Blog

黒田義隆

ON READING

Yoshitaka Kuroda 黒田義隆

1982年生れ。bookshop & gallery 『ON READING』店主、パブリッシング・レーベル『ELVIS PRESS』代表。

かくたみほさんの写真展を開催中です。フィンランドの美しい風景をご覧ください。

DSC_0461.jpg

ただいま、写真家・かくたみほさんの写真集 「MOI MOI そばにいる」の刊行記念展を開催中です。

今回の展示では、かくたさんが、自然信仰の文化など日本との共通項も多い国・フィンランドに惹かれ、10年通って撮影してきたランドスケープや、森や湖からの恵みに感謝して暮らす人々の素朴な姿、人々とともにのびやかに暮らす動物たちなどの写真作品を展示しています。作品はすべて中判カメラで撮影してきたフィルムより手焼きプリントしたもの。生で観てもらうとわかりますが、フィルム&手焼きならではの、柔らかな光をまとった本当に美しいプリントに仕上がっています。

5月7日(日)には、スペシャルイベントとして、スライド&トークイベントも開催しますので、ぜひご来店ください。

2017年4月19日(水)~5月8日(月)
かくたみほ 「MOI MOI そばにいる」刊行記念展
会場:ON READING 名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜日
問:052-789-0855
http://onreading.jp/

SPECIAL EVENT : かくたみほ スライド&トークイベント
日時:2017年5月7日(日) 19:00~ ※当日、通常営業は17時までとなります。
料金:1000円+税(お買い物券500円分付き)
予約:http://onreading.jp/exhibition/moimoi_kakutamiho/
定員:30名

DSC_0475.jpg

DSC_0478.jpg

11.jpg

IMG_6530.jpg

kakuta.jpg


イラストレーター・箕輪麻紀子の個展を開催中です。

minowa.jpg

広告、書籍、雑誌、ファッションなど多分野で活動するイラストレーター、箕輪麻紀子による個展を、3月27日(月)まで開催中です。

音楽や映画、雑誌のファッション・フォトなど様々なカルチャーからの影響を地盤に、独特な色彩の個性豊かなイラストレーションを生み出す箕輪さんは、今、最も注目すべきイラストレーターのひとり。

今回は、ある主人公の視点を基にしたランドスケープを描いたシリーズ『Float』を展示。同タイトルの作品集のほか、ハンカチなどのグッズも販売しています。

3月18日(土)には、その場で希望者のポートレートや好きな風景をコースターに描いてもらえるイベントも開催。また、期間中は作品集『Float』の出版レーベルである、DOOKSの書籍がずらりと並ぶフェアも同時開催しています。

ぜひご覧ください!!

箕輪麻紀子 個展 『Float』
2017年3月8日(水)~3月27日(月)

at ON READING  名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜日
問:052-789-0855
http://onreading.jp/

SPECIAL EVENT: 箕輪麻紀子 "someone/somewhere"
日時:2017年3月18日(土) 13:00~18:00
料金:1000円+税(お一人様)
※予約優先・申込:http://onreading.jp/exhibition/makiko_minowa_float/
※所要時間15分程度
コースターに、あなたの似顔絵orあなたの思い出の風景や場所などの絵を描きます。 写真をお持ちいただいてもOKです。

箕輪 麻紀子 / makiko minowa
イラストレーター
東京都出身、在住
武蔵野美術大学造形学部卒業
イラストレーション青山塾修了
2011年よりhpgrp GALLERY(アッシュ・ぺー・フランス株式会社)キュレーション、LUMINE meets ART MeganeZineShop、TokyoArtBookFairなどイベント、グループ展に多数出展。広告、書籍、雑誌、ファッションなどの分野で活動中。
http://makikominowa.com



minowa1.jpg

minowa2.jpg

minowa3.jpg

minowa4.jpg

guse arsのプロジェクト「washed pattern」から生まれたタイルのフェアを開催中です。

tile1.jpg

東京を拠点に活動する村橋貴博・岩瀬敬美による2人組のアートプロジェクト、guse arsのフェアを8/8まで開催中です。

陶片の柄を抽出し、再構成することで新しい模様を生み出すguse arsのプロジェクト『washed pattern』。
今回は、岐阜県多治見市で拾った陶片の模様を、guse arsが再構築し新しいパターンを制作。そのパターンをつかって多治見の職人さんがタイルに仕立ててます。その土地で生まれたものが、その土地でまた新しく生まれ変わる。またそのタイルが割れて、また新しい模様に・・・。なんだかロマンチックですね。

もちろん壁を彩るタイルとしても使用できますが、小皿や、コースターとして使っていただくのもおすすめです。

guse.jpg

cake.jpg

名称未設定-5.jpg
( guse ars instagramより https://www.instagram.com/guse_ars_mura/

box.jpg

2016年7月6日(水)~8月8日(月)
guse ars 『WASHED PATTERN TILE』FAIR

at ON READING
http://artlabo.ocnk.net/product-group/84

1/6 1 2 3 4 5 6

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top