Blog

片岡メリヤス

ぬいぐるみ作家

MERIYASU KATAOKA 片岡メリヤス

2011年から片岡メリヤスとして活動を開始。主にぬいぐるみ、動くおもちゃ、光るおもちゃなどを制作。飾るだけではなく、遊べて愛のあるぬいぐるみを作る。2014年末から、漫画「片岡おへんろ」を展開中。現在活動休止中のバンド「むせいらん」のベースボーカル担当。

リメイクについて

今回の展示は個展ではなく2人展で、山下陽光さんがやっている「途中でやめる」がリメイクファッションブランドなので私もリメイクでぬいぐるみを作ろうと思った。
ぬいぐるみのリメイクを初めてやってみて色々思う事があった。

リメイクするという事はいつもの作り方と全く違って、ぬいぐるみを生み出すというよりは、救済的な気持ちになった。
まずはぬいぐるみを集める所から始まるんだけど、誰にも必要とされていない子たちって何故か死んだような顔つきをしている。
ぬいぐるみを探し選んでいるうちにそれははっきりと分かってきて"この子は心が死んでる"とか"この子はまだ生き生きしてる"とか。
まだ生き生きしてる子はすごくかわいくてものすごいパワーで私を見つめてくる。可愛すぎて家に連れて帰ってもハサミを入れてリメイクできるはずもなく、今回の展示のせいで家のぬいぐるみが増えた。

心が死んでる子たちには、また新しい家族の元で愛を受け取って欲しくて、一見残酷かもしれないけど身体をバラバラにしてリメイクした。
バラバラにして手や足や身体があっちに行ったりこっちに行ったりしながら、何体もリメイクぬいぐるみができて、「君の手と僕の足は同じぬいぐるみだね」的な、兄弟がいっぱいできた。

みんなすごくかわいくなった。
それぞれ新しい家族が見つかって新たな人生を歩んで行くのだと感じた。
57d5a0d7e55786ce8f78bfb059557c57653cc48a.jpg
写真の作品は「へその緒」で、それぞれの子が付けていたタグ。
今までの人生とこれからの人生の間に、片岡メリヤスがいてその子たちのへその緒(タグ)を切った。
どうしても捨てられなくて、1枚に縫い纏めて額に入れた。
これから幸せになってくれたらうれしいなという気持ちを込めて。

「途中でやめない」
片岡メリヤス×山下陽光(途中でやめる)
2017.12/9(土)〜12/24(日)
12:00〜19:00
※11(月)18(月)はお休み
museum shop T
東京都国立市東1-15-18 白野ビル3F

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top