は、私自身あまりにも無力でも、私にできる形で彼女の想いを残したい。
世界中でどれだけ争いが起こっても、悲しいことばかり起こっても、大好きな人たちが生きている、まだ出会っていないたくさんの人たちが一生懸命いのちを育んでいるこの世界が、平和になることを諦めたくない。
そう思い、すぐトモヤに「私、この人のことを歌にしたい」と言いました。

この事件は、遠いアメリカで起きた自分たちに関係のないこと、ではないんです。

私たちだって、学校や職場や家庭で、自分に余裕がなくなるとつい周りに辛く当たってしまう状況を目にすることがあると思います。
自己中心的な考えこそ争いの始まりで、まず自分たちの身近なところから平和は作っていけるのではないかと私は思っています。
もちろん、Heavenstampの優しいファンのみんなならすでにできていることだと思うけど、私自身への戒めの意味も含めて、きちんと作品にしたかったのです。

そうして、「Spark」の歌詞は完成しました。
配信シングルとしてリリースすることが決まり、ジャケットを作る段階で、もう一度彼女の記事を読み返しました。

そしてその時ふと気付いたんです。
彼女の名前はサンドラ・パークスさん。
SparkとParks、アナグラムになっている、、と。
その時まで全く意識していなかったのですが、偶然というかなんというか。
彼女のことを知る前から、この曲のタイトルはSparkという仮タイトルをつけていて。
こう、なるようになるのだなあと少し驚きました。

曲を聴いていただければ、ジャケットに込めた意味に気付いていただけると思います。
IMG-0854.JPG
IMG-0891.JPG

ぜひ、みんなにも、みんなの友達にもSparkを聴いてもらいたい。
自信を持って良い曲だからなのはもちろんだけど、無くしたくない、伝えていきたいことがあるから。

長い文章にお付き合いいただいてありがとう!
Sparkの感想、待ってます。

そして、続々とライブも決まっているよ!
2人編成も、バンドセットも観て欲しい!
ぜひぜひ会いにきてね。

しなもん

《2人編成ライブ》
■4/24(水)@代官山LOOP
『sway to the music』

出演
Blue Vintage
BuZZ
Heavenstamp

open 18:00 / start 18:30
前売¥3500(+1D)
チケットは3/16(土)12:00〜e+にて発売
https://eplus.jp/sf/detail/2903140001-P0030001
IMG-0892.JPG

■5/14(火)@渋谷SPACE ODD
『BLOSSOM』

出演
nikiie
西恵利香-groovy duo-
Heavenstamp

open 19:00 / start 19:30
前売¥3500(+1D)
イープラスにて発売中
https://eplus.jp/sf/detail/2890720001-P0030001P021001?P1=1221


《バンドセットライブ》
■6.6(木)@渋谷SPACE ODD
『Mix × Fix』

ABSTRACT MASH / Heavenstamp

open 18:15 / start 19:00
チケット前売 ¥3300(+1D)
イープラスにて発売中
https://eplus.jp/sf/detail/2883700001-P0030001P021001?P1=0175
IMG-0847.JPG

【歌詞提供曲リリース情報】
◆2019.3.6
大原櫻子 ベストアルバム「CAM-ON!~5th Anniversary Best~」
Disc1 M13 「Joy & Joy」
https://oharasakurako.net/musics/6954/music_products/7904
IMG-0882.JPG

MAGAZINE

『装苑』2019年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top