Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

新感覚レザーシューズ「Japan Leather Award 2018」表彰式・受賞作品展示イベント レポート

国内最大のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award(ジャパンレザーアワード)2018」の表彰式が11月17日(土)、東京・二子玉川 二子玉川ライズ ガレリアで行われました。
46492858_1875522475879820_805902981907087360_n.jpg
今年で11年めを迎える「Japan Leather Award」は、レザーコンペティションイベントにとどまらない総合的なレザームーブメントの場として2008年より始動。つくり手とつかい手がコミュニケーションできる場を提供することで、ジャパンレザーの魅力を発信しています。
応募部門はフットウェア部門/バッグ部門/ウェア部門/フリー部門の4部門。
フューチャーデザイン賞(新奇性、新たな市場形成の可能性を評価/賞金10万円)、ベストデザイン賞(優れた商業的な価値を評価/賞金10万円)の各2賞が。さらに学生部門(最優秀賞/新奇性、発展性を評価/賞金10万円)があり、グランプリは上記9賞の中で最も優れた作品から選ばれ、賞金30万円と3つの中から選べる副賞も用意されました。

審査員長は東京藝術大学美術学部教授 長濱雅彦さん。特別審査員としてドン小西さん。阿部浩さん(レガーレ)、天津憂さん(エーディグリーファーレンハイト)、有働幸司さん(ファクトタム)、鎌倉泰子さん(フリーランスバイヤー/ライター)、佐藤直人さん(NAOTOSATOH)、橋本太一郎さん(ノーノーイエス)、矢口真弓さん(PR・アドバイザー)、伊藤瞳さん(ウェブメディア「Fragments」編集長)、吉田 けえなさん(ライター/マーケティングディレクター)と活躍中のデザイナー、ビジネスパーソンが審査員をご担当。各ジャンルでご活躍の経験、見識を生かして、それぞれの意見を交わし、255点もの応募作品から厳正に審査されました。
46495690_1875518045880263_3828110398238752768_n.jpg

グランプリおよび各部門賞、特別賞を発表し、受賞者の皆さんを表彰。グランプリはフットウエア部門 吉田卓巳さんに決定!
46492566_1875512289214172_9205011751744045056_n.jpg
 
アッパー、ソールともに使用したレザーに切込みを施し、サイズをアジャスト。
革靴のきちんと感、スニーカーのカジュアル感、コンフォートシューズの快適さ、
それらを内包しながらもシンプルにクールに表現した一足です。
46488252_1875510842547650_7363885866109894656_n.jpg
「人の足の特徴はさまざまです。しかし、ひとりひとりの足に適応する靴は既製のものでは存在しない・・・そんな当たりまえの問題を解決すべく、どんな足にも合う靴の提案をしたいと思いました。この靴は革に切り込みを入れ、場所によって切り込みの形や素材を変えることで伸縮を可能にし、ソールにも同様に切り込みを入れることで靴全体が動き、サイズの調節を可能に。革が持つ形状記憶力を利用し、履き続けることでその人の足の形になっていき、その人のための靴に変化する。そんな、ビスポークとも違う、履くひとだけの靴、です」(吉田さん)。
img_grandprix02.jpg
審査員長の東京藝術大学 教授 長濱雅彦さん、特別審査員 ファッションデザイナー ドン小西さんがナビゲーター、プレゼンターとして登壇。締めくくりとして、おふたりが選出した審査員特別賞についてのご意見ともに総括を。「物語がにじみ出ている作品が多く、とても素晴らしかった。新しい時代のニーズをとらえ、生活をイメージできている作品を評価しました」(長濱雅彦 審査員長)。「ユニークでセンスのいい作品が増え、全体的にグレードアップしてうれしい」(ドン小西 特別審査員)。
デザイン界、ファッション界を代表するような立場から、真摯にコメント。ジャパンレザーがさらに盛り上がるように、とのあたたかな想いが込められて。来場者の胸に迫りました。
46506144_1875511589214242_7029403670047358976_n.jpg

