Blog

矢島沙夜子

KLOKA

Sayoko Yajima 矢島沙夜子

東京生まれ。クリエイティブスタジオKLOKAに所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。「7つの大陸と猫の舌」という物語をベースにした作品なども不定期に発表している。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどにそのストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。表参道ヒルズクリスマスツリーの演出/デザインやPARCOポスターのディレクション、KLOKA PRODUCTSとしてアクセサリーブランドもスタートし注目を集めている。

edenworks×KLOKA「記憶の花-Limited Flower shop-」(冬のお便り2)

paper00.jpg
今前回の投稿を見直したけれど、どうして冒頭にチェコの憂鬱な作家の話をしたのか全くわからない。己のソーシャビリティには不安感しか残らないな。不条理な痛みは人格を変えるのだ。でもしかし、彼の晩年の人形通信エピソードを知った時は子猫で両頬ぶたれたみたいに嬉しくなってしまったよ?(アメリ!)(実は最近チェコ共和国に訪れる機会があって、この国の面白さを説明したくて震えているけれど、何故かこの国の体質として血肉系の話(伊豆の地獄巡りの館的なニュアンスで)を避けて通れないので、ホーリーな季節が真正面に訪れている今、とりあえずこの辺りは無しにします。)

はい、ということでお知らせ第2弾、、 もう始まっている!すみません!

edenworks × KLOKA

「記憶の花 -Limited Flower shop-」

12/12〜12/27

at edenworksbedroom

13:00-20:00

1219mainnew.jpg

-----------------------------------------------------------
解凍しきれない哀しみや愛も
大海を旅した栄光の記憶も
やがて塵となり、彼女の元へと辿り着く。
砂漠の終わりで眠るのは、途方もなく美しい花。
その色も涙も
忘れ去られた、果ての物語。
-----------------------------------------------------------
KLOKA矢島沙夜子による書き下ろしの幻想小説の一片、「記憶の花」をもとに、
作中に登場する、架空の花の栽培室をedenworks bedroomに、再現します。edenworksによる記憶の花(生花)のほか、イベント限定のプロダクトや、夢見の石と言われているハーキマーダイヤモンドのジュエリーなども販売いたします。また物語の主人公となるミューズには、モデルの小谷実由を迎え、映像作家の島田大介が今回の為にビジュアルを撮り下ろしました。ストーリーブックのようにまとめたzineは、edenworksのお花とセットでも販売いたします。

オープン日はこちらのカレンダーよりご確認ください。
http://edenworks.jp/bedroom/

flower : edenworks
art direction : 矢島沙夜子(KLOKA)
photo : 島田大介
model : 小谷実由
styling : 小山田孝司
hair&make: 高城裕子

12194.jpg

12196.jpg

12198.jpg

12199.jpg

12195.jpg

12193.jpg

edenworksこと篠崎恵美さんと、ちゃんとお喋りしたのは今年の六月頃だったかな、、?なにかやりたいね、からみるみる成長したこの企画。尊敬してやまない素敵な方々と本気の遊びを、笑いながら超緊張して取り組ませていただいた。

あーふがいないなーもう、私まだまだです、しかも凡庸な表現しか思いつかないな、うん一層、頑張ります。今回ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。そんな個人的な汗っぽい結晶がこの場所に訪れているので、みなさまも訪れてください。edenworksのめぐさんが今回の企画のためにセレクトしてくれているお花たちはどれもすごく素敵です。私も基本的にお店でお花屋さん(!)させていただいてます。ブーケもつくります。シティボーイ諸君、花を贈ることを学びにきたまえ。

取り組み、とりくみ、取り組みと言えば話題はすでに一月場所だけれども、この話も唐突だということは私にも分かるのでやめましょう。

今回展示のストーリブックとなる、zine、ちらみせします。

写真を撮ってくれた島田さんの叙情的な切り取りは天才で最高です。zineという形にしたため全部をしっかりお見せできないのが心残り。いずれ、別展開もしたいと思っています。

*物語は以前から続いている「7つの大陸と猫の舌」というクロニクルからの一片です。

遠い未来の砂漠の果てにある花の栽培室が舞台です。実はedenworks bedroomの店内にはこの物語を考えるにあたっての地味な独白前書きが掲示してあります。基本的にわたくしの文は病み上がり中2病系と自分でも理解してますので、この前書きなんかは本当に気になる方だけどうぞ。

paper1.jpg

これは私が描いた絵に篠崎さんが押し花を重ねてくれて、それをまたさらに絵にした、交換手紙的な1ページ。

paper2.jpg

paper3.jpg

このお話の主人公のミューズに小谷実由を起用しています。彼女のイメージとお話を重ね合わせた、絵。sleeping beauty in edenworksbedroom

paper4.jpg

そしてミューズおみゆ

omiyu2.jpg

こんな風にブーケに巻くのが人気です。(単体でも販売しております)

omiyu1.jpg

zineの他に限定のアクセサリーなども色々。

121914.jpg

金属パーツとお花を好きに選んで組み合わせられるブローチと髪飾り。お花は茎が少ししっかりめのドライであれば何でも刺せます。かわいいよおすすめです。

121912.jpg

そしてこれは、夢見の石、と呼ばれているハーキマーダイヤモンドのジュエリー。

tiiifというジュエリーブランドとbedroomのコラボアイテムなのすが、今回の展示限定の特別エディションを作りました。数が限られておりますので気になる方はお早めに。お値段も結構お手頃で、プレゼントにぴったりかと思います!(宣伝)

