Blog

矢島沙夜子

KLOKA

Sayoko Yajima 矢島沙夜子

東京生まれ。クリエイティブスタジオKLOKAに所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。「7つの大陸と猫の舌」という物語をベースにした作品なども不定期に発表している。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどにそのストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。表参道ヒルズクリスマスツリーの演出/デザインやPARCOポスターのディレクション、KLOKA PRODUCTSとしてアクセサリーブランドもスタートし注目を集めている。

金平糖の音色と回るきつね/失われたうさぎと正方形で切り取りたい褐色の生活

pass0.jpg
こんにちは、
実り薫る地上の秋、、されど無臭(むしろ異臭)の地下勤務、ウサギ&お団子&名月の不在/喪失感たるや・・

季節の移り変わりやお天気の話などを、無理矢理どうしても一言はさみたいのは自分にもアペリティフ的な気遣いが出来るんだぞ〜という全力のマナーアピール、体裁を考えるちっぽけなカメムシなんで、ご挨拶だけはちゃんとしたいという意思表明です(きっぱり)秋だよ新米、年貢だよ村民、自己表明〜!(納豆は中粒〜!\(•̀.̫•)-(•̀.̫•)-(•̀.̫•)/

あと私は会話能力に大変劣るので、天気のお話が出来ないと耳から緑色の線虫みたいなものが出て来て、ひょっとこみたいな口になったまま凍結してしまう旧型のOSです。日々をフォトのみで雄弁に語るようなネット嘆美派2.0(2.0って死語か)の皆さんには非情にお見苦しいことと思います、すみません。
本当に、おしゃべりひいては自己表現が得意な人、熱烈に尊敬、、もう本当格好良い

imo.jpg

instagramを始めたのが実は結構最近のことなんですけど、やればやるほど、己の日々のどの部分を切り取れば、少しでも面白おかしかったり、気が利いているのか、混迷度は増す一方で、格好よいとか美しいとかの判断は完全に闇の中、、暗中模索で思い立って、わたくしの本日のご飯 ʕ•ᴥ•ʔ を撮っても完全に画面は褐色のグラデーションだし(うわん茶色いご飯は往々にして美味しいんだよう!)その上、四角いコマが並んでどんどん蓄積される様を見ると、これはもしかして結果的に全コマが一繋の作品(オチ)となってなければいけないのでは、、?という落語的な表現に対する底知れぬ恐怖とプレッシャーを感じ、汗がどんどん油っぽくなってくる、、#あぶらあせ
などと悩んで頭を抱え、第三世界のジェネリック薬品に手を出そうとした矢先である。

先日隣席の愛すべき同僚から、無意味で不快なブログは早く止めて、いっそ4コマ漫画の連載にでも切り替えるべきでは、?との提案をもらい、もらった思想だけで生きられる勘違いノームコア脳なわたくしは、うんうん、なあるほど〜!インスタが長編漫画の無仏世界であれば、ここは明快明朗の終わりしか見えない4コマせかいだ・いざ〜!と思って、炎のGペンを引きずりだす五秒前だったけれど、よんこまよんこま、、と偉人の軌跡を辿っていれば→→(起承転結の「新聞4コマ黎明期」から、風刺日常系、そして、、コマ自体がただの窓枠と化した非4コマ新世界!!いがらしみきお先生の功績::::(感涙)#才能#努力#苦悩)言わずもがな、程なくして自分の矮小さを再々々(×100億)認識することとなり、恥はいつものように検索履歴に上塗りされ、連載の灯火は自ら吹き消すこととなりました。
ただ、いずれ劇画系ルポルタージュは描きたいのでやはりサインだけは練習することとする。
(  わたくしの混乱可愛いとリアルと少し猫の臨界点・インスタグラム )


とか考えたりしているとき以外はデスロードは安定のデス感
最近はこんなもの作っていました。


『toy music & box art exhibition
─綺想の博物館 追憶のフラグメントボックス─』

PASS THE BATON GALLERY
2015年10月15日(木)~ 2015年11月15日(日)

http://www.pass-the-baton.com

2387480285a1096e71ea10505592a9f3.jpg
トイミュージック専門音楽レーベルのNovelCellPoemとのコラボレーションで、古い玩具楽器(トイピアノなど)をリメイクしてゾートロープやジオラマオルゴールにしたり、照明器具のようなスピーカーにしたりしました。親指ピアノ(カリンバ)もスペシャルエディションで作って販売しています。

pass2.jpg

pass4.jpg

pass5.jpg

pass6.jpg

きつねがはしるよ〜

先週実は1回目のワークショップがもう終わってしまったのですが、、25日に2回目のワークショップがございます。ドームの中にジオラマをつくるワークショップです。
ご興味ある方はPASSTHEBATON表参道店までお問い合わせください。


KLOKA のジオラマワークショップ「LOST (COLOR) ISLAND - 失われた灰色大陸の再建-」
日時:2015年10月25日(日)14:00 ~ 16:00 
場所:PASS THE BATON GALLERY
参加費:4,500 円(税込)
無彩色の時が止まってしまった大陸に、あなただけの新しい王国をつくります。

予約問合せTEL:03-6447-0707
事前予約が必要です。
席数が埋まり次第募集を終了させていただきます旨、ご了承ください。

トイミュージックって前に一度興味を持って色々乱暴に聞きあさった頃があったのだけれど、インタフェースが妙に平和的な印象(特にジャケットが顕著なのか)というか、少女感が前に出てくるので誤解が少々多い気がしてしまう。勿論それが悪いわけではないのだけど、このジャンルはもっともっとクレイジーな面白さがあって。扱っている楽器こそ「玩具楽器」なのだけれど、遊び方はときに凶暴で常軌を逸していてそしてギーク(大賛辞です)。大抵海外の有名なトイミュージックアーティストは良い年のおじさんが家にこもって作っているという事実。紹介してもらったポーランドのアーティストMale Instrumentyとかの作る楽器などすごいです。少女感ゼロ。

instrumenty.jpg

NoelCellPoem代表の赤井よしえさん(可憐、妖精のよう)による演奏は「壊れるギリギリの(トイピアノが)激しい演奏」と観客から感嘆の声が漏れるとか。恐ろしく長いオルゴール譜をひたすら巻き続けるとか、それでいて魔法の音色って、、限りない面白さですよね。必見です。土日はライブの予定がまだまだありますので、ご興味ある方はこちらもチェックしてみてくださいね

pass1.jpg

PASSTHEBATONの奥にテント小屋ができています。くぐっていらしてくださいね〜

*お知らせです。食券シリーズのアクセサリーなど、売り切れてしまっていたもの、少しwebで販売開始しました。

先日新宿伊勢丹で幕を閉じました平野紗季子の(食べれない)フード天国を見逃してしまった方等、、こちらでもどうぞ。

ちなみに、今週から京都でプチフード天国が開催されます!勿論こちらにも商品もってゆきます◎

ではー

instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top