Blog

矢島沙夜子

KLOKA

Sayoko Yajima 矢島沙夜子

東京生まれ。クリエイティブスタジオKLOKAに所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。「7つの大陸と猫の舌」という物語をベースにした作品なども不定期に発表している。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどにそのストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。表参道ヒルズクリスマスツリーの演出/デザインやPARCOポスターのディレクション、KLOKA PRODUCTSとしてアクセサリーブランドもスタートし注目を集めている。

ことしも始まってきたよ呪いのクリスマスシーズン(クリスマスは大好きです)

cibone2.jpg

こんにちは。寒くて毎日お湯ばっかり飲んでいる。

はてお湯飲むたび、押切もえさんが焼肉屋に行ったら白湯しか飲まないって言ってたのを思い出す。(ミノだハチノスだお湯で食ってた気がする)押切さんが「サユ」「サユ」唱えるたびに、全世界の何の変哲もないお湯に愛と美の女神アフロディーテが降臨しているのは、これはもう確かですので、無論わたくしのお湯ももれなくビューティのご加護を受けてるんですけど、先日いつものようにいそいそおサユ飲んでたら、てめえのはババアのぬるま湯だって友人にきっぱり言われまして、文字通り手の中のお湯が冷んやり凍りつきました。愛しい友人ほど往々にして脆弱なハートを容赦なく握りつぶすよね。じぶんには結婚式に誘ってくる友人はおらずとも(本当に不思議と全然まったく誘われないな。よく分からない味のプティ・アミューズ頬張ったり、紫色のわけわかんないドレス着てチークダンス踊ったり、超したいんだけどな)とにかく正面きってババアと言ってくれる友人がいてくれる、のは幸せなことですね。良かった私。くそババアの勘違いほど罪なものはないですからね。(ああババアって言いすぎてちょっと落ち込んできたな。)でもね、ぬるま湯は良いですよ。

そうそう、焼肉と言えば先日ジンギスカンというかオルタナ系の羊焼肉屋に行きまして。みなさん羊、好きですか?わたくしは、愛玩として見るのも、着るのも食べるのもまあ大して好きじゃないんですけれど、「あ、それは本物のラムにまだ出会えてないのだね(さらり)」ってグルメ糞野郎(褒め言葉です)に押されて、某ラム肉専門店に伺ったんですよ。確かになんか肉の量感もワイルドで楽しいし、気分はパオで槍持って馬頭琴ひく感じ(適当)てな感じで、あがっちゃってはいたんですけれど、なーんかいろいろ食べてるうちに、こう、山の向こーうの方から恐る恐るやってくる、そこはかとない闖入者の気配、みたいのが翌日見事にはっきりとした吐き気に変わってですね。(すみません、気持ち悪い話)あ、これやばいじゃんやばいじゃん完全にあたってるよ、ていうかラムってあたるのかな?と思って「ラム あたる」でとりあえず検索かけたんですよ。‥‥で、おわかりですよね。そりゃそうですよ。むこう数十ページ、高橋留美子先生の名作に関する情報しか出てきませんでしたよね。己のケアレスミスに吐き気の追い討ち。どうして気づかなかったのか... とりあえずラムがあたるかどうかは結局よくわかりませんでしたけど、留美子先生への禊のつもりでまずはらんまを全巻読み直してみようと思います。

ということで完全に最近は鬱屈ダサいババアモード一直線の矢島です。カシミアグレー色(照)と思って塗った爪の色をセメントと呼ばれたのも地味にダウンポイントです。

お久しぶりです。うわーすっかり、ご無沙汰してしまった。

とりあえず最近のレポートしま~す。

lumine2.jpg

lumine1.jpg

lumine3.jpg

ルミネ・ザ・カルチェラというルミネのインキュベーションプロジェクトの一貫で、ファッションブランドと空間系のアーティストが組んでウィンドウを作るという企画。わたしはポップなテキスタイルが特徴のブランド、mannineさんと組みまして、ブランドのコレクションテーマからイメージを拡げたウィンドウを作りました~。コレクションの布や刺繍モチーフを使ったりしています。テーマが「未知なる世界」だったので、どこかの時代のどこかの星の、恐竜の住む山みたいのを作りました。マリオ的なゲーム樹木&山みたいの意識している‥‥