121915.jpg

121916.jpg

こんな標本箱みたいなものも販売しています

121911.jpg

そういえば、、

今月号の装苑でもこの企画を取り上げていただいております。編集Tさんいつもありがとうございますー!撮影現場のショットや私のスケッチなども少々見られます、、

121917.jpg

それではみなさま、週末はbedroomで逢いましょう。

おやすみなさい。

121913.jpg

SAYOKO_YAJIMA instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook

お砂糖漬けに関する考察(冬のお便り1)

12160.jpg
ええと色々、皆様にお知らせしたいことがたまっていて、、(やはり途中、脱線してますのでいつものように下スクロールでショートカット)でもなんか最近とかは、奥歯全体にひき網かけられて5秒ごとに複数の子供(無邪気)が笑いながら網を四方に思いっきりひっぱる、という悪夢そのものみたいな拷問が口内で常に行われており(*ああ拷問って意味がなければないほどに恐ろしいな、、話がそれるけれど、拷問のことを考える時必ず最初に思い出すのがフランツ・カフカの短編「流刑地にて」です。ええと、これのご紹介を装苑読者の方々にすることが、果たして少しでも誰かのファッション的アドバンテージになるのか、は巨大な疑問・・(否、ファッションはストーリーだよ、コンテクストだよ、物語や心の闇性が全くない装いなんてつまらないよね!・っていうことで)ていうか誤解を恐れずに宣言するならば私はカフカの作品の中でこれが一番好きだ。ただただ、砂地に鎮座する巨大な入れ墨マシンみたいな古い処刑機械を、ナチズムを想起させる将校が恍惚と説明する、この針が前方斜め上から降りてきて、左右からドリル状に上腕二頭筋をえぐり、、って私今何書いてるのかな?あははは!短編だからゆっくり説明してると全部音読して終わっちゃうよ!はい、で、将校は愛故に最終的に、自らが処刑台に登るという問答無用にスーパーグロテスクですけれど、それでもやっぱり天才的な短編だし、プロップ一つ一つに漂うフェティシズムたるや!君の作品は平和的すぎると講評で指摘された平成生まれの学生諸君この冬の一冊にいかがですか。

カフカ氏 友達になるのは難しいだろうけれども。

kafka.jpg

で、何か言いたかったかというと、そんなこんなで世紀末の食べ物を全部ひも状に吸い上げていたらやっぱり胃腸は壊すし、総体的に結構心霊やばい系?の体調だったもので、ネット世界の暗黒活動は若干自粛していました。恐らく誰かの藁人形(裏垢)からの攻撃が功を奏したとおもわれる。。。
お久しぶりです、こんにちは。12月ですね。あっという間に1年が経つものですよね。大抵の人があっという間だよ、早いなって思うのだから、暦自体がもう少しゆったりしたものになればいいですよね〜。でも、餓鬼畜生のわたくしなどはみんなが1日過ごしている間に、自分にのみ2日分の時間が魔法的に訪れればよい、とサンタにお願いすることにしたので(主に職務上〆切的な理由で)やはり暦ひいてはわたしの生きる時空にのみ、ロング・イージーアンドハッピーライフがやってくることとなりますが・・がしかし甘いものにはその辺の子供より弱いので駄菓子くれたら、坊、おぬしとシュガータウンで時空おあそびしてやるぞ、、、

ナンシーお嬢、可愛いなあ しゅしゅしゅしゅしゅしゅシュガータウン

やーしかし、いざ、あれこれ溜まっているトピックスを羅列させたら案の定インフレ起こして、ありがたみゼロということに気づいたので、ちょっとずつ紹介するとしてみます。
まずは今ご覧頂けるものなど!虫歯上等、お砂糖世界だよ〜 

12161.jpg

ANNIVERSAIRE表参道店のウィンドウをつくりました。ホリデー仕様のウィンドウです。
クリスマスバレエの代名詞、くるみ割り人形に出てくるドラジェとボンボンの精の世界でお砂糖漬けのクリスマス。

12162.jpg

12163.jpg

となかいのツノもボンボン仕上げ

12164.jpg

12165.jpg

12166.jpg

12167.jpg

表参道の交差点から歩いてすぐ。やっぱり表参道の並木道イルミネーションは素敵でしたので日暮れ頃からお散歩された際には是非ご覧くださいな。

やっぱり一年で一番、この時期は意味のわからないくらい甘い食べ物と出逢いたくなるし、作りたくなるのです。お砂糖まみれの一ヶ月。

そしてその足でこちらもどうぞ〜

IMG_9990.jpg

表参道ヒルズにクリスマスマーケットが出来ているのですが、こちらにワッフルカルーセルを作ってまいりました。

なかなか珍しい稲穂型の棒ワッフルにお好きなトッピングが楽しめるコンディメントバーがあります。陽気な調べにのせてどろっどろに色々かけまくって楽しんでね。

IMG_9981.jpg

お馬やワッフルなどが半永久的に回り続けている

IMG_9983.jpg

そして、このカルーセルに飾ってある嘘みたいに可愛いオーナメントは、ベルギーからやってきたガラス製の老舗オーナメント屋さんのもので、今回のクリスマスのためにセレクトさせていただいたものです。マーケットの入り口で他の種類もたくさん販売しております。

ornament.jpg

表参道ヒルズクリスマスマーケット

DATE : 12/3日(木)~12/25(金) 11:00~21:00
※12/6(日)・13日(日)は~20 :00、12/22(火)~25日(金)は~ 22 :00

PLACE : 表参道ヒルズ本館B3F スペース オー

それではまずはこのへんで。

チャオー

SAYOKO_YAJIMA instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook
1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top