Blog

矢島沙夜子

KLOKA

Sayoko Yajima 矢島沙夜子

東京生まれ。クリエイティブスタジオKLOKAに所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。「7つの大陸と猫の舌」という物語をベースにした作品なども不定期に発表している。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどにそのストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。表参道ヒルズクリスマスツリーの演出/デザインやPARCOポスターのディレクション、KLOKA PRODUCTSとしてアクセサリーブランドもスタートし注目を集めている。

The Wizard of Chocolate by KLOKA アフターツアー(後記その2)

よよ、間が空いてしまいました。もはや何処の誰に届けるでもなし、人類の活字耐性およそ200字前後の、時はわくわくメディア航海時代、に全身で面舵いっぱい逆行中の、うざい系蛇行長文のやじま活字ブログ更新します。

こんにちは。世は暖かいですねえ。わたくしは毎日、世界中の愛と悲しみを顔面で感知しているので粘膜が弱りに弱っております、涙くんこんにちは(花粉症)。

ということで何がアフターレポートだっていう話なんですけれど、2月に終えたチョコレート企画「The Wizard of Chocolate by KLOKA」の解説・後半戦いきま~~す

わーい

ショートムービーが出来上がりました~

そして店内のレポート続きま〜す

前回はこちら→The Wizard of Chocolate by KLOKA アフターツアー(その1)

こちらはお店の中央にあったポルターガイスト食器棚です。

IMG_4496.jpg

扉を開けると2種類の蛇口が隠れておりまして。クラシック味とアステカスパイス味というエキゾチックなスパイスがきいたショコラショーが出てきます〜

chocolatchaud0202.jpg

そもそもチョコレートってものが、カカオの他に愛と夢と官能で出来ている食べ物ですので、やはり、特にホットチョコレートなんかは、何らかの形で夢のように出没して欲しいと民が強く望んでいる(いないか)ので(や、でもね、目の前で牛乳チンして作られた日にゃ‥ →この間作られたんですよ、某有名ショコラティエで(めそめそ))とにかくチョコレートはできる限り、正気の沙汰じゃない方法で提供しなければ、と半ば取り憑かれたように考えあぐねまして、方々に頭下げながら(事実)結局今回は食器棚の中にチョコレートの蛇口作りました(迷走)。

あと、今回初めての試みなんですが、チョコレートのカクテルバーを作りました。the Wicked Cocktail Atelierというモレキュラーカクテルのバーです。

05cocktail.jpg

わたし、とにかくカクテルバーという文化そのものが好きです。大して行きゃあしないんですし、行ったら行ったで空気感に存在ごと抹殺されるだけですし、ていうか基本的に家で大五郎飲んでるだけなんですけど、でも好きです。文学的だしグロッシーで切なくって、限りない魔力~~

こちらは「霧のドラゴンと消えたカカオフォアグラ」というカクテル。特製のフォアグラウォッカ(これが濃厚さの秘密で)とチョコレートを液体窒素で瞬間冷却した濃厚なフローズンカクテルです。ドラゴンの卵に入れてどうぞ。(卵は一個一個違う柄です)

IMG_4794.jpg

IMG_4821.jpg

そしてこれは「奇想のシルクロードと金の猿」というカクテルです。バナナと日本酒をベースに塩が効いた、オリエンタルなチョコレートカクテルです。「宝箱」の中には柚子とカカオニブが入っており、お好みで味の変化を楽しめる仕様。

IMG_4787.jpg

3つ目が「幻獣の森の赤い果実」というノンアルコールカクテルです。これ、カシスピューレにエスプレッソをブレンドしてココナッツクリームをのせた、、って結構文字だけだと想像しにくい味じゃないですか?なんですが、完全にマリアージュっていうか味覚の熱帯雨林ていうかオリュンポスのデザートっていうか?(語彙力の限界)うーん

