Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

《 TIME & EFFORT 》ブックガイド/絵本・童話セレクション < グラフィカルな靴の絵本【3選】>

日本の革と革のものづくりの魅力を発信する「TIME & EFFORT」靴産業150周年 特設ページ「Shoe Shoe Culture」の人気コンテンツ「ブックガイド」に「絵本・童話セレクション」が追加。

そのなかから、グラフィカルな靴の絵本を3冊、ピックアップしてみました。


06_img_04.jpg

「アンディ・ウォーホルのヘビのおはなし」


アンディ・ウォーホル作・絵、
野中邦子訳、河出書房新社発行(2017年)

ニューヨークの靴店や皮革会社の広告イラストを描いていた初期のウォーホルが作ったポップな絵本。セレブ好きのヘビが さまざまな革製品になって・・・。

06_img_13.jpg

「シンデレラ」


ディック・ブルーナ作・絵、
かどのえいこ訳、講談社発行(1994年)

人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親、オランダの絵本作家・ブルーナが手がけた一冊。シンプルなタッチで描くシンデレラ物語。誰もが知っているストーリーが新鮮に。

06_img_22.jpg

「くつくつみつけた」


トミー・ウンゲラー作・絵、
五味太郎訳、架空社発行(1987年)

カカシ、船、ワニ、アヒル、軍人、サイ、牛、アラビア人、フットボール選手・・・すべてのイラストレーションのなかに靴が隠れている楽しい作品。国際児童図書展 エルバ賞受賞。

「TIME & EFFORT」靴産業150周年 特設ページ「Shoe Shoe Culture」の人気コンテンツ「ブックガイド」に「絵本・童話セレクション」では、多彩な作品を紹介しています。大人も楽しめる、お気に入りの一冊を見つけて。

絵本・童話セレクション | ブックガイド | Shoe Shoe Culture | 革靴特集ページ | TIME&EFFORT (jlia.or.jp)

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top