Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

老舗・皮革卸売専門商社<吉比産業>が取り組む情報発信【ものこぼ春のビジネス情報セミナー】#2

先日もお知らせしましたが、<浅草ものづくり工房>で恒例のビジネス情報セミナーが2月1日(金)に行われます。

「ネットBIZ時代のものづくりマーケティング」をテーマに、二部制で開催。ウェブマガジン「B.A.G. Number」編集長 川﨑さんとともに、私、スズキがご依頼いただきました。
クリエイター、ものづくり企業のための情報発信講座「定番に革新と感動を!」から。時代とともにユーザーの意識の激変し、定番アイテムも大きく変わりました。そんな価値観、購買傾向の変化の解説とともに、SNS時代に合わせた、情報発信のための心構え、準備についてご提案。

ウォーミングアップしていただき、第二部へ。トークゲストをお招きします。<ボエムプリュスボーデッサン> 生嶋時彦さんに続き、二組めのゲストをご紹介。
吉比さん 個展エントランス1901.jpg
130年以上の歴史をもつ革の卸売専門商社<吉比産業>吉比 浩社長、SNS担当 溝口祐美さんから現在取り組むSNSアカウントの運用や情報発信について、現場のリアルなご意見をききます。
吉比さん 社長、スタッフさん、川﨑さん.jpg
革の卸売専門商社・吉比産業は「革の真ん中に。」をコンセプトに、タンナーとメーカー、仕入先と卸先、職人とデザイナー、日本の革と海外の革など、革にまつわる すべての真ん中にある老舗企業です。皮革素材を通して生活文化の向上に尽力。 皮革関連の各産地特有の個性を生かしつつ、二―ズをとらえた皮革素材を研究開発、提案に信頼が寄せられています。
吉比さん 個展 星柄r 1901.jpg

こちらは皮革産地・和歌山でつくられた星柄のエナメル。加工を組み合わせ、染色を重ねて仕上げられました。陶器のような質感、にじむような色のグラデーション、ラメの穏やかな光沢もいいですね。
同社では、このところ何シーズンも星柄をフィーチャー。個性的なデザイン、加工が見つかると、業界関係者の話題に。そんなPRの立役者がSNS。日本でいちばん歴史のある革の会社が、積極的にSNSを活用し、情報発信しています。新人の女性スタッフを担当者に任命。瑞々しい感覚と写真のセンスが、若い世代のビジネスパーソンをとらえています。

<吉比産業>では若手社員の育成、社内コミュニケーションの円滑化を兼ねてSNSを運用。公式サイトもリニューアルし情報発信で成果を上げています。
先輩スタッフに名称、特長を確認しながら、投稿するなかで着実に学んでいるようすが伺えるのも素敵ですね。SNSの業務が人材育成と社内コミュニケーションにもつながって。風通しがいい社風が伝わりますね。
明日から参考にしたいアイディア、若い世代の女性ならではの発想、写真撮影、ハッシュタグの選定などもおききする予定です。


<浅草ものづくり工房>春のビジネス情報セミナー
「ネットBIZ時代のものづくりマーケティング」
日程/2月1日(金) 18:00~20:00
場所/浅草ものづくり工房(東京都台東区橋場1-36-2)
WEB /http://monokobo9.com/





このエントリは、「装苑オンライン」<ブログ>とのシェアコンテンツです。
元記事を読む http://soen.tokyo/blog/kiyoyuki/


1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top