Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

#Plog【本日最終日】 バッグファクトリーのポップアップイベント

先日もお知らせしましたが、東日本ハンドバッグ工業組合に加入する組合員(メーカー)有志・計6社が入れ替え制で出店しポップアップイベント「匠の技のものづくり」を国分寺マルイ 2Fで開催。現在、ラモーダヨシダのオリジナルブランド「Plog(プログ)」、キクヒロのオリジナルブランド「Petrarca(ペトラルカ)」が出店中です。暮らしに寄り添うプロダクト感覚のコレクションを展開しています。

多様化・細分化する決済、急速に増える非接触へのニーズ・・・そんなウィズコロナ時代に、現金、カード、スマートフォンを収納し、持ち運び、スムーズに使うには?

「ひとつにまとめて持ち運ぶ」「複数のアイテムを組み合わせて使う」ほか、さまざまな選択肢からセレクトし、ひとりひとりが自分らしく快適に活動するためのサポートをしてくれるアイテムたち。

ユーザーにとっての「使いやすさ」を最適化し、いまと ちょっと先のライフスタイルを便利にしてくれる新しいお財布たちに出会えそう。

明日、7月29日からはメンバーチェンジ。「viaggi(ヴィアッチ)」「THE PITH(ザ・ピス)」が登場します。どうぞお楽しみに。

国分寺マルイ

https://www.0101.co.jp/062/store-info/fair.html?article_id=30894&from=01_pc_st062_top_event_list

【再掲】ジャパンレザーとのコラボが好評 #山本寛斎 さん総合プロデュース「#日本元気プロジェクト 2019」

山本寛斎さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

寛斎さんは1967年に「装苑賞」を受賞後、日本人で初めてロンドンでコレクションを開催。
ファッションショーをエンタテインメントへと昇華したイベントの総合プロディースを数多く手がけるなど、多方面でご活躍。

近年は「日本元気プロジェクト」に注力なさっていました。今年度は7月31日、オンラインで行われ、ライブ配信されます。

「日本元気プロジェクト2020」https://www.kansai-inc.co.jp/ngp2020/

同イベントの昨年度開催分レポートを再掲させていただきます。

*   *   *   *   *

世界的ファッションデザイナー・山本寛斎さんが総合プロデュースを手がけるイベント「日本元気プロジェクト2019『スーパーエネルギー!!』Produced by KANSAI YAMAMOTO」が6月8日(土)、東京・六本木 六本木ヒルズアリーナで開催。今年も約1万人が来場するなど盛況でした。
日本元気19 会場.jpg
元サッカー日本代表のラモス瑠偉さん、プロスキーヤー、冒険家、クラーク記念国際高校校長 三浦雄一郎さん、元総理大臣の福田康夫さん、東京都知事の小池百合子さんなど著名人も観覧し、客席も華やぎに満ちて。
日本元気19 会場観客ヒキ.jpg

メインイベントとなる、ショウ昼夜2回それぞれ総勢約200人が出演。山本寛斎さんにとってブランド設立50周年の節目となる2019年の今回のイベントをパワフルに盛り上げました。
日本元気19 オープニング.jpg
「ファッション×人間力でこの国の元気を呼び覚ます」ことを趣旨とし、六本木ヒルズアリーナでの開催は今年で3回め。
日本元気19 サイン ヒキ.jpg
昨年に続き、皮革産地、兵庫・姫路の地域ブランド「姫革」、そして、「東京レザーフェア」とのコラボレーションが実現。国産天然皮革の存在感も際立っていましたよ。
日本元気19 クレジット.jpg
「若き才能が燃えられる機会をつくりたい」という寛斎さんの発案による「国際文化交流プロジェクト」に参加した、日本とイギリスの7校の各学校選ばれた代表者1名ずつによる作品が発表。
日本元気19 交流p選抜.jpg
文化服装学院 代表は猪名川あやさん(服飾専攻科 デザイン専攻)。戦後の子どもたちに空想力を与えていたマンガに住まう女神。素敵でした。
日本元気19 交流 文化代表.jpg
プロジェクトの初回となる今年は、イギリスの大英博物館で開催中の海外過去最大規模のマンガ展「The Citi exhibition Manga」のフリンジイベントとなる『Late ? Manga: Colour and Style』と連動。
日本元気19 文化代表  作品.png
7月5日に大英博物館のグレイトコートで行われるファッションプレゼンテーションでもこの作品を発表されるそうです。
日本元気19 フィナーレ.jpg
フィナーレでは「東京レザーフェア」とコラボレーションした革半纏が登場! これらの素材として「姫革」が使用されています。
日本元気19 半纏ヨリ.jpg
寛斎さん監修のもと、台東区立富士小学校の6年生約70名が「太陽」と「富士山」をテーマにペイントを施した革半纏。「東京レザーフェア」100回記念前夜祭、同会場に続き、晴れ舞台でのお披露目となりました。
日本元気19 半纏ヒキ.jpg

