Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

日本製革製品の #ニューノーマル が個性を競う「#ジャパンレザーアワード2020」審査会&一般公開 レポート

国内最大規模のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award 2020」一般公開が10月3日、東京・二子玉川 iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて行われました。

アワード202003.jpg

フットウェア、バッグ、ウェア&グッズ、フリー、学生の5部門、各部門、ベストプロダクト、フューチャーデザインに分けて(学生部門を除く)応募作品205点すべてを展示。

新型コロナウィルス感染予防対策を徹底。入場の際は、検温、手指のアルコール消毒、マスクの着用を確認(未着用のかたには、未使用のマスクを進呈)し、会場内においても、ソーシャルディスタンスの確保、密を避けるため入場制限、常時、入り口を締め切らず、換気を行い、十分な配慮のもと開催されました。

アワード202002.jpg

オープンと同時に来場があり、クローズまで、ジャパンレザーファン、応募者の皆さんが来場。秋風が通り抜ける会場は、作品への熱視線が交錯する独特の空気感と心地よい緊張感が。

アワード202005u.jpg

展示された全応募作品からお気に入りの作品にメッセージをお寄せくださったかたに「レザーコード」をプレゼント。ブレスレット、ネックレス、髪留めなどとして使用できると女性やお子さんに大好評。準備数がたちまち終了となりました。

lass02.jpg

会場内では、併催イベントとして、レザーセミナー(「本日は革日和♪」村木るいさん)、レザーケアセミナー(LC inst.いちかわたかおさん)を各3回、計6回実施。

lass03r.jpg

司会を兼任する村木さんが開始時刻を知らせると着席するかたが続々。各回レクチャーする内容が異なり、複数回受講するかたもいらっしゃったようです。また、村木さんによるレポートもありますので、下記リンク先をチェックしてください。

なお、人気イベント「本日は革日和♪」が10月16日~17日の二日間、ホームグラウンド、大阪・奥なんばエリア周辺で行われます。


参加企業によっては、上質レザーのアウトレットセールなども開催されます。クリエイター、DIY派ユーザーの皆さま、ぜひ、チェックしてください。


「本日は革日和♪」http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/7093

アワード202001.jpg

一般公開の前日には、審査会を非公開で実施。長濱 雅彦 審査員長(東京藝術大学美術学部教授)をはじめ、デザイン界、ファッション界でご活躍中の審査員の先生方によって、厳正に審査されました。

「Japan Leather Award 2020」審査会をレポートした動画を公開中です。各審査員の皆さまのコメント(動画)もありますので、ぜひ、ご覧ください。

「Japan Leather Award 2020」審査会レポート

https://youtu.be/xouz73uEZwQ

今年度、気になった傾向は・・・

20傾向2.jpg

ワークショップ、DIYキットなどの提案が増加。
伝統的な技術が受け継がれる靴に、つくりやすい工夫を施し、ビギナーでも一定のクオリティーに仕上げられる、という新しい発想の作品が集まりました。

20傾向1.jpg

20傾向3.jpg

ものづくり産地、老舗タンナー&ファクトリーのチャレンジングが目をひきます。有害魚の利活用、クロコダイルレザーのタンニン鞣し、伊勢丹新宿店のイベントで話題のブランドを手がけるファクトリーの新プロジェクトなど、つくり手の情熱がこめられた作品の存在感が際立ちます。

20傾向4.jpg

ウィズコロナ時代に欠かせない、「抗菌」作用。新しい付加価値の提示も2020年らしいですね。

20傾向6.jpg
ステイホームのおうち時間、リモートワークから、家事・育児へ・・・オンオフの切り替えと部屋間移動とともにスマートフォンの収納・持ち運びに便利にする作品たち。おしゃれをしたいけれど、おしゃれをする必要性が少なくなったいま、ホーム&ワンマイルウエアにプラスするアイテムとしてのニーズが高まりそう。スマホまわりの提案に時代性を感じました。

20傾向5.jpg
サスティナブルへの意識も関心が高く、残革・端革の利活用や環境に配慮した ものづくり、着実に広がっています。

20傾向07.jpg
オンラインミーティングやSNS投稿用の自撮りなどの「顔まわり消費」に向けた作品も。今回はアクセサリー、つけ衿がエントリー。今後もさらなる拡充に期待したいですね。

また、革製品の在り方、必要性を見直し、細分化するターゲットにより深く寄り添う。SNSのハッシュタグなどでつながり、クラウドファンディングで応援購買されることも多い、いまの時代にフィットする、コアなプロダクトの潮流もじわじわと。

外出する機会が減り、特別感のある嗜好品として特化・深化する作品、ボーダレス化するホームファッション&インテリアにフォーカスし、暮らしを豊かにする作品も増えています。

*  *   *


そして、10月9日、ついに、受賞作品が発表されました。

フットウェア 部門

J20A-6056_a.jpg

ベストプロダクト賞
宮内 崇さん
株式会社スピングルカンパニー

J20A-6101_a.jpg
フューチャーデザイン賞
細川 悠眞さん
個人

バッグ 部門

J20A-6037_a.jpg

ベストプロダクト賞
松村 美咲さん
有限会社清川商店

J20A-5955_a.jpg
フューチャーデザイン賞
鈴木 磨さん
株式会社由利

ウェア&グッズ 部門

J20A-5968_a.jpg

ベストプロダクト賞
小林 仁太さん
CONCUSSION


フューチャーデザイン賞
該当なし

フリー 部門

J20A-5828_a.jpg

ベストプロダクト賞
サクライ ミサさん
個人

J20A-6032_a.jpg

フューチャーデザイン賞
中山 智介さん
銀職庵水主

学生 部門

J20A-6070_a.jpg

最優秀賞
福島 拓真さん
武蔵野美術大学

J20A-5857_a.jpg

審査員賞 (長濱 雅彦 選)

フットウェア/ベストプロダクト
益子 実佳さん
宮城興業株式会社

J20A-5957_a.jpg
審査員賞 (天津 憂 選)

ウェア&グッズ/ベストプロダクト
石村 誠さん
合同会社ROHMAN

J20A-6081_a.jpg

審査員賞 (有働 幸司 選)

フットウェア/ベストプロダクト
冨田 貴昭さん
個人

J20A-5875_a.jpg

審査員賞 (坪井 浩尚 選)

バッグ/フューチャーデザイン
三木 直人さん
Naoto+m

J20A-6146_a.jpg

審査員賞 (中山 路子 選)
フリー/フューチャーデザイン
菅野 龍雄さん
個人

J20A-5933_a.jpg

審査員賞 (廣田 尚子 選)

ウェア&グッズ/ベストプロダクト
矢内 徹さん
株式会社吉田

J20A-5996_a.jpg
審査員賞 (若杉 浩一 選)

バッグ/ベストプロダクト
佐藤 真世さん
個人


★各審査員賞の審査員名は敬称略とさせていただきました。


皆さま、おめでとうございます!
グランプリは、表彰式(11月28日/東京・二子玉川 二子玉川ライズ ガレリア)で発表されます。

2020アワード10.jpg
「Japan Leather Award」の歴史に新たな1ページを刻み、このトロフィーを手にするのは、果たして? どうぞ、お楽しみに!

このほか、くわしくは、下記リンク先をご覧ください。

「Japan Leather Award 2020」https://award.jlia.or.jp/2020/


(初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」)


元記事・アーカイブ記事はこちらからご覧ください。
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

(最終更新:2020年10月15日)

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2021年1月号、11月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top