Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

春コーデに馴染む #布マスク が大人気! #KILLYEDNA ポップアップ(#池袋西武)

イースト東京を拠点に活動するブランド「KILLYEDNA(キリィエドナ)」が
東京・池袋 西武池袋本店2F 中央レジ横スペースでポップアップイベント(~4月7日)を開催中です。
01ブログタイトル.png

ピアス、ヘアターバン、春色のブラウス、ワンピースに加え、ガーゼマスクが登場し、大人気!
\ 国内の熟練職人がつくる、上質なガーゼマスク /
「いま、なにかできることを と思い、製品化したダブルガーゼハンカチをリメイクして つくりはじめました。
初回納品分はすぐに完売。国内の熟練職人さんに縫製をお願いして追加生産の体制が整いました。3か所に分かれていて送料などのコストが・・・
一枚 1800円と少し高くなってしまい心苦しいです。
とにかく、この大変な時期を乗り越えるため、お客さまのニーズに、できるだけお応えしていきたいです」と デザイナー 高橋華子さん。
02-scaled-e1585722667859  キリィエドナ.jpg
\ 洗いざらしでも<きちんと感>のある印象に /
男性にも好評なのだとか。

「男性でも大丈夫ですか?とのお声も多いです。ゴムひもを結んでいない状態で販売していますので、ご自分のサイズに合わせてゴムの長さを調整できますよ。

何度も繰り返し使用することを重視し、洗いざらしでも形が崩れにくい立体的なフォルムにしました。仕事などのオフィシャルなシーンでも<きちんと感>のある印象になるよう意識しています。
(マスク不足の長期化・定着化、布マスク着用者の増加によって、清潔感やスタッフの統一感も重視されはじめ)
オフィスや店舗、売り場によって<布マスクの着用は、白のみ>というルールもあるようです。お客さまからのご要望も増えていますので、白の追加生産をかけました。2週間ほどかかります。

抗菌加工まではできないのですが、何度もサンプルをつくり家族で試し試行錯誤して、やっと納得いくものになりました。少しでもお役に立てるとうれしいです」(高橋さん)

肌にやさしく繊細な風合いのガーゼマスク、布マスクは、手づくり感がカジュアルすぎて・・・とお悩みのかたにぴったり。ブラウン系、アースカラーなどもラインナップし、この春の着こなしにも合わせやすいのがいいですね。
★西武池袋本店は、土曜・日曜の営業取りやめを発表。2020年4月4日・5日・11日・12日は臨時休業となりました。
★ホップアップの会期は4月7日まで。なお、マスクはポップアップ終了後も、店頭展開が続きますので、ご安心を。

★営業時間、在庫が日々変化していますので、お出かけの際は、最新の状況をご確認ください。
最終更新:2020年4月5日
1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top