Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

#新しい日常 への新提案が続々 日本製レザーバッグ&財布が好評 #日本革市 #そごう横浜店 で開催中

国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」がそごう横浜店8F催会場で11月25日からスタート。初日にお邪魔してきました。


すっきりとしたスペース・・・という第一印象。
というのも、安心して過ごせるよう、通路を広く、各社のブースが離れて設置され、ソーシャル(フィジカル)ディスタンスを確保できるように、との配慮が行き届いています。

横浜革市バッグ集積.jpg

体温測定と手指の消毒を済ませ、エントランスに入ると、出展各社の自信作がお出迎え。

清川商店さん2011.jpg

注目トレンドとして浮上している、セミショルダーバッグ。一本手(ハンドル、もしくはストラップが一本の仕様)のバッグが新鮮です。

アンデルセンさん02.jpg

アニマル柄も人気ですね。毛付き革にプリント加工を施しています。一本手のバッグ、こちらのハンドバッグは初日からお買い上げのお客さまが。

こういう時期だからこそ、「ファッションを楽しみたい」「自分らしく装いたい」というかたを目の当たりにし、うれしくなりました。

お出かけできなくても、おうち時間で楽しめるバッグも。

中澤さん02.jpg


アニマルモチーフのバッグは、コーディネートを考えると、なかなかの上級者向けですが、オブジェ感覚でお部屋のディスプレイとしても。オンライントラベル、オンライン宿泊などの視聴時のパートナーとしてお使いになるのもいいかも。バーチャルなお出かけの楽しさを盛り上げてくれそう。

ニッチなジャンルだからこそ、ファンのかたの熱量は、かなり高いです。

アンデルセンさん革メッシュ.jpg
レザーを編み上げたメッシュのバッグは、山ぶどう や あけびのカゴのようなニュアンス。国内の職人が一点一点編み上げているのだとか。

デイリーなスタイルのほか、きものとの着合わせも素敵。大人世代からの絶大な支持があり、特に、京都や金沢などでヒット。日常的にきものをお召しになるかたにとっては、お求めになりやすい価格帯。

プロダクト的な存在感があり、インテリアにも馴染むので、部屋に飾っておきたい名品です。

リーブスさん2011.jpg

部屋での活用はこちらも。デスクに置いておけるバッグ。高さがなく、口開きがいいので、出し入れがスムーズ。ソフトパックタイプのティッシュペーパーがすっぽり入ります。アレルギー性鼻炎のかたは、春先に携帯したいミニバッグです。

内側にスマートフォン用ポケットもあり、スマホスタンド代わりとして、ステーショナリーなどの定位置として在宅勤務中でも使えそうです。
出社時には、フリーアドレスの社内移動、部屋間移動にも。車で通勤するかたには、助手席にちょこんと置いておけるので便利ですね。

ステイホーム時代、貴重な外出をポジティブに楽しむ、ワンマイルウエアが注目されていますが、そんなコーディネートに似合うバッグにも各社が注力。

ユナイトさん02.jpg

リラックス感のあるディスプレイとともにシーン提案。キャンディのようでもあり、ホーボーバッグのようでもあり・・・ユニセックス感覚で使うひとにとって、自分らしく使えそう。

パーリィーさんミニバッグ.jpg

上質なレザーで仕立てたミニバッグ。着こなしに抜け感をプラスしてくれます。ハンドルのグリップ感、タッチ感がよく、革の質感をダイレクトに味わえるのもうれしい。敢えて「手に持つ」というアクションがいいですよね。

パーリィーさんがまぐち.jpg

チワタさん財布.jpg

ハートビートさんストラップ.jpg

このほか、革づくりに情熱を注ぐタンナー×腕利きファクトリー、新進気鋭のクリエイターによる秀逸な革製品の展示販売、国産天然皮革の魅力を紹介するコンテンツが盛りだくさん。日本の革三大産地のご紹介や、実際の商品に使用されている国内で鞣した皮革の展示も好評です。

期間中、会場にてアンケートに答えると、各日先着50名にメガネやスマートフォンの液晶画面拭きとして最適なセーム革を進呈。各日準備数がなくなり次第、終了となりますので、お早めに。


画像は、「日本革市」公式SNSアカウントより。同アカウントは、先日、ファン数が一万人を突破し、人気を集めています。

「日本革市」https://www.kawa-ichi.jp/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top