Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

東京・町田<ギャラリーFUKUTA>で「初夏の帽子とバッグ」展がスタート

バッグクリエイター たかつよしえさんが参加するイベント「初夏の帽子とバッグ」展が、東京・町田<ギャラリーFUKUTA>でスタート。

32151984_1869143846716719_2937851711722618880_n.jpg

会場は閑静な住宅街に佇むギャラリーショップ(小田急玉川学園前駅が最寄り)。玉川学園、昭和薬科大学が点在する文教地区です。近隣にはTBSテレビの緑山スタジオもあるので、芸能関係者もちらほら。そんな周辺エリア在住の富裕層ユーザーが通う隠れ家的スポットのようですよ。

32105003_1869143883383382_8902708206577385472_n.jpg

バッグ、カゴ、帽子、小物・・・と、大人の女性へ向けて、初夏の装いに似合うエレガントなアイテムを提案しています。

*******

帽子は、オートモード平田にてデザインを7年半担当し、
オシャレで女性を美しく見せると定評のある
クボタエミコさんの作品。

使うほどに色つやの表情が生まれる

稲垣弘美さんの

夏にピッタリで、洗練されたデザインの籠バッグ。

エレガントで美しいデザインだけでなく、

使い勝手や色、金具等のバランス、裏地にもこだわっている

たかつよしえさんのバッグ。

(中略)

c0161127_14411506.jpg

お気に入りを見つけにいらしてくださいませ。

(「Gallery福田」オフィシャルブログより )

*******

バッグ・革アクセサリーブランド<Via (ヴィーア)>を手がける たかつさんは異ジャンルから転身したそう。ミュージカル・バレエ・ジャズダンスそしてボーカルなど、舞台の世界からバッグクリエイターに。ブランド名<Via >はイタリア語で、「道」「出発」「~を通って」という意味があるとか。

これまでの経歴が生かして つくられたバッグに、キラキラ輝きたい女性たちから共感が寄せられて。とても華やかなのですが、金具、裏地などのディテールにまで細やかな配慮がしっかりと行き届いているのがうれしい。ものづくりはストイックで丁寧。親友が手づくりでプレゼントしてくれたような、ハートフルなニュアンスが漂います。そんなギャップにもお人柄が反映されていて素敵ですね。

f0340942_14593747.jpg

こちらはメタリック調のトートバッグ。スペイン製のビニールコーティング生地を使用しています。水に強い特性があるので、海や山などのレジャーはもちろん、雨の日のお出かけも楽しくなりそうですね。

it-5adf3ef0646fb-1200.jpg

このほか、クラッチバッグ、バッグインバッグとしても使えるポーチもそろいます。大人世代の着こなしをアップデート。母の日のギフトにも最適です。初夏の訪れを感じさせる日ざしが戻りそうな、この週末。おさんぽ気分のお出かけにおすすめですよ。

「初夏の帽子とバッグ」展

日程/5月10日(木)~16日(水)10:30~18:00
場所/東京都町田市玉川学園8-13-30
WEB /https://viavitavia.exblog.jp/

このエントリは、「B.A.G.NUMBER LENS」とのシェアコンテンツです。

元記事・アーカイブはこちらから

「B.A.G.NUMBER LENS」http://bagnumber.tokyo/

日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」にフォーカスしたトピックを発信中!

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top