学生部門 最優秀賞 川嶋 望愛さん(兵庫県立姫路工業高等学校/同校 宇佐美清香さんとの共同製作)が初の高校生受賞! 同校の指導をなさっている椎名 賢さん (Ken Shiina Design Laboratory)も審査員賞をダブル受賞。新聞に取材されるなど、注目を集めました。近日中に掲載となるそうなので、楽しみですね。
46463193_1872187919546609_5385914935081435136_n.jpg
このほか、各部門賞、特別賞は「Japan Leather Award 2018」小冊子、および公式サイトで公開。受賞作品ともに、つくり手の想い、作品の特長を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
DsK4HnzUwAEst8c.jpg
会場ではすべて受賞作品を展示。一般公開し、ユーザーさんがお気に入りを選出。会場で配布される用紙に選んだ作品のお気に入りポイントを記入し、その結果をまとめ、応募したクリエイターにフィードバック。審査会含め、今年度の投票(ユーザー)結果は集計せず、ランクづけなどは行いません。
DsK4I_mXoAM8I5W.jpg
投票に参加してくださったユーザーさんには、昨年度の受賞者 濱口真奈さん(2017年度 フリー部門フューチャーデザイン賞受賞)による特製・レザー指人形をプレゼント(先着200名)。動物(犬・猫)モチーフでナチュラルなテイストが人気。期間中、120個の準備数が各日とも約1時間でなくなりました。

参加型プログラムが盛りだくさん。
靴磨き芸人 奥野 奏さんによる実演、レザーケアインストラクター いちかわたかおさんによるレザーケア相談、今年度の受賞者 小池文枝さん<ヒノホ>、歴代の受賞者 加藤光也さん<革工房アバッリ>が出展。
46513507_1875543419211059_678611099125284864_n.jpg

牛ヌメ革を染色し葉っぱのようにするオリジナルの技術を使った小物。本物のサクラの葉っぱをモデルに鋸歯のギザギザや葉脈をつけており、裏面も同じように染色しています。
DsK8j9IXgAEV41i.jpg
サイズを変えて、ミニバージョンのアクセサリーづくりワークショップも好評でした。
46471858_1875541655877902_2619213379432087552_n.jpg
DsQGqkSVYAEbFnG.jpg
<革工房アバッリ>は歴代の受賞作品、2点をはじめ、定番&新作をラインナップ。
DsK-xHVXQAAMkcw.jpg
新作、マルチキーケースが人気! 大きめサイズのスマートキーをすっぽり収納。
DsQJqDPVYAAlzyr.jpg
寒冷地には欠かせない、自動車用のエンジンスターターも収納できるそうですよ。
加藤さん自身が新潟県にアトリエを構えているので、そのリアルな体感が生かされています。
DsQJmo9U8AUX97C.jpg
手のひらにしっくり馴染みます。紙幣やカードの収納スペースも。キャッシュレス時代が進行するなか、現金もまだまだ使いたい・・・過渡期である現在のニーズにぴったり。ステッチをアクセントにし、ハンドワークのぬくもりもプラス。スマートフォンとの持ち合わせもよい逸品です。
46488273_1875521175879950_3526901614466039808_n.jpg

また、歴代のグランプリ、部門賞受賞者を輩出した杉野服飾大学ファッションプロダクトデザインコースによるレザーフェイスチャームづくりワークショップを同時開催。
46361132_2016071268452372_7067466125491044352_n.jpg
さまざまなパーツ、カラーを組み合わせて、おひとりおひとりのオリジナルをカスタム。ファミリー層を中心に大人気。お子さんも楽しそうになさっていました。
46458735_1875507242548010_3361966276070080512_n.jpg
審査会に続き、登場の奥野さん。
動画共有サイト ユーチューブやツイッターで注目のインフルエンサーです。
計5回の実演に各回ファンのかたが駆けつけ、わかりやすくデモンストレーション。
46468566_1875504795881588_8459892388255498240_n.jpg
多くのひとが行き交う往来のなかから「あ~おっくんだ!」「あのユーチューブの」「チャンネル登録してるんだ」との声が。認知度、人気の高さはもちろん、その技術、トークの確かさで、来街者が立ち止まり、毎回人垣ができました。
46463890_1875498702548864_2674929000865857536_n.jpg
今回は「Japan Leather Award 2018」に合わせ、歴代の受賞作品の靴を履き、
受賞ブランドの靴(ともにヒロカワ製靴/スコッチグレイン)で実演。
46493140_1875501985881869_3161630434241019904_n.jpg
そんな細かい気配りも来場者の皆さんに伝わり、靴が生き方の象徴と共感の軸に。
DsK63aHU8AEqGDX.jpg
レザーケアインストラクター いちかわたかおさんのレザーケア相談も大好評。
国内ケア製品のトップメーカー コロンブスから独立。45年ものキャリアを生かして、多方面でご活躍です。
46491610_1875542462544488_1203443097535512576_n.jpg
今回は、幅広い世代のユーザーさんがご参加。カジュアルスタイルのかたよりも上質な製品を好むかたが「お手入れ」に関心を示し、多数お立ち寄りくださいました。
今年度の表彰式、受賞作品展示イベントは大阪から東京に変更。二子玉川での開催も初めてです。阪神間エリアの阪急沿線と並び称される、東急沿線。都心とは異なる、感度の高い国内ユーザーが居住し、なかでも、二子玉川ライズは楽天グループほか、金融機関のオフィスが入居しています。
クリスマスを控えた、ボーナス直前のタイミングということもあり、ギフトや自分へのご褒美ニーズが高まる時季。「いい靴は素敵な場所に連れて行ってくれる」というヨーロッパのことわざがありますが、富裕層や可処分所得が高いビジネスパーソンは重ねた経験でいいものを愛着することのメリットをよくご存じだ、と改めて実感しました。日本の革と革のものづくりをPRするための最高のステージとなったようです。
「Japan Leather Award」は時代の気分を反映、先取りしたジャパンレザーの「登竜門」。毎年、見直し・改善があり、つくり手・つかい手、双方にとって、より魅力的に、進化し続けます。
ジャパンレザーの新しい「スター誕生」をどうぞお楽しみに!

