Blog

矢島沙夜子

KLOKA

Sayoko Yajima 矢島沙夜子

東京生まれ。クリエイティブスタジオKLOKAに所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。「7つの大陸と猫の舌」という物語をベースにした作品なども不定期に発表している。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどにそのストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。表参道ヒルズクリスマスツリーの演出/デザインやPARCOポスターのディレクション、KLOKA PRODUCTSとしてアクセサリーブランドもスタートし注目を集めている。

THE CHOCOLATE COSMOS by KLOKA 後記 〜振り返りチョコレート銀河

chocolatchaud.jpg

チョコレート銀河ことThe Chocolate Cosmos by KLOKAは無事に閉幕いたしました‥‥

21日間ありがとうございました‥(泣)連日銀座三越・御開店と同時に沢山の方が並びにいらっしゃって、ご友人の分もとお買い求めいただいたり‥‥わたくしもう感激やら申し訳ないやらで‥毎日向かいの7Fお布団売り場のふかふかのお布団の隙間から、めっそめそ覗いておりましたよ‥(泣)めそめそもふもふお布団に顔埋めることしかできないような感情表現力未就学児レベルのわたくしですが、地下室(職場)でかれこれ数ヶ月じめじめ出血しながら作り出したものが、こうして数千人ものクールな君や君のお目元に触れるなんて、、と思うと、なんていうか‥40年間引きこもってる息子の為に開いた誕生日会に、全世界からTOMODACHIが集まってきてしまったような、こころ震える夢と怪奇のギャザリング感(わかるかな?わかるよね?汗)でありました。すみません、もふもふめそめそしてるだけだったけど、胸中はスペクタクル感謝いっぱいでしたんですよぅ‥‥という気持ちを、ただお伝えしたかったのでした。

bigfish.jpg

*私の中のギャザリング感。これ。ビッグフィッシュ(by.ティムバートン)のラストは良いよね。

去年の伊勢丹チョコレート鉱山から「料理長」として就任していただき、地層やら沼やら石やらをマジカルキュイジーヌに仕立ててくれたのはフードクリエイターの山フーズさんです。今回も星々の大地やら海やらマントルやら‥ひとつ残さずお口の恋人にしてくれましたよ~!地層とか山肌とか、天地創造食べ物系では右に出る者いなしです。

saikutsu1.jpg

さて10種の星々の区域からお好きな星を選んでいただく「銀河採掘ショコラ」。このような銀河マップがあるんですが各区域にそれぞれ物語がございまして‥

cosmosmap.jpg

これですね。まず山フーズさんへ、私の考えた小3病みたいな今回の「物語」を断片的に送るんです。するとそれに沿ったレシピが返ってきて、それでまたそのレシピを受けて私が物語をねちねち拡げる‥とそれを受けて山フーズさんが‥‥というラブレターの面をした果たし状のような、ポエジー寄席的なやり取りがあり、星々の「味」や「物語」が互いに結びついて進化してゆく‥(これ個人的には一生やってられるなと思う作業で超楽しいんですが。たぶん山フーズさん的には煩わしさサーロイン級、すみません)と、こうして出来た星々のレシピ。物語は去ることながら味の方が大変素晴らしいですので、お話の方はバスや銀行やチキンラーメンの待ち時間にふと紙っぺらに気づき、暇つぶしに読んでみて、あぁお醤油染みついちゃったな、くらいが丁度良いのではと思うのですが。(稀有な好事家の方などで、口の中で「星」を転がしながら、文字を追ってあーでもないこーでもないと遠い銀河の物語に思いを馳せていただけるような方がいたら、嬉しくて訪問する(お宅に)レベル。)せっかくなので、星と共にご紹介を‥‥

~振り返り銀河記~

この「チョコレートコスモス」は大変遠くの未来、太陽系内で高度に発展した星々が繁栄し、争い、そして突如衰退した後生まれた「次の」文明という設定であります。物語のあちこちに前の文明が滅びたヒントとなるような言葉を散りばめてます。チキンラーメンを何人分も作らなければならない、という貴方は、さらなる暇つぶしに謎解きをぜひ〜。

蒼の星  NEW TERRA

star123.jpg

1 巨大図書館

star1up.jpg

古代人類は「書物」という薄い樹の皮を重ねたような物を愛し、彼らの知恵や膨大な歴史の全てをそれに記録し、保管したという。かと思えば昔の恋人を憂いて一冊、苔むす石でもう一冊、と際限なくしたためるものだから、保管庫はやがて星をまるごと飲み込む大きさになってしまった。ここはその巨大図書館の入口。人類の叡智や戯言を拝見。--------------「書物」のお味は千差万別。掘る箇所によってビターだったりミルキーだったり。スパイスの効いたエキゾチックな冒険小説に、ドライフルーツが甘酸っぱい恋物語。シマシマクッキーの食感に乗せて、ざくざく読み進めよう。(スウィート+ビター+ミルクベース/しましまクッキー/スパイス/ドライフルーツ)

