Blog

Sally#Cinnamon

Heavenstamp

Sally#Cinnamon

2009年Sally#Cinnamon(Vo&Gt)とTomoya.S(Gt)が中心となり、ロックバンド「Heavenstamp」を結成。これまでに4枚のE.P.、1枚のフルアルバム、1枚のミニアルバムをリリース。ギターロック、ポストパンク、シューゲイザー、クラブミュージック、クラシックなど影響を受けた様々なジャンルを掛け合わせたミクスチャーロックバンド。英国ロックバンドBloc Partyのギタリスト、ラッセル・リサックとの共同プロデュースやUSインディの至宝Animal Collectiveによるリミックス、ロンドンのトップクリエイター集団tomatoとのMVでのタッグなど、これまで国内に留まらない活動を展開してきた。

トモヤ的、ゲーム音楽ランキング《ドラクエ編》

こんばんは!
みなさま元気でお過ごしでしょうか。
私はというと、長いこと風邪をひいておりました・・・。
夏風邪は本当にしんどいね。様々な角度から波状攻撃を仕掛けられておりました。

エアコンで体が冷えがちなので、夏といえど温かい飲み物を飲むように心がけています。
みなさまも気をつけてね。

IMG_3577.JPG

前回のおすすめ映画ブログ、好評だった・・・のかな?笑
シング・ストリート、大好きな映画です!とか、いいセレクト!などの反応もいただきまして。
やっぱり自分が好きなものを好きと言ってもらえるのは嬉しいものですね!

というわけで、今日は前回告知していた通り、Heavenstampの作曲家でありギタリスト、そして大のゲーム好きであるトモヤ氏がおすすめする音楽が良いゲームを選んでもらうことに!

いざ尋ねてみると、良いゲーム音楽がたくさんありすぎる!ということで・・・。
今回は今年30周年を迎え、記念すべき11作目が発売されたばかりの名作『ドラゴンクエスト』に的を絞って、トモヤ的ドラクエ良曲ランキングを作ってもらいました!

私にとってもドラクエは世界観や素晴らしいシナリオ、キャラクターなどなど大好きなシリーズではあるのですが、いかんせんどの作品もクリアまでたどり着いたことはなく。。。
(ゲーム、子供の頃から人がプレイしているのを観るのは大好きでしたが、やるのはイマイチ才能がありませんでした。。。)
ここは長年ドラクエを愛し続けてきたトモヤ氏の力を借りて、ひとこと解説付きで数々の素晴らしいドラクエBGMを発表したいと思います!
よかったらYouTubeで検索したりして、聴きながら読んでね。

logo_dq1_normal.png

まずは10位!
ドラゴンクエスト1「広野を行く」
Tomoya(以下T):広野に旅立つ勇者にぴったり。
Sally(以下S):どこかミステリアスな寂しさを感じるようなBGMだなあと。まさにこれから広い世界へ飛び出していく不安や期待などが表現されたようなフィールド曲。

9位!
ドラゴンクエスト5「 戦火を交えて」
T:戦闘シーンにしては上品な曲なんだけど、5の世界観によくあっている。
S:荘厳さと勇ましさを感じる戦闘曲。テンポが早いので気持ちも盛り上がります・・・!

8位!
ドラゴンクエスト4 「勇者の故郷」
T:孤独な旅のはじまりにぴったりな、切ない曲。
S:和音が美しく、主旋律の裏で流れるメロディ(裏メロ)が印象的です。

7位!
ドラゴンクエスト8 「おおぞらに戦う」
T:ゾーマ+ラーミア。美しさと勇ましさの融合。
S:これは格好いい・・・!ボス、ラプソーンとの戦闘曲ですね。詳しくは後ほど。

6位!
ドラゴンクエスト10 「渾身の力を込めて」
T:10はオンラインだから知らない人も多そうだけど、隠れた名曲。中ボス感ある。
S:稲妻が落ちてきたような激しさのある曲。これもまた格好いい!

5位!
ドラゴンクエスト4「生か死か」
T:性急な曲調と変拍子による緊張感が見事。ドラクエの戦闘曲はどれもいいが、その中でも抜けてる。
S:確かに一番記憶に残っている戦闘曲かも。
元吹奏楽部のわたしからすると、変拍子に入る直前の16部音符で駆け上がっていく旋律、めちゃめちゃ練習するだろうなあ、変拍子は吹くの楽しいだろうなあ、とワクワクしてしまう曲です。笑

4位!
ドラゴンクエスト2 「果てしなき世界」
T:優雅でしなやかな曲。仲間がいることによる希望を感じる。
S:確かに、今までランクインしてきたフィールド曲と比べると朗らかで優しい曲。
仲間がいるからだったのか・・・!

