Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

#洗って使ってそだつ革 のバッグが人気 #東東京モノヅクリ商店街 ポップアップイベント開催中

ものづくりが盛んなエリア、東京都墨田区周辺の企業・事業者とともに地域ブランディングや産業の活性化を推進するプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」

144035463_3530919980465583_4992714116924636210_o.jpg

選抜メンバーのアイテムをお披露目するポップアップイベントが、1月29日から東京スカイツリーの商業施設 東京ソラマチ内「すみだまち処」でスタートしました。

墨田、台東、荒川、葛飾、足立・・・など、東東京の町工場たちが個性を競う "架空の商店街"がリアル空間に飛び出したよう。手ぬぐいから靴クリームまで、多彩なジャンルのオンリーワン&ナンバーワンがそろいます。


レザー関連では「ウォッシャブルレザー」シリーズが好評の「TOKYO LEATHER FACTORY」が参加。

墨田区エリアで生産されたピッグスキンに独自の加工を施し、丁寧につくられています。

ティグレさん00.jpg

ティグレさん01.jpg

ティグレさん06.jpg

ティグレさん03.jpg

ティグレさん05.jpg

ティグレさん02.jpg

「洗える」という付加価値は衛生面だけでなく、安心感も満たされますね。

ウィズコロナ時代のニューノーマル・バッグとして注目していただきたい逸品です。

「TOKYO LEATHER FACTORY」WEB SHOP https://www.tokyoleatherfactory.shop/

ティグレさん07.jpg

こちらは「TOKYO LEATHER FACTORY」が、前回の「東京ギフトショー」出展した際のようすです。

今回も「ギフトショー・LIFE×DESIGN 」(2021年 2月3日~5日  会場:東京ビッグサイト<南展示棟>)に出展。ブースは、南3-T16-25 (東京都・製革業産地振興協議会にて共同出展)です。お出かけのかたは、チェックしてみてください。

さて、「東東京モノヅクリ商店街」も、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2021」(2月3日~5日/東京・有明 東京ビッグサイト)にも出展予定です。どうぞ、お楽しみに。


なお、「装苑」本誌(最新号/2021年3月号)142~143ページでは「第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2021」をご紹介する恒例企画が!


注目ブランド&最新アイテムを厳選。ご来場の予定があるかたは広い会場をまわるガイドに。
お出かけを控えるかたも、「装苑」のセレクトをお役立てください。

注目カラー イエローをさり気なく楽しむ財布&革小物 #エヌナンバー ポップアップイベント 名古屋で開催中

バッグリストとして活動する女性クリエイター 三上直美さんによるオリジナルブランド「エヌナンバー」が昨年末から仙台、大阪、東京・・・・と各地でポップアップイベント ツアーがスタート。
現在、愛知・名古屋 ジェイアール名古屋タカシマヤ 1F(1月27日~2月2日)で行われています。

「n.number(エヌナンバー)」https://www.nnumber01.com/

オリジナリティあふれるレザーとシンプルなデザインワークにより、バッグ、財布、革小物を展開する同ブランド。女性クリエイター 三上直美さんが、いまを生きる女性たちにエールを込めて。

働く女性にとっての使いやすさ、使いたいもの、ほしいものを追求。洗練されたテイストと感度、タンナー、ファクトリーとの連携で仕上げた丁寧なものづくりが好評です。

鞣し、ファクトリーをはじめ、ほとんどのプロセスを国内で完結。移動や輸送への配慮が必要な、withコロナ時代に相応しいサスティナブルなコレクションを発表。イベント、SNSでの情報発信を通して、共感の輪が広がっています。

nn03.jpg

代表作「Her truth」シリーズが好評です。


「ひとつひとつの柄が異なる手染めしたゴート革を使用。バッグから出したときの一瞬のときめきに...。心の処方箋のようなアイテムです。

表面はしなやかで軽やかなゴートレザーを使用。1枚仕立てにするにはソフトすぎてしまい、形が持たれにくいため、薄めにすいたカウレザーを貼り込みしています。


ふたつの素材が合わさった時はじめて、"手のなかでのフィット感"が生まれます。

薄い+薄い=心地よい厚み
が形成されるので、その感覚をぜひ味わってみてください。

ゴートレザーは1枚1枚手染めしています。手染めした革をカットしてお作りしておりますので、同じものはなく、一点ものとしてお楽しみいただけます」(三上さん)

nn02.jpg

「パントン・カラー・オブ 2021」として「アルティメット グレー」とともにが選定された「イルミネイティング(明るい黄色)」。


「灰色の雲の裏には明るい太陽の光がある」そんなイメージを想起させる二色。激動の一年の後に、希望と明るさをもたらす太陽の光を表現した鮮やかなイエロー。

風水では、金運アップが期待できるカラーとしてお馴染みですが、トレンドカラーとしても注目されているので、財布をファッションの一部としてライフスタイルに取り入れやすいタイミングかもしれません。

nn01.jpg

アート感覚のハンドペイントによる部分づかいなので、イエローの財布をさり気なく使えそうですね。キーケースもリリースされているので、同色でそろえるのも素敵です。

nn04.jpg

色違いのグレーはまったく違う印象。男性へのギフトにもよろこばれそうですね。

ns01.jpg

ns03.jpg

ns04.jpg

ツイッターでは、#猫のいる暮らし 写真が好評。ツンデレお姫さま・クリームちゃんと、ちょっぴりおふとりさま・チーズくん、かわいい猫ズとのひとコマ に癒されますよ。

n.number 1/27~2/2 ジェイアール名古屋タカシマヤさん (@mikanpp) / Twitter

《 TIME & EFFORT 》ブックガイド/絵本・童話セレクション < グラフィカルな靴の絵本【3選】>

日本の革と革のものづくりの魅力を発信する「TIME & EFFORT」靴産業150周年 特設ページ「Shoe Shoe Culture」の人気コンテンツ「ブックガイド」に「絵本・童話セレクション」が追加。

そのなかから、グラフィカルな靴の絵本を3冊、ピックアップしてみました。


06_img_04.jpg

「アンディ・ウォーホルのヘビのおはなし」


アンディ・ウォーホル作・絵、
野中邦子訳、河出書房新社発行(2017年)

ニューヨークの靴店や皮革会社の広告イラストを描いていた初期のウォーホルが作ったポップな絵本。セレブ好きのヘビが さまざまな革製品になって・・・。

06_img_13.jpg

「シンデレラ」


ディック・ブルーナ作・絵、
かどのえいこ訳、講談社発行(1994年)

人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親、オランダの絵本作家・ブルーナが手がけた一冊。シンプルなタッチで描くシンデレラ物語。誰もが知っているストーリーが新鮮に。

06_img_22.jpg

「くつくつみつけた」


トミー・ウンゲラー作・絵、
五味太郎訳、架空社発行(1987年)

カカシ、船、ワニ、アヒル、軍人、サイ、牛、アラビア人、フットボール選手・・・すべてのイラストレーションのなかに靴が隠れている楽しい作品。国際児童図書展 エルバ賞受賞。

「TIME & EFFORT」靴産業150周年 特設ページ「Shoe Shoe Culture」の人気コンテンツ「ブックガイド」に「絵本・童話セレクション」では、多彩な作品を紹介しています。大人も楽しめる、お気に入りの一冊を見つけて。

絵本・童話セレクション | ブックガイド | Shoe Shoe Culture | 革靴特集ページ | TIME&EFFORT (jlia.or.jp)

1/6 1 2 3 4 5 6

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top