newman1.jpg

あとこちら、NEWMANのウィンドウも飾っております。気球と飛行船が運ぶクリスマス。1Fと2Fの大きなウィンドウ。

newman2.jpg

newman3.jpg

飛行船のプロペラ回っておりますよ~。こちらに文章なども寄せさせていただきました。

そしてこれは今銀座SIXのCIBONE CASEで販売している、クリスマスオーナメント。今年のオーナメントは縁がゴールドだったりタッセルがついていたり、ちょっとよそ行き仕様です。一点ものがほとんどなので、気になった方はお早めに◎ 通常verのオーナメントもこちらで少し販売しております。

cibone2.jpg

cibone1.jpg

cibone3.jpg

cibone4.jpg

ここんとこわかりやすいくらい超鬱屈としていて、ああ今私ちょっぴりダウナー。お外出たくない。とか思っちゃってたんですけど、ハンニバル(TVどらま見てたら不意に、あれ?わたし別にもともと平常運転で呪いと憎しみでぼたぼた負をこぼしまくってる人間じゃなかったっけ、部屋ん中で。ということに気づいてから通常モードの陽気な憎しみ人形みたいな感じに戻りました~。己を知ることは世界を知ること。

クリスマス案件まだまだ続くよ(MP回復したらまたレポートします)

それでは、このまま年末に向けて呪いをふりまいてきます さようなら

SAYOKOYAJIMA instagram

www.kloka.com
KLOKA facebook

新江ノ島水族館「NIGHT WONDER AQUARIUM 2017」のデザイン演出しました!

enosui1.jpg

ほわ〜 夏ってこんなに暑かったですかね・・・なんでこの暑さ毎年忘れちゃうんでしょうか。これはもう強力に一回呪っておかないとまずいですね・・・。4月のしつこい寒波や5月の大型連休やポイント失効したヒルズカードや有効期限のきれたローソンの商品無料引換券(淡麗生の6缶セットが当たったんですけれど当たった店はおろか都内近郊5店舗回りましたけど何処にも取り扱ってなかったんですよねえ。そんなのって無い。結局見つからないまま期限はやってきましたよ。なんでかな?罠だったのかな?なんか悔しいから普通に6缶パック買って帰りました)や、毎日ありとあらゆる些細なことを呪ってばっかりで、多分この呪い量は完全にみなさんの怒りや悲しみも代弁して呪ってるレベルです。いいえ、どういたしまして。こういった事はお互い様です。いやしかしこう忙しなく呪ってばかりですとネタも切れてくるわけですよ、呪文の。

ということで調べてみた。

noroi.jpg

あ~~  やってますねえ~皆さん。

え~っ!マイナンバー使って呪えるの~!?http://ufn-web.com/archives/132

すごいですね。しかも記事掲載時はまだマイナンバー制度が制定される前みたいですからね。もう何でも良いから使えるものは使おうという意気込みが怖いですね。憎しみの熱エネルギーたるや、ほとばしってますね~

わたくしはこれにいたします→ 中国ミャオ族に伝わる蠱毒

蠱毒っていうのは虫を使う古代の強力な呪術ですが、複数の違う動物(ムカデやカエルやヘビ)を同じ容器で育て、互いに共食いをさせ生き残った1匹の毒を殺したいターゲットの食事等に混ぜ込む、という極めて陰湿で胸糞の悪い呪術なんですが、材料の入手が難易度高いのでひるんでいたところ、見つけました。

ターゲットを確実に呪殺できる中国の呪い 蠱毒・放草鬼

へ~!ムカデの代わりに淡水エビでできるって~!!陶器の壺も100均の塩とかいれるやつで良いらしい。お手軽~ʕ••ʔ

ebi.jpg

エビエビ、海老で思い出しました~!!!!

keyenosui.jpg

新江ノ島水族館・ナイトワンダーアクアリウム2017
2017年7月15日(土)~12月25日(月)