甘くておいしい、パフェみたい

IMG_4830.jpg

板チョコも作ったよ。

03tablet_3set.jpg

IMG_4714.jpg

こちらの板チョコと魔法のアイテム3種セットなど、まだオンラインで少し在庫があるようですので、気になった方はぜひ〜 ʕ•ᴥ•ʔ

KLOKA ONLINE SHOP

いやはや、世はいよいよ浮き足立ってきまして。

花見るというだけで色々免罪符がもらえるこの時期がわたしは大好きですよ(と思ってたら、もう葉ですわ。インドア地下人間の時差呆けといったら)。

あ、でもそういえば先週末23時くらいに近所の公園に、こそこそ夜桜拝みに行きましたら、向こうから親子(子供推定7歳)がすごい荷物でやってきまして。そこは公園内の唯一のお花見スポットなんですけれど、数年前から夜中の場所取りが禁止されまして(ここのお花見のゴールデンタイムは昼間、客層的にはグランピング中級くらいの自由民系ファミリー客がメイン)。で、要は子供連れて場所取り意外とやるねーなんて思ってたんですけれど、そしたらおもむろにテント張り出しまして。と思ったらあっという間に父子が寝転びながら北斗七星がどうのとか言ってまして。(もう私、ルイ・アームストロングの歌声にのせて(ムーンリバー)大型犬の亡霊が見えてきましたよ‥‥←90年代のミニバンこんなCM多かったような)。あ、そっかそうだよね場所取りはダメだけどキャンプは別に良いもんね~~と、ベンチでぐちゃぐちゃイカ噛みながらぼーっと眺めてたらグランピングの底力感じて妙に納得、おそらく本年最初で最後のお花見を一人、終えてまいりました。

従来のいわゆるアウトドアって、大自然にどっか「お邪魔してる」ようなところがあったと思うんですけど、「グランピング」はもうある種コロニズムなんですよね~。これ、妙に文化度も民度も高いアウトドア全般に言えますね。恐ろしいよ‥わかってるのかな。陽気でおしゃれで恐ろしいんだよ君ら!!!

(そしてそれは私に安部公房の短編「闖入者」を想起させるのだよ‥?みなさん読んで下さい「闖入者」傑作です。何度も言ってるけどわたしこの小説がどんなホラー映画よりも恐ろしいと思っているよ。)

まあいっくら恐ろしがってもBBQはおろかNBPもKKSもKKS2すらおよばれしない私からしてみたら、あれもこれも絵空事なんですけれども。

はーかれこれ2ヶ月弱かかってしまったアフターレポート、すでに色々次のお知らせとかあるのでまたすぐに、みなさんの甘美な電脳世界にお邪魔いたすとする

今週末の撮影にむけて工房稼働中

モール犬(試作)やばい

IMG_7433.JPG

シーユー

SAYOKOYAJIMA instagram

KLOKA twitter

KLOKA official site

The Wizard of Chocolate by KLOKA アフターツアー(後記その1)

IMG_4643.jpg

こんにちは。引き続きお湯ばかり飲んでおります、やじまです。

恒例バレンタインのチョコレート企画「The Wizard of Chocolate by KLOKA」が終わりました。

お越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。遠方からお越し頂いたり長い時間並んで下さったり何度も来て頂いたり、、(感涙)

大抵会期はじめの方はわたくしも店頭におるのですが、職業柄、いつもお店にたってお客さんとお話したりする機会がないので、緊張と失敗でカウンター越しに混乱と絶望の土偶みたいになります。失礼があったら本当にすみませんでした。。。でもおしゃべりできて楽しかったです。。。。(あっちだこっちだ夏の虫のように奔走しては、各所の重要物を落としたりばら撒いていたのは私です。もしくは向かいのお布団売り場からつまみ出されていたのも私です。)

恒例チョコレート企画~~とか言われても何ぞ(イライラ)とお思いの方もいると思いますので、もろもろ今までの食べ物の企画も見られますアーカイブページ、よ、よろしければこちらからご覧くださいませ・・→ KLOKA WORKS_foodart

ということで今年のKLOKAのチョコレートは「魔術」がテーマでした。あれこれ企画の裏話やストーリーの脱線伏線あれこれをお店のご紹介と共に、半ば押し付け気味にお届けしたいと思います。ということで「The Wizard of Chocolate by KLOKA」アフターレポートはじめま~す

00keyvisual.jpg

BOX1.jpg

テーマを決めてそこから物語を作り、そしてそれをチョコレートに落とし込んで形にしてゆく、というようなスタイルで毎回この「チョコレート世界」を考えているのですが、前々回のテーマが「山」(チョコレート鉱山から様々なチョコの地層や山肌などを採掘する)で、前回が「宇宙」(チョコレート銀河と称したチョコの惑星を採掘して星の所有証明書と共にお渡しする)だったので、さーどうしよう、宇宙から何処へ移動しよう~と悩みあぐねて行き着いたのが「魔法」でした。魔術だの幻獣だのと人々が共存している、いつか何処かの世界(好物)にある‥「魔法の道具屋」のイメージです。

