Blog

前田エマ

モデル

Emma Maeda 前田エマ

1992年神奈川県生れ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア・ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。2012年、2014年には個展を開く。そのほかに、芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加。今後も、ものづくりという幅広い観点から表現活動を続けていく。ナウファッションエージェンシー所属。

彌生ちゃん

unnamed-1.jpg

国立新美術館 草間彌生展

草間さんの人生の文脈を

ちゃんと辿りながら観ることができて

とても、心が

満たされて、ぞくぞくして

たのしくて。

いちばん大きな部屋は

本当に圧巻でした。

小さい頃

父親に

「アーティストというのは

続けることができる人なんだよ」

と言われたことがあるのですが

まさしく

その

女王様でした。

草間さんを観に行くとなれば

やっぱり水玉を着たい。

マリメッコのドットちゃんワンピースを着て。

たのしかった〜〜〜!

私は

今でこそ

美術とかアートとか言われるものが好きですが

小さなころは

美術館が大嫌いでした。

静かにしなくちゃいけないし

いっぱい歩かなくちゃいけないし

展示品は、みんな上のほうにあるから、背伸びしないと見れないし。

両親が美術関係の仕事をしているので

小さなころから毎週末のように

アートのある場所に連れていかされたのですが

美術館は、本当に行きたくなかった・・・。

はやく帰りたくて仕方なかった・・・。

そんな私の美術館嫌いを

一瞬でびゅーーーーーん!と

吹き飛ばしたのが

2004年に近代美術館で開かれた

草間彌生「永遠の現在」でした。

小学六年生くらいかな。

もう、楽しくて楽しくて

美術館を行ったり来たりして

くるくる踊るように観て

「観る」というより「体験」して。

それからというもの

「美術館で展示を観ることがイヤ」というアレルギーから

解放されたのでした。

ありがとう〜彌生ちゃん!

草間彌生さま。

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top