クラーク記念国際高等学校、岩倉高等学校の学生約50名が革半纏を着用。「21世紀の三三七拍子」を情熱的に踊り、作品に生命を宿して躍動感ほとばしるエンディングに。当日はインターネットでもリアルタイム配信。ファッションや表現することの楽しさをたくさんのひとたちと共有できたのではないでしょうか。
また、当日は、姫路市のタンナー 有限会社大昌 代表取締役 大垣昌道さん、兵庫県皮革産業協同組合連合会 事務局長 北野和夫さんも駆けつけました。

「寛斎さんはもちろん、現在、世界的なブランドとの協業も進行中です。その成果を大英博物館で発表することになりました。姫革をはじめとする国産天然皮革の革づくり・ものづくり文化と、時代に合わせた新しい考え方を積極的に海外で発信していきます」と大垣昌道さん。
兵皮連トップ.png

「ひょうご天然皮革(HYOGO LEATHER)」を打ち出す、兵庫県皮革産業協同組合連合会では日本の技術、ひょうごレザーとデザイナーがひとつになり、『ひょうご天然皮革を世界へ』をスローガンに海外進出を目指す試みも実施。
「パリメンズファッションウィークFall-winter 2019-20」出展するとともに、セレクトショップ Bows & Arrows / Japan-Best にて、レザーバッグ、アクセサリーブランドURBAN BOBBYポップアップショップを開催し、手ごたえを得ています。
兵皮連プレスリリースより.jpg
展示会で好評だったのが、和牛を生かした新企画。

海外でも広く認知される高級和牛、神戸ビーフを利活用した製品化・ブランド化も推進しています。旨味のもと、サシと呼ばれる脂肪交雑、皮の厚みなどにより、和牛の製品化は困難といわれますが、姫路の秀逸な技術力で突破。個体識別番号で管理するなど、牛皮の選別から取り組み、姫路に伝わる伝統技法「白鞣し」により革の強度を高めているそう。脂肪分をあえて残して仕上げることで色合いに深みが。
「姫路の革づくりの歴史、技術を象徴する白鞣しの魅力もアピールしていきたい」(大垣昌道さん)。そのようすが「産経新聞」で取り上げられ、話題になっています。

leatherfes100-18-747x497.jpg
(画像:「東京レザーフェア」公式サイトより)
「東京レザーフェア(TLF)」を主催する資材連 理事長 富田 常一さんもご来場。「東京レザーフェア」のSNSでは、革半纏のプロジェクトを3分間にまとめたスペシャルムービーを公開し話題となっています。
TLF100 半纏.jpg
「江戸の町火消しが使ったといわれる長い半纏をモチーフに赤・白・黒の3色でつくりました。SNSでは数多くのシェアにより拡散され、ソーシャルなプロジェクトになったことを感謝申し上げます。富士小の生徒さん、岩倉高等学校ダンス部メンバーをはじめ、多くの皆さんと記念すべき第100回をともに祝うことができて万感の想いでした!」と富田 常一さん。
レザー先進国 イタリアで皮革産業に携わるエキスパートたちからも「ニッポン」への惜しみない賞賛が。世界に誇る、日本のタンナーたちの新しい挑戦、ジャパンレザーのさらなる飛躍、ご注目ください!
「日本元気プロジェクト2019」http://www.kansai-inc.co.jp/ngp2019/
 
兵庫県皮革産業協同組合連合会 http://www.hyohiren.or.jp/
「東京レザーフェア」http://tlf.jp/
(初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」)
元記事・アーカイブ記事はこちらから
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

ジャパンレザーの最新トピック<2020年7月下旬>【まとめ】

新型コロナウイルスの感染が再び拡大が続くなか、経済活動の再始動へ向けて模索するジャパンレザー関連のさまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。

\ 腕利きタンナー 藤豊工業所が参画 注目コラボプロジェクトお披露目 /

108676877_2965965280198225_4407700741941050685_n.jpg

世界的なプレミアム・ライフスタイル・モーターサイクルブランド正規販売店「トライアンフ茅ヶ崎」が 7月11日、グランドオープン! ショップお披露目に合わせて、特別なカスタムマシン「TRIUMPH x ZELE-PARIS x FUJITOYO THRUXTON R "WANI"」を発表。そのレポートがウェブメディア「モーサイ」(画像)で紹介されました。

重要無形文化財総合指定保持者 能楽師 大倉流大鼓方であり、バイカーとしても著名な大倉正之助先生(写真左)による着想によって製作。

クロコダイルのオーダーメイドを中心に手掛ける「ZELE-PARIS」と、クロコダイルタンナー「藤豊工業所」の協力で実現。日本で藤豊工業所(写真右:藤城専務)が鞣製仕上げし、全長4m級のポロサスクロコダイルの頭から尻尾までの革を革職人の茂木さん(写真中央)が張り込んだ、世界にただ一台の希少なマシンが誕生しました。

「モーサイ」https://mc-web.jp/topics/news/31022/

エキゾチックレザーを扱うタンナーとして国内屈指の藤豊工業所。その技術力は国内外で高く評価され、2019年から、国際見本市「プルミエール・ヴィジョン・パリ」に「FUJITOYO」として出展。日本のクロコダイルタンナーとしても初の快挙であり、エキゾチックレザー専門のタンナーとしては、3年ぶりの新規参入だったのだそうです。同社の自信作、エコレザーには多くの引き合い、オファーが続々。各国のエキスパートから「世界レベル」とお墨付きを得ました。