2 悩みの森

star2up.jpg

あなたの悩みはなんですか?どんな困ったこともこの森の木霊(こだま)たちが解決いたします。手順は簡単。眼を閉じて、この森の土をちょっと口に含むだけ。「解決」にもいろいろな方法がありますが、煙に巻かれるぐらいが案外丁度良かったりすることも。--------------まろやかな舌触りと芳醇な木の実の調べにのせて、軽妙に香る果実の愛らしさよ・・・!ほら、森の木霊が喉元を過ぎる頃には、鼻歌くらいは歌えそうになってきたでしょう・・?(スウィート+ホワイト+抹茶ベース/ブラック+ココアクッキー/キャラメルナッツ/べっこうあめ/クランベリーパウダー)

3 流星のサンゴ礁

star3.jpg

ほうき星がよく落ちるところには、決まって良質な砂糖菓子がある、というのは定説だがこのあたりも例外ではない。かつて星々がこの海に飛び込む様を見た学者が「天が落ちてきた」と表したのは有名である。怠惰な星はこのまま甘い海に居座り、やがてサンゴになるという。--------------海はもともと甘かったのを知っていますか?どの海も流星が好んで飛び込むせいで塩辛くなってしまうのだ。(なんてことだ)大丈夫、この星の海はまだまだ甘い。甘くてミルキーで、時々塩っぱい。マシュマロのふかふか布団は夢のような舌心地。(ミルク+ホワイトベース/マシュマロ/塩飴/グリーンレーズン)

バベルの星 INNER UNIVERSE

star456.jpg

4 ドラゴンの丘

star4up.jpg

骨みたいなゴツゴツした岩、動き出しそうな奇妙な起伏。その荒れ果てた見た目とは裏腹に、この地は果実が大変よく実るのだが育ったかと思うと何故か決まって、根こそぎ一晩で消失する。特にオレンジを植えた後はあたり一面壊滅的らしく、不気味がった月の民は、魔除けに唐辛子を撒いたらしいのだが・・・--------------骨っぽい丘を堀り返すと「それ」の好物であるオレンジの皮が、サクサクのほろ苦いココア土に混じり合って顔を出す。そのもっと奥には「それ」のお気に入りの、キラキラ光る鉱物・・・その後ろにギロリと鋭い大きな目玉。皮肉にも?魔除けのチリペッパーが最高の隠し味に。(ビターベース/ブラッククッキー/オレンジピール/チリパウダー/シルバーシュガー)

これね、本当にピリっとくる嬉しさ。オレンジピールが美味しかったです。

5 異国の甘い砂漠

star5up2.jpg

かつてこの砂漠は、世界中の奇妙な荷が行き交う貿易路として栄えていた。動物の背からこぼれ落ちた、異国の石や香辛料が砂に溶け出すと、砂漠一面、えも言われぬ芳香を放つようになり多くの民を魅了した。月日が経った今でもそのあまい香に吸い寄せられて、この辺りは「ほうき星」がよく不時着する。--------------南国の果実や木の実が宝石みたいに入ってるシルクロードの甘い砂。極上のマーブルクッキーの「渦」に呑み込まれたら・・・もう、戻ってこれなくってもいいかも?(ホワイト+ミルクベース/マーブルクッキー/ココナッツ/マンゴーフレーク/アーモンド)

6 マザーコンピューター

star6up.jpg

チョコレートコスモスには大いなる秘密がある。かつての戦乱の時代に数名の科学者たちの手により設置された、いわゆる「ユートピア・マシン」があるのだ。どうやらそれは世界の均衡を保つだけでなく、時が来ると時限爆弾のように「やりなおし」をするのだとか・・・。--------------朴訥としたこの白い星の地下深くに潜む極彩色の人工知能。一齧りであなたにもシンギュラリティが訪れるかも。(ホワイトベース/ドライフルーツ/ココアクッキー/カラフルキャンディ/金箔)



土星 NEVER PLANET  

star7.jpg

7 土星の環(星屑たち)

star7up.jpg

大人になれないあなたへ。大人になんかなりたくないあなたへ。ここはネヴァーネヴァーランド・この世でいちばんたのしくってかっこいい・永久不滅のユートピア。「思ったようにまだ飛べなそうだから」と、旅立つのをくすぶってる流星たちが、最後に集まるスター・ステーション。繊細でピュアで甘っちょろくて、息をのむほど美しい君へ。星屑は、モラトリアムの味。--------------これから何色にでもなれそうな透明の星のかけら。酸いも甘いも塩っぱいもまだ、まろやかなお味。そっとつかんで口の中まで離さないで。(キャンディ 砂糖+塩の結晶/クリスタルパウダー/金粉/銀粉)

