Blog

MEG

CAROLINA GLASER

MEG

ミュージシャン、モデルとして、原宿カルチャーの代表的なファッションアイコン。「CAROLINA GLASER」デザイナー。現在は、東京とフランスで活動している。

新しいブログだ!!

装苑ブログがあたらしくなったのですね。スッキリ、素敵。

リニュアル後、いきなりのご報告ですが
実はこの6月から生活の拠点を、英国ロンドンに移すことにしました。

10398674_763739067036906_8488538218975813940_n.jpg

日本での、カフェコスメティックアパレルブランドのデザイン監修は継続し、撮影やミーティングには度々帰国しつつ 向こうで、服飾やビジネスなど、分野の違う3つの学校に通いながら、ゆっくりと音楽制作をしていく予定です。


三十歳を過ぎて、自分がこれから主軸にしたい生きかたは何なんだ、と考えたときに 私は、パートナーや周りの人に 楽しみや癒し、パワーやアイデアを多く与えられる女性でありたい、それはずっと好きな事であるし、ブレない事だと思いました。

そうした時に必要な、知識や経験をもっと、人や書や文化から吸収して積みたいと思うと 必然的にどうしても、言葉や、細かい表現の問題にぶつかる。人を深く理解する上でも同じこと。

これはいつかクリアにしなきゃ、ずっと自分の中にある
「共有のもどかしさ」のままなのだと思う。


十代で上京して、幸運なことに音楽デビューの機会をもらい、ブランドを立ち上げ、今まで十数年やってきたものを、今度は別の人たちの中に紛れて、違う角度から学び直しながら どう感じるか、何を思いつくかに時間を使ってみたいと思っています。


今は、すこしずつ、荷物の整理。
家具や洋服、履ききれない靴のコレクションは寄付やリサイクルに。

物欲とともに、所有することにあまり興味がなくなったのかも。
身軽であるのが、心地良い。

どこに住んだって自由だし、どこにいたって大切な人とは繋がれる。
猫と、私の古いアメ車にのるだけの荷物で、向こうで暮らし始めようと思います。


どんな事になっていくのか、わからないけど物質的に恵まれるより、内面が魅力的である事のほうが、価値が高いとおもう。

世の中に素敵なものは沢山ある、高価なものをみればきりがない。
けれど結局は、人が人の心に何を与えられるか、だ。
その事の方がずっと難しい。


目的がはっきりしたので、なんだか私の中のOSがすっきり入れ替わったような、そんな気分です。それをまた、自分なりにアップグレードして、やれる事を増やして戻ってきたい!上京してきた時の様に、わくわくしています。


お洋服のほうは秋冬のコレクションがもうすぐ完成、アウター達が出揃う。
夜は、某3人組の新曲の作詞をしたりしています。
ソングライティングのお仕事は向こうでもできそうなので、もっとやってみたいな、とか思っています。オファーください、笑。

ということで、まぁ 日本に居なくなると言っても、TwitterInstagramFacebookGoogle+もあるし、SNSは今までと変わらない距離にあるので「三十過ぎての渡英奮闘記」としても、のぞいてみてください。

では。

2月に資料をもらいに行ったセントマーチンの入り口。

10376993_798392033571609_8190050161884550573_n.jpg

旧ブログ

旧「装苑ONLINE」のブログはこちらからご覧いただけます。

http://fashionjp.net/soen/blog/meg/

※旧ブログは予告無しに削除される場合があります。ご了承くださいませ。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年4月号、2月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top