外観2.jpgIMG_4670.jpg

IMG_4760.jpg

術師みたいな人がその場で色々採集したり調合したりしてくれて、何か薬効だの呪文だのこめられた自分だけの魔法のかけらが持って帰れる‥‥で、そのかけらがチョコレートだったら良いなーと‥‥このお店は大きな砂漠の何処かにある古い遺跡に囲まれた街で、店はその街の路地裏にひっそり隠れているとかいないとか、そんな設定です(余談ですが企画自体が「厨二をくすぐられる」という意のご感想をかなりの数頂いて、はじめ、ふーん?とか思ってたけれどこうして話せば話すほど己の精神の未発達さを再認識して震える。うん、俺だね俺が悪いんだ。)昔のヨーロッパの薬局とか香水屋とかなんかを想像したりもしました。フィレンツェに実際にあるサンタマリアノヴェッラという薬局は嘘みたいにまじないめいてて素敵ですよね。あとはあれ、いわゆるRPGに登場する魔法の道具屋‥。ポーションてあのまま、がぶんて飲むのかな~とか、あれのリアルが作ってみたくて‥‥(←これはメジャーでベタな願いだから厨二カウントしないよね?ファミマでスライム肉まん買うのとおんなじ精神性だよね?あれ買うのって我々患者だけじゃないでしょ?)

魔法のアイテム、幻獣たちの初期ドローイング。

drawing.jpg

で、この「魔術師のアトリエ」であり道具屋でもあるこの空間には「11種類の魔法のアイテム」がありまして。それぞれが幻獣、薬草、魔石と味も見た目も(効能も!)様々なんですが、その中からお好きなものを3種類選んで頂き、その場で術師が採掘、採集して箱詰めします、というお店です。

menu.jpg

選ぶ組み合わせによって闇寄り光寄り、フェアリー寄りなど色々作れます。皆様の組み合わせ見るのもたのしかったʕ••ʔ

3set.jpg

幻獣たちにはそれぞれエピソード(物語)がありまして。全てのエピソードが入った幻獣図鑑も一緒にお配りしております。うざい系レトリックが定着しつつある矢島文章、ここでも押し売りしてます♡

saikutsuzukan.jpg

魔法のアイテムご紹介~。

1. 不死鳥の炎の結晶体

お店の看板娘だった不死鳥。動きが歌舞伎役者みたいだった。不死鳥の炎の結晶体は琥珀糖で出来ておりました。

IMG_4520.jpg

phoenixfirebreath.jpg

2. 生きている雪山

わたしジオラマとかドールハウスとか箱庭的なものが大好きなんですけれど盆栽みたいにミニ山育てられたら楽しかろー‥と思ってつくったオリジナル幻獣。育ち続けるふしぎな雪山です。

snowmountain1.jpg

IMG_4539.jpg

3. ドラゴンの卵

遠い砂漠の王宮からやってきた伝説のドラゴンの末裔。とその卵はカカオの呪いがかけられて孵化しなくなってしまったらしいけど‥?ときおり威嚇して動く危険生物。飼うならこの色が良いです。

dragon1.jpg

IMG_4547.jpg

4. 人魚の歌声

人魚が泡になって消えてしまう‥みたいな一説から、歌声とか涙とかも、きっと海の一部みたいなものに変化したりするのでは、とか妄想してできあがったもの。

なんとなく歌声が固まったら龍角散っぽいものが出来上がりそうだな‥とか色気ないこと考えてたら、もっと素敵なものになりました。

これ、本物の銀箔で包まれたチョコレート。なんかシルバーっぽい後味も人魚っぽいとか思ってしまった。

IMG_4558.jpg

IMG_4565.jpgIMG_4574.jpg

5. マンドラゴラの実と種と根

マンドラゴラ。一番人気(って勝手に思ってたけど通りがかりの女子がきんも~~って言ってるの3回は聞きました。)きもいはかわいいでok?

引き抜くとその悲鳴で気が狂うと言われております、ご存知・魔の毒草マンドラゴラですが、ここのマンドラゴラは愛情満点で育てられたので根っこも実も種も食べれる。(ちなみに工房で製作時もかなり愛されて作られてました。)

IMG_4578.jpg

IMG_4598.jpg

6. 妖精の空飛ぶ粉。

わたし小さい頃空飛びたくて体に片栗粉まぶしたことあるよ。ゆめ少女唐揚げだよね‥‥これがあったらこれまぶしてたけどね。

このおとぎのドリーミー菓子ね、あたたかい牛乳に入れるとドリームMAXだよ‥ちなみにこの妖精のエピソードは個人的には一番好き、わたしの生きる信念みたいなものをこめてる。(こういうことするからうざい系と言われる)

IMG_4633.jpg

IMG_4642.jpg

妖精.jpg

そしてこちらー!