アートディレクション/デザイン KLOKA

プロデュース nerulab

音楽 梅林太郎

通称えのすいこと新江ノ島水族館で毎年夏から始まる、夜だけのスペシャルプログラム。「ナイトワンダーアクアリウム」を今年はKLOKAがアートディレクションさせていただきました!恒例の大水槽の周りに写すプロジェクションマッピングや、廊下に流れる星を触るとプランクトンになる、、インタラクティブな仕掛け、深海コーナーのオブジェなど色々演出させていただきました。今回は全体が宇宙の星々と魚たちを巡る海の創世記の物語を書き下ろしました。

物語を考えるところから始まり、プランクトン1匹1匹描き起こし、、夜な夜な絵コンテ描いたり描いては捨ててみたりしてやっと形になりました(泣)

あたり前ですが、水族館の裏には広大な魚たちの飼育場があり、ある時生まれたてのくらげたちが飼育されている部屋に入らせていただいた時の感動たるや・・・遠い星々を見ているかのような美しさで、宇宙の深淵を覗いた気持ちになりましたよ・・・感受性虫レベルのわたくしももう涙なくしてクラゲ(冷菜)は食べられやしませんよ・・・麻布十番にあるナポレオンフィッシュというお店のクラゲはこりこりしてて本当に美味いですよ・・・

弊社の代表が水槽にいる魚や水草の正式名称を片っ端から空で言えるような、所謂クラスに一人はいた図鑑しか友達がいない自然科学系オタなのですが、今回の題材になった生物進化系の演出は、まさに水を得た魚のように生き生きと取り組んでおられました。私はといえばその半ば行きすぎた図鑑暗唱系テイストに、己の精一杯のゲーム脳を生かした中2系ファンタジーテイストをふんだんに散りばめて行き、ふわふわきらきらとしたものへと仕上げてゆく努力などをさせていただきました。(p.s 代表は自然科学系デザイナー目指しているようなので、そっち系の良いお話があれば是非ご連絡下さい。)

では中の様子、ちら見せしまーす

こちらは入り口の演出。

enosui1.jpg

IMG_7691.JPG

enosui2.jpg

そしてこちらは廊下のコンテンツ。彗星や幾何学形態のような惑星を触ると・・・

プランクトンや星座になって飛び散ります。音楽とも連動していて楽器のように楽しめます。

enosui6.JPG

enosui7.JPG

こちらがメインコンテンツの大水槽。5分間のショーが定期的にご鑑賞いただけます。

enosui4.jpg

enosui5.jpg

今回の音楽は梅林太郎さんがやられております。

館内にながれている音は実は楽曲の一部で、これがシンクロすると一つの組曲となる、、ような不思議で素敵な演出です!何処で聞いても耳の中で溶けあう気持ちの良い音楽です。

こちらは深海コーナー。

enosui3.JPG

ちなみに時期に合わせて開催時間が変わります。

パート1に始まり、3まで少しずつコンテンツも変わっていきます。おたのしみに~!

パート1 7月15日~9月30日 17時~20時

パート2 10月1日~11月23日 17時~19時

パート3 11月24日~12月22日 17時~19時 12月23日~25日 17時~20時

間違いなくひんやりしますので今年の夏はぜひぜひ江ノ島水族館へお越しくださいませ。

それではまた。わたくしは稼業の呪い仕事に戻ります。

SAYOKOYAJIMA instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook

TSUPPARI KNIGHT〜装苑8月号で紙の作品つくりました〜

soenpaper2.jpg

装苑発売になりましたね。今月は紙&文房具号ですよ~!どわーん変則装苑~~好き~♡

「クリエイターによるペーパードレス」という特集で私も作品つくらせていただきました~!

