Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

バッグブランド<アプローズ>のポップアップイベント開催中

藤和商会 オリジナルブランド<アプローズ>の期間限定イベントがスタート。タウンカジュアルバッグ、財布、キャリーバッグまで幅広く扱う山形・米沢のバッグ専門店<モリタ>イオン米沢店で行われています。


「進化形ナチュラル」をテーマに、使う人の日常でそっと寄り添い応援する<アプローズ>をコーナー展開。インポート、ライセンス併せ、海外ブランドが多いラインナップのなか、国産牛革を使用し、国内で生産する<アプローズ>の個性、存在感が際立って。

米沢モリタさん フェア1806.jpgのサムネイル画像

レザーをパッチワークで仕上げた<ピオニー>シリーズは、トートバッグ、ショルダーバッグ、リュックの4型すべて1万円台。クオリティとプライスのバランスが抜群です。ブラウン、ホワイトに加え、華やかなカラーもラインナップ。フルーツ王国、山形を象徴するかのような豊かなレッド、吾妻連峰のような深いグリーン。ご当地の名産・名所を彷彿とさせる色合いが好評だそう。

アプローズ1806.JPG

「<アプローズ>のブランドコンセプトは"私らしく生きる人へ"。お買い求めいただいたお客さまご自身の"私らしさ"の表現、コーディネートのお役に立てますように。
この機会にぜひ、<アプローズ>のバッグを手にとってご覧ください。ブランドに共感くださり、素晴らしいフェアを企画、実現してくださった<モリタ>イオン米沢店ご担当の皆さまへ感謝を申し上げます」と藤和商会 細江ディレクター。また、営業ご担当 玉井さんを通じて、写真をご手配いただきました。ご協力ありがとうございます。

米沢は米沢織、米沢焼のほか、人形などの民芸品など、伝統を受け継いだものづくりが盛んな土地柄。審美眼を磨き上げたユーザーさんが多く、注目されているそうです。会期は今月末まで。どうぞ、お見逃しなく。

「アプローズフェア」

日程/6月1日(金)~30日(土)
場所/山形県米沢市春日2-13-4 イオン米沢店2F
WEB /http://www.bag-morita.com/c01shop/02yamagata/

このエントリは、「B.A.G.NUMBER LENS」とのシェアコンテンツです。
元記事・アーカイブはこちらから
http://bagnumber.tokyo/

「B.A.G.NUMBER LENS」


日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」にフォーカスしたトピックを発信中!

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top