Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「素材博覧会 -YOKOHAMA 2020 冬-」スタート レザーファン注目のワークショップ&セミナー超充実

ハンドメイド素材の未知なる魅力と出会うトキメキの三日間「素材博覧会 -YOKOHAMA 2020 冬-」が神奈川・横浜 横浜港大さん橋ホールで本日1月30日からスタートします。
糸・布・革・ガラス・石・樹脂・メタル・陶・木・紙・・・さまざまな素材、ハンドワーク関連アイテムの展示販売はもちろん、今回もレザーが充実。お馴染みのイベント「本日は革日和♪」のブース、セミナーが登場します。

人気ショップ<レザークラフトフェニックス>を中心に皮革関連企業が合同で参加。
「本日は革日和♪」主宰 村木るいさんによる恒例のセミナーは、「人に話したくなる革セミナー 革が出来ること・革じゃないと出来ないこと 」「しくじりハンドメイド作家さん 」「ハンドメイドイベントレポート~イベントをどう活用するべきか? 」「お金の話をしよう! ハンドメイドの値段の付け方セミナー 」と超実践的な内容がズラリ。
今回は、明治28年創業、播州三木の老舗金物メーカーが手がける刃物ブランド<Fedeca>が出展。
アウトドア、キャンプ、DIY、ステーショナリー、クッキングを軸としたライフスタイルを彩る新しい刃物製品を紹介するほか、開発に協力した<PENGURI LEATHER AND FABRIC>をゲストに迎えます。
レザークラフトナイフの使い方レクチャー、ワークショップ、レザークラフトの楽しみ方のご提案も加え、盛りだくさん。

「今後、関東でPENGURIさんをお招きしてナイフのレクチャーを受けることができる
機会は少ないと思います。とても貴重な機会ですので、ぜひぜひ、お越しください!!」と熱いメッセージが。
お出かけの予定のかたは立ち寄ってみては?
83285701_2583309391767478_7732335420918202368_o.jpg

「おもちコインケースをつくろう! 」
日程:1月30日・31日・2月1日
時間:①10:30~11:30、②12:00~13:00、③14:00~15:00、④15:30~16:30
費用:参加費 1,600円(税込)
備考:カラーは写真の9色から選べます(先着順)
   事前予約受付中! エントリーはリンク先のフォームから
てのひらサイズのコインケースです。正面のホックで開閉し、一部屋構造です。

縫い目を内側に返しているので、ぷっくりと自然な膨らみが出ています。別パーツでマチなどを取っているわけではありませんが、この膨らみのお陰で容量は大きめです。
縫製部分を横から押すことで口が大きく開きます。小銭以外にも、アクセサリーやイヤホンなどの収納にも使えます。



「FEDECAレザーナイフの初挑戦にふさわしい型紙を、ということでいろいろ考えてみましたが、直線のカットだけでなくいろんなカーブや細かいアールにもトライしていただきたくて、ぷっくりとしたコインケースを作ってみました。
縫いを内側に返していて縫い目が外からは一切見えないので、「THE★レザークラフト!」といった感は控えめですが、容量は大きめになるし中身は取り出しやすいし触った感じもぷっくりしていて気持ちが良いし(重要)、とにかく「使いやすいコインケースを作ろう!」という点を大事にデザインしています。せっかく作るなら、長い事使いたいじゃないですか!
縫いが内側なのはこのように容量や丈夫さ等の結果なのですが、トライされた方からは「私の縫いは粗いから、目立たなくて嬉しい...」という遠慮深いコメントをいただきました。そういう見方もありますね。
革はレザーナイフキットにも使っているベジタブルタンニンレザー『バサラ』を使います。色は9色、キャメル・モカ・レッド・グリーン・イエロー・ブラウン・ネイビー・アンダルシア・チョコをご用意していきます。そんなにいる?バサラ特有の手もみ加工の面白さ、是非現物ご覧になってくださいな!

ホックをボタンに変えたり、ヒモを通して首掛けにしたり、タブを挟み込んでみたりと、慣れてくればこの型でいろんなアレンジもできます。バサラのハギレも持っていきますので、いろんな形でトライしてみてくださいませ」と<PENGURI>ご担当者からのメッセージ。これは気になりますね!

会期は2月1日まで。お見逃しなく。(テキスト:<TIME & EFFORT>SNSアカウントより)
「素材博覧会 -YOKOHAMA 2020 冬-」http://sozai-expo.com/yokohama20wn/index.html
1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top