Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

端革・残革を有効活用する #サスティナブル なマルシェ #芦原橋はみだし市 毎月第3日曜日開催

人気イベント「本日は革日和♪」主宰をはじめ、レザークラフト関連のインフルエンサーとしてお馴染みの村木るいさんがSNSで紹介していたイベントをシェアします。

革のものづくりでお馴染みの大阪・芦原橋を拠点として、親しまれた「芦原橋アップマーケット」。なかでも、人気を集めていた革の端材販売が「端材専門マーケット」のイベント芦原橋はみだし市としてリスタート。この連休中の9月20日に行われます。

DIY派ユーザーの皆さん、クリエイターの皆さんにおすすめですが、ビギナーさんにもお出かけいただきたいです。レザーは切りっぱなしの処理で大丈夫ですので、自由な表現にぴったり。

また、写真や動画の撮影の際、雑貨といっしょに置いたりすると、色味やテクスチャー感もプラスできるので、役立てていただけるかもしれません。


革製品の製造過程で、製品に適さない大きさとなってしまう端革・残革が、どうしても生じてしまいます。廃棄することなく有効活用を目指し、リユースを提案。サスティナブルで素敵な取り組みですね。


生命の証を無駄にせず、想いをこめて、必要なひとへ。


レザーを見て、触って、感じて、レザーの魅力を発見していただき、身近に感じてほしいです。

毎月第3日曜に行われているそうですので、今回、お出かけできなかったかたは、引き続き、チェックしてみて。

以下、SNSアカウント、参加ブースの投稿を引用させていただきます。

***********************

芦原橋はみだし市2009.jpg

芦原橋はみだし市は、「はみだし物」と「はみだし者」たちの市場です。 毎月第3日曜日開催、「作り手」のための「端材専門マーケット」です。大阪、芦原橋にて。2020年6月からスタートしました!
【はみだし物】
芦原橋upmarketでの人気コンテンツだった「革の端材」販売。
大阪の地元の靴メーカーで出る革の端材を格安で販売し、多くの作り手のファンができました。
革だけでなく、生地、紙、金属、木材などなど、こういう端材のような「はみだし物」を集め、作り手が更に新しく、面白いものを作り出す、そんなきっかけを作っていきます。
【はみだし者】
芦原橋駅の高架下「芦原橋ステーションプラザ」には、革の靴や鞄の製造に関わる様々な顔ぶれが入居しています。メーカー、卸、作家、学校と立場は様々。
しかしながら靴や鞄の業界はいま転換期の中にいます。「靴」や「鞄」といった自分たちが高めてきた専門性を、外に開いていくことでもっと可能性が広がるかもしれません。
自分たちのいる業界から、自ら「はみ出していく」ような、そんな「はみだし者」になっていきたいと思います。
ここで、靴と〇、鞄と〇、そんな接点をつくる場にしたい、そんな想いを持っています。
■開催時期
9月20日(日)10:30〜16:00
*毎月第3日曜日開催
■場所
芦原橋ステーションプラザ
JR大阪環状線「芦原橋」駅高架下
■出店内容
・端材の販売
・物販
・飲食(コーヒー等)
・その他(トークイベント、ワークショップなど)
*回ごとの内容や出店者は変わります
■運営
芦原橋はみだし市実行委員会

117040332_154633449616564_3926704714772894384_o.jpg

(画像、テキスト:「芦原橋はみだし市 」SNSアカウントより)

***********************

119639483_1672699462900886_7742743038362209341_o.jpg

次の日曜日は
「はみだし市」‼︎
暑さも落ち着いてきたので、通常時間の10:30〜16:00開催です。
今回シューネクストでは、ついに!
「革友禅」の革をカット売りします〜。
生野区の染め工房で1枚1枚手染めされているこの革、独特な質感と柄が人気なんですが、個人で購入するには金銭的にハードルがあります。
そこで、染め職人の許可を得て、シューネクスト で個人さん向けにカット販売することにしました!
この革は豚革で薄くて柔らかいので、家庭用ミシン でも縫いやすいのでは、と思います。
小さな巾着やポーチ、がま口が作れるくらいの大きさ(A3とB3の間くらい)です!
価格は2,500円。
ちなみにこの革のカット売りははみだし市限定ですよ〜
皆さまのお越しをお待ちしております!
119738629_1673721259465373_8335072189519814786_o.jpg
革友禅ちょこっとブローチ。
大ぶりですが、軽いので薄いお洋服でも大丈夫。
半端革の利用でもありますので、20日(日)のはみだし市でも販売します。
ひとつ 2,100円+Tax

(画像、テキスト:「シューネクスト 」SNSアカウント より)

***********************

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top