3位!
ドラゴンクエスト3 「冒険の旅」
T:なんとも勇ましい曲。イントロ付きだと尚良い。
S:わたしの中で、ドラクエのフィールド曲といえばこの曲!

2位!
ドラゴンクエスト11「セーニャ覚醒」
T:セーニャが覚醒するシーン、まるで映画のようでした。優しさと強さが合わさった曲。
S:最新作から見事2位にランクイン!まだクリアされてない方もいらっしゃるでしょうから詳細は控えますが、わたしもストーリーを見せてもらい、音楽も相まってとても感動しました・・・!

そしていよいよ1位!
ドラゴンクエスト3 「おおぞらを飛ぶ」
T:言うまでもなく名曲だったけど、最近自分の中で神曲になりました。この世で一番美しい曲。
S:やはりこの曲。間違いないです。以前ラジオでも流したことがあるほど好きな曲!
7位の「おおぞらに戦う」は、この曲とゾーマというボスの曲が融合された曲だったんですね。

10曲、選んでもらいましたが・・・いかがでしたか?!
プレイしたことがある方が「わかる〜!」ってなってくれたらうれしいです。
こうして改めて聞いてみると、物語やキャラクターの気持ちに寄り添ったBGMになっているんだなあ。。

ドラクエは一つ一つのストーリーが本当によくて、一番グッとくる所に素晴らしいサウンドが流れ込んできて感動が増幅されるんですよね、、、
音楽の力をここでも目の当たりにしました。

わたしのように、ゲームって好きだけど難しいかも、という人でも、ドラクエは楽しめるんじゃないかと思います・・・!
どこかちょっぴりゆるくて、泣けて、素敵なんです。
わたしもこの夏、少しずつでもクリアしていきたい所存です。

夏のアコースティックライブ、決まっています!
■8/25(金)下北沢LIVEHOLIC
LIVEHOLIC presents Tokyo Eye〜3マンNIGHT〜

[出演]
Heavenstamp(Acoustic) / マキアダチ / わたしのねがいごと。

open: 18:30 / start: 19:00
adv: 2,500yen+1drink (500yen) / door: 3,000yen+1drink (500yen)

[チケット発売中]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002232261P0050001P006001P0030001
メール予約は、お名前、公演日、日付を書いてこちらまで!
info@heavenstamp.com

IMG_3520.JPG

大阪バンドセットライブ、チケット発売中!
■9/23(土)大阪中崎町NOON
Target!

[BAND]
Heavenstamp / DATS / HAPPY / Mississippi Khaki Hair
[DJ]
TAISHI IWAMI / ナカシマセイジ(Alffo Records)/ Banchan(FM802)/ Higu(mogran'bar)

start:17:00〜23:00
adv: 3,000yen+1drink (500yen) / door: 3,500yen+1drink (500yen)

[チケット発売中]
▼LAWSON(Lコード:52042)
▼イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002234250P0050001P006001P0030001
▼NOON店頭 06-6373-4919

IMG_3542.JPG

チケット、お早めにゲットして遊びにきてね!

しなもん

サリーのおきにいり《音楽映画編》

こんばんは!
みなさま、夏、満喫してますか?

私は作詞のお仕事などもあり、今年のフジロックは残念ながら見送ったのですが・・・
どうにかSONIC MANIAには行けたらいいなあと思っています!

リアム・ギャラガー、カサビアン、電気グルーヴ・・・
うーん、わくわくしてきた!!
楽しみだなあ。

とはいえ、基本的にはインドアな私。
おうちにいながらにしてたくさんの刺激をもらえるということもあり、映画を観るのが好きなのです。
そんなに詳しいというわけではないのですが、夏休みをおうちでゆっくり過ごしたい派の方々に、サリー的オススメ映画をご紹介したいと思います!