7〜11 魔石ピラミッド

実はレシピをはじめに開発し始めたのがこのピラミッド型のチョコレート。夏ぐらいからチョコレート工場に通いつめてパティシエの方とやりとりを繰り返しようやく出来上がったものなのです‥(今回私全面的にこのピラミッドと板チョコのレシピ開発から携わらせていただいてて、わたしなどが超恐縮&超全力で夏の盛りに奔走しました)個人的には紫のピラミッドが一番おすすめ‥ カシスとブルーベリーにバラの花のクランチも入ってて、香りも色も秘密めいててうっとり女死)

IMG_4648.jpg

purplepylamid.jpg

余談↓

私たちが扱っているのはファンタジーなので、見た目や物語がやはり大切なんですけれど、でもあくまでも食というものにつなげている以上、何より愉快なのはそれが味覚につながることで。やっぱりそれが口の中に入った後に「人魚の歌声」が聴こえてくる‥や、聴こえないんですけど、でもたぶん「味覚」が1mmくらいはその「歌声」の可聴域にぐいと我々を近づけているんじゃないかと思うんですよね。思うのは自由だし食は自由だよ。味がただ美味しいとかじゃなくて詩的であって欲しいという願いのもと、なんとかその理想に近づきたいなと思って色々試行錯誤しております。稚拙で乱暴なんですけれど。

とか言いつつ存在感かんぜんに脂ぎってるストーリー&まじない設定♡「Xファイル感」はこれでも半分にして掲載しました。

pyramid図鑑セット.jpg

とこのへんで、思った以上に長くなってまいりましたので、続きのご紹介は次回にいたします。

自分は元来が、呪いとその呪いに使う藁で出来てるような非常に陰湿で藁臭い人間ですので、まともに人々の笑顔やねぎらいの言葉を受けると、お恥ずかしながら塩かけられたナメクジ(お清め)みたいになってしまうんですよね・・・こころの村人たちは一丸となって喜びと感謝の塔を建設しておりましたよおおお・・・ぐすぐす、皆さんありがとう



それでは、またすぐに会いましょう。ごきげんよう

SAYOKOYAJIMA instagram

KLOKA twitter

KLOKA official site

The Wizard of Chocolate by KLOKA 恒例チョコレート企画はじまってます

00keyvisual.jpg

みなさま、こんにちは。

お知らせがすっかり遅くなってしまいましたが、毎年恒例になりつつあるKLOKAのチョコレート企画が始まりましたのでお知らせしますー!

一昨年、「チョコレート鉱山」を作ってお好きな山を採掘します&鉱石を磨いて作った宝石のチョコレートを作ったり、などのような山テーマで開催しました。去年は宇宙に移動して、チョコレートで出来た惑星や土星の輪っかのキャンディや、ブラックホールを採掘するという「チョコレート銀河」を作りました。

map.jpg

star8910.jpg

star77up.jpg02.jpg

これはチョコレート鉱山の時。

alow.jpg

mine0.jpg

そんなこんなで、えー山で宇宙で次もうないよなぁと4月からぶつぶつ悩んだりぼーっとミカン食べたりしてたら(バレンタイン市場のすごさ、大抵ショコラティエの皆さんは4月くらいから動いて全部夏前くらいに終わらせるらしいです)あっという間に夏が来るころ、ああ、魔法があったわ!って思いまして。思ったはいいけれど、いつになく完成形のイメージにたどり着くまで、苦しい道のりでした。(だって意外とみなさん、魔法とか魔術って「見たこと」あるんだよね。映画とかテーマパークとかでさ。)今年はファンタジーなんだねーとかも言われたりするんですが、自分的には山やってた頃から、気持ちはいっつもどファンタジーです。あと何故か厨2おたくファンが多いとか噂されてますが、それは私が一番厨2のおたくだからなんだと思うんですよね。しょうがないよ。

ということで、今回のテーマは「チョコレート魔術」です。

00keyvisual.jpg

「The Wizard of Chocolate by KLOKA」

会期▶︎ 2018.1.24(水)-2.14(水) ※1.30(火)のみ休館日
時間▶︎ 10:30〜20:00(最終日のみ〜18:00)
場所▶︎ 銀座三越7F 催事場前(東京都中央区銀座4-6-16 /Tel:03-3562-1111)
特設サイト▶︎ https://www.kloka.com/the-wizard-of-chocolate-by-kloka
企画・制作 KLOKA

銀座三越にチョコレートづくしの魔術の館が出現します!

