Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

恒例イベント「デザビレ蚤の市」延期決定

イースト東京のランドーマーク、インキュベーション施設「台東デザイナーズビレッジ」の恒例イベント、「デザビレ蚤の市」が3月7日に行われます。
「デザビレ蚤の市」の延期が決定しました。日程など、また改めてお知らせします。
ER1cWw6UUAAXjoK.jpg
(画像:「trooms」SNSアカウントより)
freamarket.jpg
入居&卒業生ブランドが私物、什器、端材などを大放出!
リピーターのかたが多いイベントなので、朝から行列ができ、オープン直後が大変混雑が予想されます。ゆっくりご覧になりたいかたは、お昼すぎのご来場をおすすめします。
とっておきのレアアイテムとの出会い、お見逃しなく。

*   *   *

毎年恒例、デザビレ卒業時期に合わせて開催しているデザビレ蚤の市!
元々は引越しのためのガレージセールから始まった企画です。

クリエーターの私物や商品サンプルやB品や素材、私服、アクセサリー、家具などなど。
デザビレのメンバー達ならではの、センスが光る逸品や掘り出し物まで、
さまざまなモノを大放出します!何があるかは当日のお楽しみ。
ぜひお越し下さいませ。

■日時 2020年3月7日(土)10時から17時まで
■会場:台東デザイナーズビレッジ ショールーム、ギャラリー
台東区小島2-9-10
地下鉄大江戸線 つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口徒歩1分

◆入居ブランド
参加者
・MANAMI SAKURAI(テキスタイル)
・hatsuyume(ジュエリー)
・Lueur(アクセサリー)
・VALENTIJN VANMEIR(アパレル)
・Canako Inoue(テキスタイル/アパレル)
・Nando Jewely(ジュエリー)
・Trooms(皮革製品)

卒業生
・Rocha(雑貨/ジュエリー)
・ミズイロトシロ(アクセサリー)
・comma(皮革製品)
・Bahar(雑貨)
・m.ripple(皮革製品)
・Fillyjonk(ジュエリー)
・UAMOU(アート/文具)
・EmiriA(ジュエリー)
・tete(バッグ・皮革製品)
・tactor(アパレル)

◆申込みは不用です。当日会場にお越しください。

近隣では月イチ蔵前や、おかず横丁のものづくり横丁なども開催。
街歩きもお楽しみください。

「月イチ蔵前」http://monthly-kuramae.com/

「ものづくり横丁」https://www.facebook.com/monoyokocho/

(テキスト:「台東デザイナーズビレッジ」公式サイトより)

*   *   *

「台東デザイナーズビレッジ」http://designers-village.com/dezaville/2020freamarket/

肌にやさしいマスクをガーゼハンカチでDIYしよう ものづくり館 by YKK「縫わずに簡単! 手作りマスク」3月10日から

世界的ファスニングメーカー「YKK」のイベント及びコミュニティ施設「ものづくり館 by YKK」で特別ものづくり体験ワークショップ「縫わずに簡単! 手作りマスク」が3月10日からスタートします。
マスク1.png
マスク2.png
ガーゼハンカチは肌触りがよく、吸水性が高いのが特長。YKK製の樹脂スナップを留め具として使用しています。ストラップを付け外ししやすいので、洗濯ができ、繰り返し使用できるのがうれしい。
マスク3.png
20200224162437_11.jpg
市販のマスクと組み合わせて、取り換えシートとしても使ってもいいですね。ご自分用はもちろん、たいせつなかたへのギフトとしてもおすすめです。
(画像:「ものづくり館 by YKK」公式サイトより)
*   *   *
マスクが買えずに困っている方におすすめのものづくり体験です。
YKK製の樹脂スナップと「オブラブ」のガーゼハンカチを使用して、縫わないマスクを作ります。耳掛けは浅草橋にある「(株)コンポ」で販売している商品を使用しています

綿ガーゼマスクの良いところは吸湿性。マスクをつけたままくしゃみをしてもガーゼが吸水をするため、不快感が残りません。また保湿性が高く、喉を乾燥から守ってくれます。
スナップを使用していることもあり、市販のマスクと組み合わせて使用することも可能です。(使用方法は写真を参照)

お肌に優しいオブラブのガーゼを使用したマスク作り、ぜひご参加ください

■開催概要
実施日:3/10(火)・12(木)・16(月)・18(水)  
受付時間: 10:00〜13:00、14:00〜16:00
予約: ご参加される方は monozukuri@ykk.com まで事前にご連絡お願いいたします
価格: 500円

*生地色は複数よりお選びいただけます
*ガーゼマスクとなります。フィルターはついていません。

「オブラブ」https://www.ovlov.jp/
やさしいガーゼ オブラブは、肌に触れると心地よい、ガーゼの製品を作るブランドです。
赤ちゃんから大人まで春夏秋冬季節を問わず使っていただけます。
(テキスト:「ものづくり館 by YKK」公式サイトより)
*   *   *

ものづくりのまちを代表する腕利きたちが集結! 「まちのかばんやさん ~新墨田鞄工会~」2月28日スタート

東京スカイツリータウンの商業施設、東京ソラマチ内の「墨田区産業観光プラザ すみだ まち処」で恒例のポップアップイベント「まちのかばんやさん ~新墨田鞄工会~」が2月28日から行われます。
ヒズファクトリーさん.png

(画像:「HIS-FACTORY」公式サイトより)
「ものづくりが盛んな墨田区では、神社・公園・カフェなどでマーケットイベントが多様に開催されています。そうした場所で、作り手として出会った皮革製造者同士のネットワークをもとに、まちのかばんやさんは構成されています。
以前にどこかで目にされた、見覚えのある革アイテムがあるのでは? ちょっと珍しい、こだわりの詰まったものが集まっています。ぜひ、ご覧ください」(企画ご担当「Atelier Yauyau」吉武真理さん)。
22045915_1647825875291931_1755090885878631176_n.jpg
吉武さん新作.jpg
(画像:「Atelier Yauyau」SNSアカウントより)

「まちのかばんやさん」は「革製品のお店」をイメージした期間限定の展示販売会。老舗ファクトリー「丸ヨ片野製作所」、腕利き職人 中野克彦さんが手がける「HIS-FACTORY」、女性クリエイター 吉武真理さんによる「Atelier Yauyau」をはじめ、新規出展者が加わり6社で構成。
86980650_3524291100978723_5666223802401423360_o.jpg
(画像:「まちのかばんやさん」イベントページより)
「新しい出展者さんがおふたり。情報がそろってみると、(これまでの)イベントイメージがまたガラッと変わった印象がありました。この変化、私が感じたように、会場にもあふれますように」(吉武さん)。

あたたかな手仕事のやさしい空気感が漂う、「まちのかばんやさん」。新しい旅立ち、新しい生活に寄り添ってくれるバッグに出会ってください。
「まちのかばんやさん」https://www.facebook.com/events/669786530494126/
   
1/7 1 2 3 4 5 7

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top