Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

個性が楽しい・個性を楽しむバッグ&財布と聖夜のしたく「#ジャパンレザークリエイターズ」#伊勢丹立川店

お馴染みのイベント「JAPANレザークリエイターズ」が東京・立川 伊勢丹立川店3F 駅側モールで開催されています。

JLC2012 06.jpg

今回は、「クリスマスの4人展」とのサブタイトルを掲げ、華やぐ季節に似合うバッグ、小物たちを展開。

JLC2012 00.jpg

JLC2012 07.jpg
たいせつなひとへのとっておきのギフト、一年頑張った自分へのご褒美など、さまざまなニーズにマッチする特別感のあるアイテムがそろいます。

JLC2012 01.jpg

JLC2012 02.jpg

JLC2012 03.jpg

JLC2012 05.jpg

4人のクリエイター、ひとりひとりの個性が楽しいバッグたち。使うひとそれぞれの個性を引き出し、おしゃれを楽しむためのさり気ない存在感がうれしい。

たかつさん002.jpg

参加ブランド「via(ヴィーア)」デザイナー たかつよしえさんはポジティブにイベントを楽しみながら応対中。

「今年は自粛期間が長かったので、お客さまに会えるのが、ほんとうにうれしい。家庭内でもマスクが欠かせない時代なので、会話に飢餓感をおもちのお客さまが多くいらっしゃるようです。十分な対策をし、ソーシャルディスタンスをしっかりととって応対しております。

笑顔を思い浮かべギフトを選ぶ、胸躍るクリスマスのしたく、そして毎にちの暮らしを豊かに彩るための ひとときを楽しみながら、お好みに合うバッグを見つけていただけますように。

クリエイターにとってのあこがれ、伊勢丹さんのお買い場に立たせていただける・・・この貴重な機会、ありがたさと同時に責任重大。身の引き締まる思いです。

スタッフの皆さまは素晴らしいかたばかり。日々感謝しつつ、なんとか無事に終わらせられればと思っております。ご無理のない範囲で、お立ち寄りいただければ幸いです」(たかつさん)

たかつさん004.jpg

メイドインジャパンのレザーバッグにできること、その役割を改めて感じますね。

どの施設に入るときも、非接触で体温を測定するいま。

温度ではない、体感としての「体温」を会話を通して感じ、熱量の高い想いと手仕事でつくられたバッグが、「ぬくもり」を届ける、あたたかな場。リアルイベントならではですね。

たかつさん001.jpg

外出時にバッグを使う機会が減るステイホーム時代。お部屋に飾っておきたいアート感覚のバッグが気になります。

ファッショントレンドでバッグを選ばないかたに、気持ちが動くバッグをお迎えいただきたいです。

たかつさん財布.jpg

バッグをはじめ、財布(写真上:定番をバージョンアップ!)、小物も充実しています。

くわしくは、たかつさんのブログをご覧ください。

「via」公式ブログ https://viavitavia.exblog.jp/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top