今回は音楽好きの皆さんに、音楽の力を感じられるような映画をご紹介。

まずはこれ!
『シング・ストリート 未来へのうた』

ちょうど一年ほど前上映されていたのですが、2回観ました。映画館で。
本当は3回目も観に行こうとしていたくらい、ダントツに好きな映画です。

この映画に出てくる80年代UKの音楽はもちろんいいのですが、私は何より劇中で主人公たちが組んだバンド「シング・ストリート」のオリジナル楽曲がたまらなく好きなんです。
青くて時々いびつだけどみずみずしくて、とにかく曲がいい。
サントラでもついついこのオリジナル楽曲ばかり聴いてしまいます。

あまりにも苦しい現実から主人公を救ってくれた音楽と恋。
こんなにも美しい青春時代を、フィルムに焼き付けてくれてありがとうジョン・カーニー監督!と何度も思いました。

バンドメンバーのキャラもそれぞれ際立っていて、時々クスっと笑ってしまうコメディ的な要素のバランスも最高です。

この映画は、どの年代の人が観てもきっと胸に伝わるものがあると思います。
「未来を選べ」という監督のメッセージが大いに表現された、前向きな気持ちにさせてくれる映画です。

次はこの作品!
『君が生きた証』

こちらはおじさまと若者がバンドを結成するお話ですが、そこには悲しい秘密がありました。

音楽が人に与える力、戸惑い、いろんな形の「人と音楽との在り方」をここに見ました。
あまり話すとネタバレになってしまうので、ぜひ観てください!

最後はこちら!
『あの頃ペニー・レインと』
penny.jpeg

こちらは2000年の作品ということで、公式な予告編がなかった・・・。
この作品を作ったキャメロン・クロウ監督の自伝的映画で、実際に15歳でローリング・ストーン誌の記者になり、バンドのツアーに同行した際の体験が元になっているとか。
なんて刺激的すぎる青春時代でしょう。。。

最高に可愛くて魅力的な女の子、ペニー・レインに恋する主人公。
この映画を観た人ならわかる、きっとみんな恋してしまう!
美しくて強くて儚い。
音楽で人生を切り開いて、人との関わりのなかで成長していく主人公の、ヒリヒリとした青春を味わえる映画です。

あと何が素晴らしいって、「あの頃ペニー・レインと」という邦題・・・!
原題は「Almost Famous」。直訳すれば「ほとんど有名」。
「ブレイク寸前」というニュアンスでしょうか。
「あの頃ペニー・レインと」・・・なんだかもうタイトルだけでドキドキとしますよね。
一番好きな邦題だなぁ。


ベルベット・ゴールドマイン、さらば青春の光、ヘドウィグ・アンド・アングリーインチなどなど・・・。
音楽映画にはたくさんたくさん名作がありますが、今回のサリー的セレクト、いかがでしたか?
頑張って3つに絞ったけど難しかったなぁ。
ドキュメンタリーも入れたかったけど、好みも大いに影響しますしね。
それはまたいつかやるかも??

次のブログでは、今まさにドラクエ11に熱中しているトモヤ氏に「音楽の良いゲームトップ10」とか聞いてみようかな。
お楽しみに〜!


そして、今後のライブ予定!
今週末、約半年ぶりのアコースティックライブだよー!

■8/5(土)三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
死んじゃうじゃんか
1st Maxi Single '溢れる' release tour
『JUNK-UP-TOUR 2017』TOUR FINAL !!

[出演]
死んじゃうじゃんか / Heavenstamp (Acoustic)
O.A ?

open: 18:30 / start: 19:00
adv: 2,500yen+1drink (500yen) / door: 3,000yen+1drink (500yen)
[チケット発売中]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002230400P0050001P006001P0030001
IMG_3514.JPG

■8/25(金)下北沢LIVEHOLIC
LIVEHOLIC presents Tokyo Eye〜3マンNIGHT〜

[出演]
Heavenstamp(Acoustic) / マキアダチ / わたしのねがいごと。

open: 18:30 / start: 19:00
adv: 2,500yen+1drink (500yen) / door: 3,000yen+1drink (500yen)
[チケット発売中]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002232261P0050001P006001P0030001
IMG_3512.JPG


そしてついに大阪バンドセットライブ決定!
■9/23(土)大阪中崎町NOON
Target!

[BAND]
Heavenstamp / DATS / HAPPY / Mississippi Khaki Hair
[DJ]
TAISHI IWAMI / ナカシマセイジ(Alffo Records)/ Banchan(FM802)/ Higu(mogran'bar)

start:17:00〜23:00
adv: 3,000yen+1drink (500yen) / door: 3,500yen+1drink (500yen)
チケットは8/5〜各プレイガイドにて発売!
IMG_3499.JPG

久しぶりの大阪も決まったし、とっても楽しみなライブばかり。
遊びにきてね!!この夏もみんなにあいたいよー!

IMG_3515.JPG

しなもん

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年11月号、9月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top