今回「採掘」するのは魔法のアイテム!「幻獣発掘エリア」では魔術師が集めた、不思議な幻獣(ドラゴンに不死鳥、人魚、妖精、マンドラゴラなど!)やピラミッド型の魔石などがところせましと並ぶ魔術師のアトリエ。お好きな魔法のアイテムを3種選んだら、その場で術師が掘り起こして採掘&採取して箱詰め。、幻獣図鑑と共にお渡しします。あなたはどの魔法を持って帰る・・・?選べるアイテムは11種類の中から。(1.不死鳥の炎、2.生きている雪山、3.ドラゴンの卵、4.人魚の歌声、5.マンドラゴラの実と種と根、6.妖精の空飛ぶ粉、ピラミッド魔石7.ファイアーチェリー、8.ローズピンク、9.エメラルド、10.アメジスト、11.アルケミストゴールド) 「幻獣発掘箱」に取り付けるストーンベルトとタッセルが別売であるのですが、巻くと完全に魔法力倍増でした。かわいいよ。

box2.jpg

BOX1.jpg

ストーンベルト

saikutsu2.jpg

色もフレーバーもそれぞれ違う、魔石のピラミッド。その場でとんかん採掘します。削っても削っても三角形。この型とレシピ開発に一番時間かかったなあ、、

pylamid1.jpg

こっそりチラ見せ マンドラゴラは陽気に踊るよ

mandragora

ドラゴンも急に動くよ

dragon.jpg

板チョコも作りました。「The Trainee's Magic Tablets」ダークオレンジ、ベリーベリー、ヘーゼルナッツの3種類。入荷待ちになっていたヘーゼルナッツ、再入荷しました!

03tablet_3set.jpg

ホットチョコレートが湧き出る奇妙な食器棚も・・・

04chocolatchaud.jpg

chocolatchaud0202.jpg

そして今年はチョコレートづくしのカクテルバーもやりますー!

モレキュラー系でピンとくる方は説明不要ですが、所謂分子ガストロノミーと言われる化学実験のような方法で料理を作るジャンルがありますが、そのカクテルverといった感じ。作っている様を見てても楽しい、不思議なカクテルバーです。

05cocktail.jpg

これは「霧のドラゴンと消えたカカオフォアグラ」というフローズンチョコレートカクテル。フォアグラの風味がついた特製のウォッカとチョコレートを瞬間冷却してアイス状にしたカクテルなんですが、これが最高にとろける・・・大人のチョコレートアイスっていうか、色気がアイスにとけだしてるよ・・・。 ドラゴンの卵に入れてお出しします。(卵はひとつひとつ違います〜)

cocktailA.jpg

他にもノンアルコールカクテルもございます。これも最高に美味しいので是非お試しください。また詳しくレポします〜

2/14のバレンタインデーまで銀座三越新館の7Fでやっておりますので、お時間ある方は是非お越しいただけるとうれしいです~~

土日は特に混雑いたしますのでゆっくり見たい方は平日がおすすめです。

リアルタイムでのお店の情報(入荷や整理券のことや売り切れなど)twitterで比較的こまめに発信しておりますので気になる方はチェックして見てくださいませ。TWITTER

そもそもの始まりは

原宿にあるギャラリーROCKETが、フード&アートに特化した企画展示を行っていた4年前くらいの出来事。(その頃本当に路地裏の魔界くらいわかりにくい場所にあった)そこのディレクターに、何かやりましょうよ、ってふんわりお誘い頂いて。うーんバレンタインだし、チョコレート・・・この路地裏にチョコレート湧き出た沼とか池とかあって、迷い込んだら大人も子供も老人も抜け出せなくなったら楽しいな・・・(すでにこの時点で迷走)みたいな気持ちで始めたチョコレート企画。そのまま迷いランはチョコレートだけに止まらず、食べ物にまつわるエトセトラな活動として数年続き、迷走もK点超えても尚走り続けると、そのうち道も舗装されてなんか給水所とかも設置されてさ、あれもしかするとわたし何かすごくまともで晴れやかな活動をしているのか、という錯覚に陥ったりする。落とし穴だ。これはたまに冷静で知的な人間などに「フン」と一瞥されるとあっという間に、もとの、じめじめした石の裏にべったりついている虫に戻ってしまう、古典的なアンデルセン童話みたいな?話なんですけど。で、何が言いたいかというと、すごく沢山の立派な方々に半年以上も前から支えてもらったり、ご迷惑をおかけしたりしながら成り立っている大層な企画に育ったのですが、依然私は迷いの神の加護を受けた、混乱と狂乱の虫なのだよ!(意味不明)あと煩わしい系幸せご飯(回転寿司が筆頭)とチョコレートが大好きなだけ・・・!

それではみなさま。雪だなんだと2月は寒いですのでお体ご自愛くださいませ。

SAYOKOYAJIMA instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook

1/13 1 2 3 4 5 13

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top