Blog

前田エマ

モデル

Emma Maeda 前田エマ

1992年神奈川県生れ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア・ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。2012年、2014年には個展を開く。そのほかに、芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加。今後も、ものづくりという幅広い観点から表現活動を続けていく。ナウファッションエージェンシー所属。

渡邉良重展 「絵をつくること」

IMG_1607.PNG.jpeg

数ヶ月前に母が

とても可愛らしい包み紙で包まれたお菓子を

買って家へ帰ってきました。

「ひょ〜〜!かわいすぎる!!」

懐かしいような、絵本のような世界に

私はすごく興奮して

幸せな気持ちにくるくると包まれました。

「あっ、キギさんのデザインなんだ!流石だあ〜」

その少しあと。

キギの良重さんが

このお菓子(オードリーという横浜のお菓子屋さん)のデザインで

亀倉雄策賞を受賞されたと知り

私も母も、にまにましたのであります。

それを記念した個展が

クリエイションギャラリーG8で開催されているとのことで

観てきました。

もう、もう、本当に

心がドキドキとワクワクとで溢れて

ひとりの人の人生の中から

こんなにも愛おしい

可愛らしいものが生まれ

それが、人々の毎日のふとしたところで

幸せを作っている様子に

とっても遠い、遠い、遠いところへ

心がお散歩したような

そんな気持ちになりました。

私が声を担当させていただいた

動く絵本のムービー(グッドデザイン賞)も上映されています。

第19回亀倉雄策賞受賞記念 

渡邉良重展 「絵をつくること」

  • 会期:2017.4.4 火 - 5.20 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日と4月29日(土)〜5月7日(日)は休館 入場無料

audrey01_s-1180x927.jpg

audrey02_s-1180x927.jpg

banner_square-970x970.jpg

彌生ちゃん

unnamed-1.jpg

国立新美術館 草間彌生展

草間さんの人生の文脈を

ちゃんと辿りながら観ることができて

とても、心が

満たされて、ぞくぞくして

たのしくて。

いちばん大きな部屋は

本当に圧巻でした。

小さい頃

父親に

「アーティストというのは

続けることができる人なんだよ」

と言われたことがあるのですが

まさしく

その

女王様でした。

草間さんを観に行くとなれば

やっぱり水玉を着たい。

マリメッコのドットちゃんワンピースを着て。

たのしかった〜〜〜!

私は

今でこそ

美術とかアートとか言われるものが好きですが

小さなころは

美術館が大嫌いでした。

静かにしなくちゃいけないし

いっぱい歩かなくちゃいけないし

展示品は、みんな上のほうにあるから、背伸びしないと見れないし。

両親が美術関係の仕事をしているので

小さなころから毎週末のように

アートのある場所に連れていかされたのですが

美術館は、本当に行きたくなかった・・・。

はやく帰りたくて仕方なかった・・・。

そんな私の美術館嫌いを

一瞬でびゅーーーーーん!と

吹き飛ばしたのが

2004年に近代美術館で開かれた

草間彌生「永遠の現在」でした。

小学六年生くらいかな。

もう、楽しくて楽しくて

美術館を行ったり来たりして

くるくる踊るように観て

「観る」というより「体験」して。

それからというもの

「美術館で展示を観ることがイヤ」というアレルギーから

解放されたのでした。

ありがとう〜彌生ちゃん!

草間彌生さま。

わたしの声が美術館で鳴ります。

unnamed.jpg

17361665_992219974242306_118042146936691022_n.jpg

市原湖畔美術館で開催中の

カールステン・ニコライの

日本では15年ぶりとなる個展

朗読(声)で参加しています。

とてもとても素晴らしい

感動的な展覧会でした。

私はメディアアートとかデジタルアートのようなものに

今まで、少しばかり苦手な気持ちがあったのですが

カールステンの作品は、その「苦手」をひょいっと

軽々と飛び越えて

すーーーーーっと心の中に身体の中に入ってきました。

ぼーーーっと作品に身を委ねていると

ぽんっ!と知らない世界へワープするような。

それでいて、懐かしいものを見たり聞いたりしているような

不思議な展覧会でした。

カールステンはミュージシャンとしても活躍されていますが

今回の展覧会でも

いろいろな場所の音が

会場の中で少しずつ絡まって聞こえてきて

そのなかで私の声がどのように

みなさんに届くのかワクワクします。

スマートフォンとイヤフォンを持っていってくださいね。

市原湖畔美術館までは 小湊鉄道 もオススメなのですが

東京駅や横浜駅からバスに揺られていくと

東京アクアライン を通るので景色が最高なのです。

市原湖畔美術館 は目の前に湖が広がっていて

ほんとうに気持ちのいいところ。

ジビエのピザも食べられるし、ピクニックもできるし

ボートにも乗れるし大好きな美術館です。

是非、遊びに行ってみてください。

5/25 1 3 4 5 6 7 25

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top