soenpaper3.jpg

テーマはTSUPPARI KNIGHT(つっぱり騎士)です。中世ローマ兵とツッパリのミックス。

soenpaper4.jpg

ピンク色の毛っぽいやつも全部紙で出来てます。こんな感じで短冊に・・・paper.jpg

オフショットもちらり。紙面では使わなかったけれどサングラスとかタバコとかも全部紙でつくりました~(煙も♡)soenpaperbehind1.jpg

paper2

首元にいれた刺青もトレーシングペーパーです。モデルさんが気に入ってくれてそのまま取らないで帰宅してくれたの嬉しいʕ•ᴥ•ʔ

paper4.JPG

しかし作ったといってもですね、わたくしは基本的に超不器用な上に何もないところで転んだり無駄にお茶こぼしたり油ぶちまけたりする残念な人間なのでいつもより工房内は矢島敬遠モード・作業場半径5m以内にわたくしが入り込もうものなら完全にスタッフ全員の目が黄色と黒に点滅、どこからともなく現れたおやつが手渡されては、流れるようにしてハッピーターン片手にマイデスクにハッピーリターン、いつもより遠くで四コマ漫画を書いたりごろごろお菓子食べたりしていたらいつもより大変見事なものが出来上がりました(涙)ゆりちゃんS君ありがとう(涙)もちろん私も四コマに行き詰まったらああでもないこうでもないとか遠くの方で偉そうに指示出ししたり無視されたりしながら、かばやの新作チェックしてたりしたんですよう・・・(泣)でも見てよこのゆりちゃんの鳳凰(泣)

soenpaper6.jpg

今回は全部手切りですよ、お茶飲みながら見てるこっちが吐きそうでしたよ・・・

P.S 今回のお題が、美大生やクリエイターなら説明不要の紙のオーソリティー「竹尾」という紙屋さんの紙を使うことだったんですけれど、もうここの「見本帖」という紙の見本が見れるお店、私昔っから大好きなんですが、なんでかわからないけど心地良すぎて行くと眠くなっちゃうんですよねえ。いや、寝不足とかじゃなくね。何千もの紙たちがまるで預言者の到来を待っているかのように静かに眠りについておりその寝息が午後の光を浴びた象牙色のドラゴンとなり、わたくしの羊たちにひとときのシエスタをもたらすのである・・・あ~わかるかな?わかるよねえ?とにかく素敵なひとときなんだよ諸君。

で、文房具と言えばですよ。わたくしなどは一人っ子な上、昔も今も友人はあまりいませんし、ご近所と言えば家の窓に生卵投げつけてくる狂ったクソガキと、絵に描いたような温和な掃除夫のベッポおじさんみたいな人(に金魚の墓を勝手にマンションの敷地に建設したら(しまくったら)怒られて疎遠になった)しかいないような幼少期でしたので(悲しいね)無論ともだちと言ったらもっぱら、消しゴムや、おもしろ消しゴムでした。90年代に幼少期を過ごしたみなさーん!文具系は結構お集めになってたんじゃないですか?(変わり消しゴムとかシールとかにおい玉とか(におい玉ってなんかすごいね。今思うと文具ではないよな))、中でもイワコーさんのおもしろ消しゴム系シリーズは子供ながらに結構執拗に集めてました。

これね~っʕʔぽわ~~んʕʔ

88031-2.jpg

執拗に集めてたんですけど、ちょっと妙なマイナーチェンジが続いて児童のコンプ心はわりと簡単に折れました(売れ線スウィーツジャンルの執拗なモデルチェンジに金銭面よりも精神面でついていけなかったのは私のせいだよね)でもまだ持ってるんだ全部。君が僕のことを消せたって、僕は君のこと消したりなんかしないんだよ。(違うか。消すために使ったら君も一緒に消えるのか。一休さんのとんち合戦みたいな話になってきたな?照)

あ、あと私こちらの審査員やらせていただいております〜

レスポートサック 日本上陸30周年記念テキスタイルデザインコンテスト

wn_20170526_01.jpg

もうすぐ締め切りです。みなさまふるっとご応募くださいませ〜

すみません、結局前回予告した告知できなかった。計画性の無さの改善は銀河の先まで祈りたい(七夕)

それでは良い短冊をお作りくださ〜い

SAYOKOYAJIMA instagram
www.kloka.com
KLOKA facebook
1/12 1 2 3 4 5 12

MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top