Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

大阪靴メ-カ-協同組合が大阪・東京で新作を発表

大阪靴メ-カ-協同組合が「2021年秋冬もの靴見本市」(3月5日10:00~17:00)を開催。会場は、JR難波駅直結 ホテルモントレ グラスミア大阪 21F スノ-ベリ- (大阪市 浪速区湊町1丁目2−3)

2021年秋冬もの靴見本市 開催のお知らせ - 大阪靴メーカー協同組合 (cosaema.jp)

新型コロナウイルスへの対策を行い、開催されます。前回のレポートはこちら。

2021年春夏もの靴見本市 開催いたしました。 - 大阪靴メーカー協同組合 (cosaema.jp)

今回は6社が参加し、2021年秋冬シーズンの最新作を発表します。大阪靴メ-カ-協同組合の地域ブランド「COSAEMA(コサエマ)」も好評!

***


「COSAEMA(コサエマ)」と聞くと海外のブランドのようですが、実は日本の、しかも大阪発のブランドです!

それは、大阪弁の「こさえまっ!」から始まったブランドです。

「良い靴」の事を大阪では「ええ靴」と言い、「つくる」の事を「こさえる」と言います。「ええ靴こさえまっ!」(「良い靴をお作り致します」の意)の精神で、大阪靴メーカー協同組合の加盟企業は日々頑張ってまいりました。

実は、昔から COSAEMA の精神は存在していたのです。

black_cosaema2.jpg


日本における靴づくりと言えば、大阪は東京・浅草、神戸と並んで呼ばれるくらい、古くから盛んな産業の1つです。

特に大阪の浪速区・西成区に靴産業が集積しており、靴メーカーだけでなく、革、副資材などを扱うお店や、卸・小売店などが集まっており、靴づくりに携わる多く人が暮らしているまちです。 この「靴のまち」は、ずっとまちぐるみでお互いに支え合ってきた産業です。だからこそ「靴のまち」と呼ばれています。

大阪という地で、歴史を刻みメーカーとして育んできた技術やノウハウをシンプルに「ええ靴こさえまっ!」の一言で包み込んでみました。
そこには靴づくりのプライドとでも言いましょうか、確かな自信を感じていただければ幸いです。

これから、COSAEMAブランドの靴づくりやCOSAEMAイベント、サイトを活用したCOSAEMAからの情報発信など、できること・やりたいことが山ほどあります。
日々の仕事に追われるだけでなく、「おもろいことやってみぃひん?」「楽しいモノこさえてみぃひん?」「一緒に何か新しいことはじめてみぃひん?」そんな色々な思いを込めて、2018年11月COSAEMA が発進します!

今後の COSAEMA にどうぞご期待ください!

( 画像、テキスト:大阪靴メ-カ-協同組合 公式サイトより )


***

東京では、「PROJECT TOKYO」(3月10日~11日 渋谷ヒカリエ9F ホールB 18番、20番ブース)でお披露目。組合員企業12社が合同で出展します。ご来場予定のかたは、ぜひお立ち寄りください。

PROJECT TOKYO 出展のお知らせ - 大阪靴メーカー協同組合 (cosaema.jp)

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top