Blog

片岡メリヤス

ぬいぐるみ作家

MERIYASU KATAOKA 片岡メリヤス

2011年から片岡メリヤスとして活動を開始。主にぬいぐるみ、動くおもちゃ、光るおもちゃなどを制作。飾るだけではなく、遊べて愛のあるぬいぐるみを作る。2014年末から、漫画「片岡おへんろ」を展開中。現在活動休止中のバンド「むせいらん」のベースボーカル担当。

Lamp harajuku 展示

11/1〜Lamp harajukuさんでウィンドウインスタレーションはじまります。
展示するぬいぐるみは販売しますので、
是非お気に入りの子を探しに来てください!


/////////
「ハカセの出窓」
2014年、夏。
Lamp harajuku の地下に「ハカセの地下室」はあった。
ある日、
実験中に爆発事故を起こし地下室が無くなってしまったハカセ。
今は出窓で実験中。
/////////

0c43e83ee2ca2f9834ad37b40f57e90578a59625.jpg

1年半前にLamp harajukuの地下にあったギャラリーで開催した「ハカセの地下室」の続編です。
ある日、ぬいぐるみ改造実験中にハカセは爆発事故を起こし、地下室丸ごと吹っ飛んでしまいました。
今までの実験ノートや実験道具が全てが無くなり、地下の実験室も失ってしまったハカセ。
事故の影響で、身体の大きさが1/3になってしまったハカセ。
相棒の犬も失ってしまったハカセ。
失意の中、自暴自棄になった時期もありました。
何もかもやる気が出ずに毎日が過ぎていきました。
地下室の再建もなかなかできずにいました。
しかし、
改造実験への熱意は失われていませんでした。
一階の出窓。
ここが今、ハカセの実験室です。

dc118a3656a566462b69d3fa5f1d7bdd6f82718b.jpg

b57babe759357af87f31f2761a7992516f5b85c0.jpg

展示に先立って、10/30 15:00〜
Lamp harajukuさんでweb販売もあります!
25体限定です!
こちらもよろしくお願いします。

4688805594a943b4968862c18a38f872e9e7449c.jpg

縁起モノ展

明日10/21から縁起モノ展はじまります!

今回ぬいぐるみは事前予約でほぼ完売しましたが、展示でじっくり見て頂けます(獅子舞の中身くんと福禄寿は残っています)

即売品は、
だるま
c7aab99efacbea9390dbb54a9c96f7fe6692bbad.jpg


お守ろうくん
8110e57bc54f0c1a0d95710bb26bec40e1387a7a.jpg


木製招き猫
fea8578cd602baa5aeb6effafa3571297cf3ff13.jpg

などがあります。

漫画や絵もあります。

trimのお菓子やお飲物と空間全体を楽しんでもらえたらうれしいです。
10/24.25.31.11/1の土日はエプロンズ食堂で縁起物をテーマにしたプレートとドリンクのセットもあります。
trimのコンセプトに合わせて植物性のみのメニューです(ご予約もできます)

「片岡メリヤスの縁起モノ展」
日時:2015.10/21ー11/1(日)
時間:12:00ー19:00(18:00ラストオーダー)
お休み:10/26(月)
場所:西荻窪trim
住所:東京都杉並区西荻南1-19-20ライオンズマンション1階
url:http://trim.petit.cc

※カフェなので1オーダーお願いします!

山のすすめ

家があって、布団があって、水がある。
電車に乗って行きたいところへびゅーん。
好きなごはんパクパク。
食器洗える。
お風呂入れる。
「人類の勝利」としか言いようのない生活は素晴らしく安全で便利。

山は、
テントと寝袋と食料と水と防寒具と共に移動する。
デカいリュックに必要最低限の死なない為に必要なモノを入れて持ち歩く。
それは、ちょーつらい。
つかれる。


「生きる」とは、
野生の動物なら獲物を捕獲して食べて、逆に逃げたり、すごくサバイバル。
人間の場合の生きるって、どうやら仕事やお金が重要そう。切っても切り離せない色々な種類の社会と繋がりながら生活をするという事。

あ、でも、
動物にも縄張りとかあって、社会があるんだろうな。
そう思うと、生活スタイルは全く違うけど、決められた(決めた)社会の中で生きてるって事自体は動物も人間も同じなのかな。

決定的に違うのは、
動物は丸腰ってところ。
身ひとつで、暑さ寒さにも耐えて、敵と戦い、餌を探し、子供を守ってる。
本当にすごい。


山に入ると、
あまりにも自分がショボくて笑える。
そして普段無計画な私は絶対1人で来ちゃダメだと思う。
ただ、山の良いところは、
私なんかでも登れるという所。
自分がいかにダメかわかっていれば、大丈夫。
そして、素晴らしい。
ショボい自分も含めて本当に素晴らしい。

やめられない。
どんな山でもいいから、行きたい!行きたい!ってなる。
みんなにも行って欲しい。
自然の中には国とか、どんな仕事してるとか、カッコつけとか、無い。
カッコつけてたらたぶん死ぬ。
その経験は、世界を平和にすると思う。


毎年アルプスに行くけど、今年は諦めた。
でも、奥秩父もなかなか良いです。
今回のコース
瑞牆山山荘〜富士見平小屋〜瑞牆山〜富士見平小屋テント泊〜金峰山〜大弛峠


楽勝コースかと思いきや、日頃の運動不足により楽勝じゃなかった。
衰えが本当にやばい。
このままだと老後が心配。

91d082a4d44dd8764ed02686c0c3b0bbec73ec50.jpg


1/2 1 2 2

MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top