Blog

前田エマ

モデル

Emma Maeda 前田エマ

1992年神奈川県生れ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア・ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。2012年、2014年には個展を開く。そのほかに、芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加。今後も、ものづくりという幅広い観点から表現活動を続けていく。ナウファッションエージェンシー所属。

うれしいを繋げてく

0000777777.JPG

少し前のことになりますが

瀬戸内国際祭が終わりましたね。

瀬戸内国際芸術祭では縁あって

クリスチャンバスティアンスの映像作品とパフォーマンス

「大切な貨物」の

演者やスタッフのキャスティングを、少しお手伝いさせていただきました。

日本からは演者として、柄本明さんと石橋静河さんが参加されました。

この作品は、芸術祭の舞台のひとつ、大島で展開されました。

大島にはハンセン病の国立療養所があります。

大島の抱える、決して他人事では無い歴史から

私たちは、何を学ぶことができるでしょう。

74274585_546994379425934_1629871326405591040_n.jpg

しーちゃん(石橋静河ちゃん)が

この作品に参加してくれたとこは

私にとって、奇跡みたいな出来事でした。

彼女と出会ったのは3.4年前くらい。

出会いの話も、この話も、

いつかどこかでしたいな。

英語が喋れて、歌も唄えて、躍れて、芝居もできて

そして

なにより、彼女の人間としての生き方、考え方。

しーちゃんじゃなければ、あの役はあり得なかった。

ありがとう。ありがとう。

そして

TOKYO FMのラジオ番組 「nagomi setouchi」

9ヶ月間お付き合い下さったみなさま、ありがとうございました。

この番組は、3年に一度開催されてる「瀬戸内国際芸術祭」の島々へ

私が旅をして、アーティストや島の方々と出会っていくというものでした。

様々なお話をお聞きすることができ、いろんな人生を知り

本当に楽しい貴重な経験をさせていただきました。

大学を卒業して、事務所に入ったとき

「ラジオに出たい!」「旅を仕事にしたい!」「いろんな人と出会って話をしたい!」

叶えたい夢を手紙に書いてマネージャーに渡しました。

それから5年。

叶ったり、叶わなかったり、止まってしまったように見えて、動いていたり...。

いろんな想いをお互いに持って、少しづつ、マネージャーと二人三脚でやってきて

そして時にいろんな人が、私を応援してくれて夢を見させてくれて...。

去年の年末、このラジオ番組の話を頂いたとき

本当にうれしかった。

マネージャーも、嬉しそうにしてくれていた。

今まで、ひとつひとつ

ラジオに出させてもらう機会があったときに

熱を込めて、届け届け、と続けてきた成果が少し実を結んだような。

しかも、大好きな旅、そして私の生活に無くてはならないアート。

この番組で出会った人たちとは

今も交流が続いていて

なんと、最近も

一週間くらい、滞在させていただき

働かせていただいたり...。

好きなことを、信じて来てよかったなあ。

見てくれている人、信じていてくれる人

そういう人がいるってことがうれしいな。

そして、このあとも

いくつか面白いことが

動いています。うれしい。

まっててね。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top