Blog

前田エマ

モデル

Emma Maeda 前田エマ

1992年神奈川県生れ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア・ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。2012年、2014年には個展を開く。そのほかに、芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加。今後も、ものづくりという幅広い観点から表現活動を続けていく。ナウファッションエージェンシー所属。

お化粧、すきですか?

201903-emmamaeda02.jpg

she is 「顔にあう」

お化粧って、みなさん、いつごろからし始めましたか。

なんでお化粧を、し始めましたか。

わたし、ずっとお化粧が苦手でした。

むしろ、私生活でするお化粧って嫌いでした。

(お仕事でしてもらうお化粧は好き)

全然違うんだけど

なんかメイクって「男の人のためにする」

みたいな変なイメージがあって。

でも、男のひとって

メイクしないほうがすきな人多いじゃないですか。

おかしくないですか?怒

だってかわいくなりたくてするのに

「今日、リップの色がいつものちがうね」

とか

「今日、なんかいつもと感じ違うね」

とか

多分男の人は気を使って言ってくれているのだろうけれど

大抵の女の人はその瞬間

「顔洗って出直したい」とおもっているのではないだろうか...。

それにメイクって

すごく時代性を反映するものな気がして。

私、私服もそうだけれど

なるべく時代性を排除したい。笑

流行と別のところにいたい。笑

だから、私服が世間から浮くんだけど。。。

と、まあ

私、本当にお化粧が分からなくて

大人になったらマナーとしてしなくちゃいけないのかな...とか

マイナスなイメージが多かったのですが

ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さんの本と出会って

「わ!こんな楽しみ方があるの!」って驚いて。

全く別のところから、お化粧へのわくわくを教えてもらったんです。

そんなことを書いたので、よかったら読んでみて下さい

こちらhttps://sheishere.jp/hottopic/201903-emmamaeda/


MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top