Blog

片岡メリヤス

ぬいぐるみ作家

MERIYASU KATAOKA 片岡メリヤス

2011年から片岡メリヤスとして活動を開始。主にぬいぐるみ、動くおもちゃ、光るおもちゃなどを制作。飾るだけではなく、遊べて愛のあるぬいぐるみを作る。2014年末から、漫画「片岡おへんろ」を展開中。現在活動休止中のバンド「むせいらん」のベースボーカル担当。

熊手展

熊手展に参加します!
1d5e707e317be8a7843d3c4d2564073c4274c9e1.jpg
「酉の市」
2018.1/19(金)~1/31(水)
open12:00~20:00(最終日のみ17時まで)
※木曜日休館
新宿眼科画廊
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
www.gankagarou.com

【イベント】
酒樽割り&振る舞い酒
openingevent 1/19(金)17:00~20:00
closingevent 1/31(水)14:00~17:00

【参加作家】
otonacium
片岡メリヤス
絶滅危惧種
desperate
途中でやめる
nusumigui
はやとちり
MIYANISHIYAMA
縷縷夢兎
(あいうえお順)

2018年1月19日(金)~31日(水)9人のデザイナー、作家によるオリジナル熊手の展示会、グッズ販売を新宿眼科画廊にて開催致します。
オープニング、クロージングに酒樽割り&振る舞い酒イベントを開催。
期間中は当たり付きおみくじで、当たりが出た方には先着3名様に福袋をプレゼント。(無くなり次第終了となります)
ぜひお誘い併せの上ご来場お待ちしております。

2017年まとめ

2017年、、、

1月】お正月販売(東京・大阪)、屋久島(年賀状)
2月】 TOKYOARTBAZAAR、屋久島(鬼と福招き)
3月】 カクシンハン舞台小道具、LIPネオタイワン@銀座三越、TOKYOHIGHLIGHT@新宿伊勢丹、Lamp harajukuネット販売(似顔絵付き)、屋久島(山開き)
4月】平和みんな会ギ巡回展@東京おかっぱちゃんハウス、屋久島(お花見)
5月】SHIN'S PARK 3周年記念企画、SEE BAG BUY BAG@表参道ROCKET、Lamp harajukuネット販売(おみくじ付き)、屋久島(人形劇&WS)
6月】ふくらむちゃん3期開業、関ジャニ∞アルバムアート制作、屋久島(梅雨漫画)
7月】ふぁっしょんしよー展&ファッションショー@nidi gallery、たぬきゅんエキスポ2017、Lamp harajukuネット販売(流れ星付き)、屋久島(七夕)
8月】ふくらむちゃん4期開業、TOKYO OKAPPA SHOW、屋久島(海)
9月】俺たちの先祖展@NEW PURE +、屋久島(綱引き)
10月】準備制作期間、屋久島(新米木工)
11月】Biodiversity展@Lamp harajuku、屋久島(夜ごもり御守り)
12月】途中でやめない展@museum shop T、屋久島(自由)


なんだこの仕事量、全力で生きてる。

そして、
不安が多い方が結果楽しい事をよく知ってしまっている私は、不安という要素は怖いものじゃない、と、
不安と手を繋いだそんな1年だった。

今年は人と関わって色んな事をした。
私の不安を共有してくれる人がいっぱいいて力を貸してくれた。
すごい力だなと思う。
そんな力を持っている人を尊敬している。

毎回全力で集中してやっているから、その時その時でそれが全てになるんだけど、ホントに忘れっぽいというかすぐ情熱が移りゆくから、今こうして1年を振り返ると色んな人に恋をしたような感じ。

だからって思い出を大切に心にしまっておきたいとかじゃない。
良い友達ができた!とか、良い仕事をあの人とした!とか、良いものを作った!とかいう感触が、大切。

色んな事が不安から確信に変わっていく時間はどんな事より興奮する。
そして確信に変わったものを自分の中へ入れて馴染ませたい。
すぐ馴染むものもあれば馴染むまで時間のかかるものもあるけど、馴染むまで放置プレイ。でも決っして忘れない。

やってる時は情熱的なのに、離れると現実的に見てる自分がいてたまに怖いなって思うけど、
何の為にこんな事をやっているのか?っていうのを近くても遠くても忘れずにいたいと思う。

来年2018年の5月までは展示販売をして、それ以降は人形劇をメインとした活動を1年間やろうと思ってる。
展示販売とは全く違うけど、ぬいぐるみの可愛さを伝えるにはこれ以上無い!って表現が今の私にとっては人形劇。

来年も不安だらけだけど、どうにか人に協力してもらって興奮し続けたい。


ではみまさま、良いお年を。


(2018年の予定)
・1/19~1/31
グループ展「酉の市」
新宿眼科画廊(東京新宿)

・1/26〜2/4
個展「おたくの助と妖怪展」
ブックギャラリーポポタム(東京池袋)

・個展詳細後日
2018年4月
東京

・グループ展詳細後日
2018年5月
佐賀

・その後

2018年5月の展示終了後から【展示販売】はお休みして、2019年5月迄は人形劇などの活動をメインにやっていきます。

リメイクについて

今回の展示は個展ではなく2人展で、山下陽光さんがやっている「途中でやめる」がリメイクファッションブランドなので私もリメイクでぬいぐるみを作ろうと思った。
ぬいぐるみのリメイクを初めてやってみて色々思う事があった。

リメイクするという事はいつもの作り方と全く違って、ぬいぐるみを生み出すというよりは、救済的な気持ちになった。
まずはぬいぐるみを集める所から始まるんだけど、誰にも必要とされていない子たちって何故か死んだような顔つきをしている。
ぬいぐるみを探し選んでいるうちにそれははっきりと分かってきて"この子は心が死んでる"とか"この子はまだ生き生きしてる"とか。
まだ生き生きしてる子はすごくかわいくてものすごいパワーで私を見つめてくる。可愛すぎて家に連れて帰ってもハサミを入れてリメイクできるはずもなく、今回の展示のせいで家のぬいぐるみが増えた。

心が死んでる子たちには、また新しい家族の元で愛を受け取って欲しくて、一見残酷かもしれないけど身体をバラバラにしてリメイクした。
バラバラにして手や足や身体があっちに行ったりこっちに行ったりしながら、何体もリメイクぬいぐるみができて、「君の手と僕の足は同じぬいぐるみだね」的な、兄弟がいっぱいできた。

みんなすごくかわいくなった。
それぞれ新しい家族が見つかって新たな人生を歩んで行くのだと感じた。
57d5a0d7e55786ce8f78bfb059557c57653cc48a.jpg
写真の作品は「へその緒」で、それぞれの子が付けていたタグ。
今までの人生とこれからの人生の間に、片岡メリヤスがいてその子たちのへその緒(タグ)を切った。
どうしても捨てられなくて、1枚に縫い纏めて額に入れた。
これから幸せになってくれたらうれしいなという気持ちを込めて。

「途中でやめない」
片岡メリヤス×山下陽光(途中でやめる)
2017.12/9(土)〜12/24(日)
12:00〜19:00
※11(月)18(月)はお休み
museum shop T
東京都国立市東1-15-18 白野ビル3F

2/18 1 1 2 3 4 5 18

MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top