バベルの星 INNER UNIVERSE

バベルの星の中には地中内部にもう一つの宇宙があるのに、気づきましたか?マントル近くを採掘の際はもしかしたら別の銀河の味がするかも?

star8.jpg

8 太陽王の地中探検

star8up.jpg 

この銀河にはかつて、星をいくつも侵略しては巨大な宇宙帝国を築いた「太陽王」がいた。ある日、宇宙征服に退屈した王が、いざ次は地下帝国を築かんと、とある惑星の中心部へと旅立ったが、ある時、地中深くから「星が見える」という報告を最後に、消息を絶ってしまった。人々は得意になって天罰だのバベルの星だのと片付けたが・・・。地中の星とはこれ如何に?--------------一説によると、宇宙にはトンネル状の「ワープ装置」のようなものが存在するらしい。もしそれが本当なら太陽王は今頃地中を抜けてどこか別次元へと到達し、華美な宮殿を納めているかもしれない。王の足跡を辿って、いざ、地中深くの銀河探索へ。(ホワイト+ミルク+ビターベース/いちご/ドライクランベリー/キャラメルナッツ/マンゴーパウダー/オレンジピール/キャンディ/ブラッククッキー)

琥珀糖星 MEMORY PALACE

一番人気だった琥珀糖星。琥珀糖のイメージを覆す美味しさだったなあ。

star9.jpg

9 記憶の結晶体

star9up.jpg重要ではなかったかもしれないけれど、頭の片隅に残ってる、かすかな風景。この星はそういった人々の「おぼろげな記憶」が行き着く終着点。星は今日もまた一つ、誰のものでもなくなった記憶を受け取る。そうしてそれを永い時間かけて白夜で溶かしては、月のハチドリが好む、「蜜」の結晶体をつくりあげる。--------------おぼろげな記憶の断片をもう一度味わってみたいと思いませんか?緋色の断片には草花の蜜が中心に、蒼色の断片には果実の蜜が中心に含まれています。どちらもシェフが調合した特別なシロップを使用。(琥珀糖 全8種 赤系;ローズウォーター/ローズシロップ/マローブルーウォーター/エルダーフラワーシロップ 青系/ジンジャーシロップ/アールグレー/レモン/りんご)

最後の星 LAST STELLA

star10.jpg

10 預言の花

star10up.jpg

この星に辿り着く者はいない。特別辺境ではないのだが、不思議と誰もやってこない。ここでは孤独な青年がただ一人、見たことのない美しい緋色の花の世話をしている。美しい花は言う。「一緒に全てやりなおしましょう」。青年は知っている。この花はこの宇宙の未来が全て見えているのだ。--------------その花の美しい緋色と芳香にあてられて、すでに何人かの庭師がパンドラの箱を開けた。花の問いかけに答えると、この宇宙は「リセット」されるというのだが、本当でしょうか。ファムファタールな預言の花、味見・・・してみますか?(ミルク+ホワイト+いちごベース/ドライクランベリー/キャンディ/シード/クッキー)

これは、お気付きの方もいると思うけれど「星の王子さま」に出てくる我儘で美しい薔薇と王子をイメージしながら作ったお話。美しいお花の悪魔度は強め。ちなみにこの星は銀河の最果てにある設定なのだけれど、そのさらに向こうに見える真っ黒の玉がブラックホールです。ブラックホールのお話は公開していないけれど、これは他の物語に続くお話になるので、今回は未公開です。

惑星のショコラショー

チョコ蛇口.jpg

チョコ蛇口アップ.jpg

銀河採掘員のユニフォームもオリジナルです。肩から下げた惑星は一つ一つ違うのです●

backstyle.jpg

採掘の様子

採掘様子.jpg

cosmos外観.jpg

追記:売り切れだの3時間待ちだのとか、このご時世ナンセンスだよねえ(泣)と重々理解はしておりました‥‥。一同力の限り取り組ませて頂いておりましたが(取り組みって言葉が本当しっくりくる)気持ちとは裏腹に限界値みたいのがありまして‥‥(泣)(本当、枯渇感を煽ってるわけでも微塵もなくって、毎日売り切れ札が出る度に毛布齧っておりました。)せっかくいらっしゃって頂いたのにお買い求めいただけなかった方には、この場を借りてお詫びを申し上げます。申し訳ございませんでした。

おまけ:ムービーもできましたよー!わーい!

SAYOKOYAJIMA instagram

www.kloka.com
KLOKA facebook

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top