「藤豊工業所」へのお問合せは下記リンク先(有限会社藤豊工業所 公式サイト)専用お問合せフォームをご利用ください。

「藤豊工業所」https://fujitoyo.co.jp/

「TIME & EFFORT」公式サイト 靴産業150周年 特設ページ 更新

107906302_3131913846884374_1421381669060410163_n.jpg

革靴産業が誕生してから、今年で150年め。「TIME & EFFORT」では、革靴に関する歴史やカルチャー、イベントなどの情報を毎月ご紹介! 今回はこちらの2本。


【靴歴史エピソード】
軍需産業期/大正~昭和期 編
文明開化の明治から、経済発展・産業近代化の大正、そして昭和へ。都市の近代化、暮らしの洋風化が進み・・・

【ブックガイド】
靴と足と漫画と
日本文化を代表する漫画。マニアックに、ときにファンタジックに。靴をモチーフにしながらも多彩な表現が楽しい作品を網羅。

日本国内でのシューズジャーナリズムのエキスパートがキュレーティングを担当。貴重な資料や写真、画像も登場。同サイトでしか見ることができない注目コンテンツを特別編集。ぜひ、ご覧ください。

「TIME & EFFORT」https://timeandeffort.jlia.or.jp/shoes/index.html

「グッドレザー 夏季アウトレットセール」

兵庫・加古川の人気ショップ「グッドレザー」が恒例のアウトレットセールを行っています。バリエーション豊富な上質レザーがハッピープライスに。7月25日までの期間、火曜、木曜、土曜に営業されています。23日(海の日)は営業時間内でニッピ機械による 漉き機の相談会も同時開催。関西エリアのクリエイター、DIYファンの皆さんにおすすめです。

「グッドレザー」https://good-leather.on.omisenomikata.jp/

\ 「4時間ちょいで学ぶコバ講習~量産からマニアックな技法まで」/


人気ショップ「レザークラフトフェニックス」(大阪・奥なんば)3Fで、コバ講習が7月25日に行われます。

「下地処理剤の考え方。種類は何があるか?表面仕上げの顔料はどのようなものがあるか?便利な道具はあるのか? どういう状態だと仕上げ処理がしやすいのか、などを実際に手を動かしながら学んでいきます」(主催者 村木るいさん)。

今回は有料セミナーとなりますので、ご注意ください。

「レザークラフトフェニックス」ブログ https://l-phoenix.jp/blog/archives/17111

「東日本ハンドバッグ工業組合 有志メーカー ポップアップイベント」

107486764_314998319679260_4264695745051026573_n.jpg

東日本ハンドバッグ工業組合に加入する組合員(メーカー)有志・計6社がポップアップイベント「匠の技のものづくり」を国分寺マルイ 2Fで開催。現在、ラモーダヨシダのオリジナルブランド「Plog(プログ)」、キクヒロのオリジナルブランド「Petrarca(ペトラルカ)」が出店中です。暮らしに寄り添うプロダクト感覚のコレクションを展開しています。

多様化・細分化する決済、急速に増える非接触へのニーズ・・・そんなウィズコロナ時代に、現金、カード、スマートフォンを収納し、持ち運び、スムーズに使うには?

「ひとつにまとめて持ち運ぶ」「複数のアイテムを組み合わせて使う」ほか、さまざまな選択肢からセレクトし、ひとりひとりが自分らしく快適に活動するためのサポートをしてくれるアイテムたち。

ユーザーにとっての「使いやすさ」を最適化し、いまと ちょっと先のライフスタイルを便利にしてくれる新しいお財布たちに出会えそう。
会期は、7月28日まで。

「Plog」https://peraichi.com/landing_pages/view/plog

「Japan Leather Award 2020」事前エントリー 7月31日まで

102994835_2879827972145290_4671606939516681074_n.png


国内最大規模を誇るレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award 2020」事前エントリーの受付がスタートしており、締め切りが7月31日となっています。


毎年進化する「Japan Leather Award」、今年度は2つのカテゴリーで作品応募を受付。

「ベストプロダクト」

日常生活で使用する「革製品」で、デザイン力があり、
素材の選択や加工、縫製技術などに優れた作品。

「フューチャーデザイン」
これからの「革製品」の発展および向上に向けて、
新たなデザイン性を提案する作品。

審査員には、第一線でご活躍のプロダクトデザイナー 3名が参加。多様化する時代と革製品の傾向にフィットしますね。ファッションの視点だけでなく、プロダクトの視点からも厳正に審査されます。


事前エントリーなしでは本エントリーできませんので、ご応募希望の場合は、必ず事前エントリーをなさってください。

また、村木るいさんの月イチスペシャル連載で、今年度のポイントを徹底解説してくださる予定です。こちらもどうぞお楽しみに。

「Japan Leather Award」https://award.jlia.or.jp/2020/

(初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」)
元記事・アーカイブ記事はこちらからご覧ください。
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

2/7 1 1 2 3 4 5 7

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top