「Japan Leather Award 2018」http://award.jlia.or.jp/2018/
このエントリは、一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」とのシェアコンテンツです。
元記事を読む

台東区立産業研修センター(東京・奥浅草)「ファッション・マーケティング講座」11月29日開催

東京・奥浅草 台東区立産業研修センター恒例企画「ファッション・マーケティング講座」が行われます。2019年春夏シーズンの商品トレンドに加え、19年秋冬のカラートレンドをいち早く紹介。
JC19.jpg
(「ジャパンクリエイション」<東京製革業産地振興協議会>ブースより)

ジャルフィック代表 池田正晴さんが登壇。「ジャパンクリエイション」<東京製革業産地振興協議会>、「東京レザーフェア」<トレンドラボラトリー>ほか、さまざまなプロジェクトを手がけ、国内のレザートレンドの分析・提案における第一人者として知られています。
Eメール(kensyuusenta@jcom.home.ne.jp)での申し込みが可能となり、さらに便利に。参加者の住所、氏名、電話番号(日中)<在学・在勤のかたは、勤務先(団体/学校)名、所在地、電話番号>を明記してください。受講料1000円。定員30名(先着順/事前申し込み制)。
「ファッション・マーケティング講座」

日程/11月29日(木)18:30~20:00
場所/東京都台東区橋場1-36-2 
WEB /https://www.taito-sangyo.jp/04-life/pdf/201809.pdf

新しい付加価値が注目される東京産ピッグスキンほかレザー関連も出展「JFW ジャパン・クリエーション2019」11月21日から

繊維総合見本市「JFW ジャパン・クリエーション2019」が東京・丸の内 東京国際フォーラム ホールEで行われます。日本のものづくり産地が出展する国内最大規模の同展では2019年秋冬向けの素材を発表。東京、和歌山などの産地から皮革関連(毛皮含む)も出展予定です。

24068044_1523981080984057_332390455933633411_n.jpg

24174712_1523981317650700_6679710181344546977_n.jpg

東京都、東京製革業産地振興協議会が主催する<PIGGY'S SPECIAL> が人気。東京で生産されるピッグスキン(豚革)を使用した東京を代表する若手デザイナーのカプセルコレクションを発表。今回は<MEGMIURA>、<SHIROMA>、<Romei>の3組! ランウェイ・ショーも好評ですよ。

24294122_1529710407077791_9188006672065860250_n.jpg

ピッグスキンは日本国内で自給できる唯一の素材。軽くソフトな質感、可塑性の高さと地場ファクトリーの優れた加工技術が特長。

24294126_1529710373744461_9078087979206187530_n.jpg

近年ではユーザーが購入後に洗濯できる加工、撥水加工ほか、新しい機能性、付加価値を追求しています。さらに放湿性、表面の摩擦に対する強度に優れ、スマートフォン関連アイテムとの親和性も注目したいポイントです。

24294306_1529710350411130_6037960495600804298_n.jpg

(写真:すべて昨年度開催時のようす)


会場で設置・配布予定のブックレット最新版では、一部、取材ご協力させていただきました。どうぞご一読ください。

JFW ジャパン・クリエーション2019」

日程/11月21日(水)~22日(木)10:00~18:30(最終日は18:00まで)
場所/東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム
WEB /http://www.japancreation.com/index2.html

このエントリは、「B.A.G.NUMBER LENS」とのシェアコンテンツです。
元記事・アーカイブはこちらから
http://bagnumber.tokyo/
「B.A.G.NUMBER LENS」
日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」にフォーカスしたトピックを発信中!

3/8 1 1 2 3 4 5 8

MAGAZINE

『装苑』2019年9月号、7月26日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top