Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

東京産ピッグスキン&姫革 姫路プレミアムレザーが出展「JFW ジャパン・クリエーション2020」

繊維総合見本市「JFW ジャパン・クリエーション2020」が東京・丸の内 東京国際フォーラム ホールEで11月19日からスタートします。
和歌山JC1811.jpg

日本国内産地とアジアのトップ企業が集結し、シーズントレンドに沿った「高品質・高付加価値」の2020年秋冬向けマテリアルを発表。東京、姫路、和歌山などの産地から皮革関連(毛皮含む)も出展。

姫革 姫路プレミアムレザー(姫路市花田町)が初参加。

従来のファッション関連だけでなく、ライフスタイルや生活雑貨関連など、幅広いマーケットへ提案。今回は大昌、ヒライコーポレーション、オールマイティ、カドヤ商店の4社がグループ出展します。
「花田町高木地区のレザーは細かな加工プロセスなど、手間をかけたなめしや仕上げが特徴。日本産の馬革はほぼ 95%以上がここで生産されています。
JFW-JC では、とくに環境問題に対応したエコレザーを中心に地域性を生かしたオリジナルレザーを出品。
クロムフリー革、白なめしとその染色、藍染牛レザー、兵庫県の害獣対策資源の鹿革や猪革などです」(「JFW ジャパン・クリエーション2020」プレスリリースより)
東京都、東京製革業産地振興協議会が主催する<PIGGY'S SPECIAL> が毎回好評です。東京で生産されるピッグスキン(豚革)を使用した東京を代表する若手デザイナーのカプセルコレクションを発表。
今回は<NAPE_>、<kotohayokozawa>、<MEGMIURA>の3組。
ランウェイ・ショーは2日め、ロビーギャラリー 特設ステージで行われます。
JC19.jpg
ピッグスキンは日本国内で自給できる唯一の素材。軽くソフトな質感、可塑性の高さと地場ファクトリーの優れた加工技術が特長。近年ではユーザーが購入後に洗濯できる加工、撥水加工ほか、新しい機能性、付加価値を追求しています。
新たなトレンド提案もどうぞお楽しみに。(画像:昨年度開催時に撮影)

「JFW ジャパン・クリエーション2020」http://www.japancreation.com/index2.html

国産天然皮革の魅力を発信! 小倉井筒屋「日本革市」開催中です

先日もお知らせしましたが、国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」が福岡・北九州 小倉井筒屋でスタートしました。
75472718_2671105866266641_4237570040251023360_n.jpg

恒例となっている小倉井筒屋での開催。今年は二週間、と会期が二倍に。週ごとにブランドを入れ替え、計15社が出展。
74211314_2671105929599968_2585969168624910336_n.jpg
第一週は8社が出展。この秋の旬のトレンド、モード感あふれるクリエイターのアイテム、ファクトリーブランドがつくるシンプルな定番・・・とバリエーション豊富。
熟練の男性職人から瑞々しい感性の若手女性クリエイターまで幅広いメンバーとなっています。
72610649_2671106936266534_7771061706507157504_n.jpg
そんな、「多様性」の時代に相応しいラインナップとなっているので、お気に入りがきっと見つかりそうですね。第二週は11月20日から。人気ブランド<パーリィー>をはじめ、7社が出展します。
<パーリィー>では、ワイルドな鹿革、<エルク>を使用したコレクションが好評。モフモフした質感がたまらない魅力です。
パーリィさん パープルc.jpg

発色が美しい、パープルが仲間入り。バッグチャーム(フリンジ)、革文具、スマホまわりの小物(コードホルダー)が1000円台からそろいます。
77272414_422245302003085_4686205234316312576_n.jpg
ちいさながまぐちもかわいい。ギフトにもぴったりですね。会場でチェックしてみては?

「創悦 2020年春夏コレクション展示会」(東京・市ヶ谷)開催中 週末には「レザー絵馬ワークショップ」も実施

東京・市ヶ谷 クイーポビル1F エントランスで開催中の「創悦 2020年春夏コレクション展示会」にお邪魔してきました。
74577270_2571456992930065_6000722654347132928_n.jpg
<創悦>はジャパンレザーの魅力を国内外に広く伝えるため、2015年に立ち上げられた日本皮革デザイン促進委員会のオリジナルブランドです。
74911755_2571457132930051_4937436189494870016_n.jpg

2020年春夏コレクションのテーマは 「葛飾北斎×スポーツ」。躍動感あふれるコレクションを展開しています。
74306531_2571457196263378_2293714433886650368_n.jpg
オリンピックの競技種目であるスポーツをモチーフにしたウェア、バッグ、小物をレザーで表現したアートピース。国産タンニン鞣し牛革やピッグスキンを贅沢に使用しています。躍動感とアイディアいっぱいのデザインは見ているだけでワクワクしますね。
76645553_2571457246263373_3298025251098591232_n.jpg
このほか、競技種目の漢字表記と北斎漫画の登場キャラクタープリントしたレザートートバッグ(2020年3月下旬発売予定)も発表。観戦へのお出かけはもちろん、部屋のインテリアディスプレイとしても素敵。日本代表はもちろん、お目当ての選手、チームの応援にも力が入りそうです。
74664526_2571457039596727_6887030275893624832_n.jpg
また、週末(11月16日~17日11:00~19:00)には「レザー絵馬ワークショップ」が行われます。
北斎漫画が刻印されたナチュラルレザー×木の絵馬に好きなモチーフを組み合わせ、 電熱ペンやマジックでイラストや文字を書いてカスタマイズ。
形は通常の絵馬のほか、 丸形 、ハート形の3種類。チャームも革製で、日本で伝統的な縁起のいいモチーフである、桜、富士山、的、なすび、達磨の 5種類から選べます。
試験を控えるかたへのギフトや、自分自身の目標達成のためのお守り的な存在にもなりそう。参加費は 1 点につき、2500円(税別)です。
4/7 1 2 3 4 5 6 7

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top