Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「第12回モノマチ(モノマチジューニ)」開催延期

イースト東京のビッグイベント「モノマチ」。本来ならば、12回めを迎える今回、本日5月22日から開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、延期となっています。
代替案、オンラインでの取り組みなども企画されていますので、発表され次第、当ブログでもお知らせします。
*     *     *
related_enki.jpg

このたびの新型コロナウィルスに罹患された皆様と、感染拡大により影響を受けられている地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大により、さまざまな大小のイベントが延期または中止を余儀なくされております。
台東モノマチ協会にて、国内で新型コロナウイルスの感染が確認されてからは、開催に向けて準備を進めつつ、半月ごとに理事会を開き、開催について協議してまいりましたが、昨今の状況を鑑みて検討した結果、5月22日(金)~24日(日)に予定しておりました「第12回モノマチ」の開催は延期させていただく運びとなりました。

判断理由としては、以下の理由が挙げられます。

 ・「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の見解を踏まえた上での状況判断
 ・参加店、ボランティア、来場者および開催地域エリアすべての方々の感染防止が困難であること
 ・新型コロナウイルス感染拡大により、エリアミーティングなど実務面で必要なミーティングを実施できず、準備または告知活動が十分にできていないこと
 ・ボランティアの確保の困難が見込まれること。また、ボランティア説明会の開催やボランティアを迎える準備も難しいこと

上記の理由から、5月に予定していた第12回モノマチの延期を決定した次第です。
延期となる日程につきましては、今秋を目標にしておりますが、今後の状況によっては再度の延期、または中止の可能性もございます。

この様な判断になりましたが、来場者、ボランティア、参加店の誰もが心から楽しめる最良の形で第12回モノマチを開催できるように今後も準備を進めてまいります。

5月の開催はなくなりましたが、こんな時期だからこそモノマチとしてできること、モノづくりの町だからこそ可能なことがあるのではないかと考え、Web上でモノマチらしい取り組みを展開していく計画です。
こちらについても近日中にお知らせできるように関係者一同、鋭意計画を練り、実施に向けて調整してまいります。

皆様の健康を願いつつ、1日も早く事態が収束し、第12回モノマチを楽しめる日が来ることを心から願っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
台東モノマチ協会会長
株式会社ラモーダヨシダ
吉田 昌充

第12回モノマチ実行委員長
MiSuZuYa
片岡 清高

(テキスト、画像:「モノマチ」公式サイトより)
*     *     *

MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top