Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

注目ブランド< n.number >が大阪の人気ショップ< H.P.DECO 好奇心の小部屋 NO.1 >にローンチ

バッグリスト・三上直美さん(文化服装学院卒業生です)が手がける注目ブランド<n.number(エヌ・ナンバー)>が大阪で展開スタート! 人気ショップ< H.P.DECO 好奇心の小部屋 NO.1 >(なんばパークス)で販売されています。

ナンバイチ01.jpg

ナンバイチ02.jpg


「本質はシンプルで美しい」をポリシーに活動。車のシートや家具用の革を手がける国内のタンナーに依頼し独自開発したレザーはオリジナル柄のプリントと、クラック加工を革の片面ずつに施し、一枚でリバーシブルのような仕上がりに。

29595252_817172018469161_3447455400560435233_n.jpg


通常、表と裏が存在する革をどちらも 表にすることで一枚の革を魅力を最大限に生かして。その革にも特徴があり、質のよい地生(国産の牛皮の呼称)、北海道原産の牛皮を使用。素材づくりからすべてのプロセスがメイドインジャパンです。


原皮を輸入することが多い牛皮は、畜種、個体の特性も大きく異なるので、国内産は実現が難しく、かなりのチャレンジングですが、あきらめることなく初志貫徹。それぞれのプロセスでぶつかってしまった困難を、誠実なコミュニケーションでひとつずつクリアし、ついに実現! 難産の末についに生まれた とても希少なレザーなのです。

29386254_810307712488925_5182619804950855680_n.jpg


「使っていると荒ぶり感が出てきて、お財布は特にビンテージっぽくなります。
バッグはしっとりソフト感が増す感じに。お財布とバッグでは変化も異なるんですよ」と三上さん。


新ライン<Her truth(ハートゥルース)>も好評。「目で楽しんでほしい」との想いを込めた革小物です。こちらはゴート(ヤギ革)を都内のタンナーにて、なめし、染色、加工を一貫して行い、仕上げたもの。

spsn_06.jpg


そんなストーリーが秘められたバッグ、財布はビジネスパーソンのためのエールのよう。女性クリエイターの穏やかな情熱とあたたかい想いがじんわりと伝わります。働く女性たちのよき相棒、お守りのような存在になってくれそうです。

spsn_01.jpg


「欲しいものがきっとみつかる!オリジナル手帳、おしゃれで個性的なステーショナリー、ファッション小物を扱う」<MARK'S(マークス)>の直営店<オンラインマークス>でも展開中。新社会人の初任給の記念や、母の日のギフトにもぴったりですよ。

ナンバイチ03.jpg


< H.P.DECO 好奇心の小部屋 NO.1 >は、今年リニューアルし、話題のショップ。ア―ト感のある暮らしをテ―マに、部屋での時間を大事にする女性に向け、インテリア雑貨、洋服、アクセサリ―小物をミックススタイルで紹介。「PARISの部屋をイメ―ジし女性の中の女性的な感性で、クラシカルでエレガントな女性のライフスタイル」を提案しています。

H.P.DECO 好奇心の小部屋 NO.1

大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス2F
tel. 06.6649.5700
11:00~21:00 営業 (不定休)
http://www.hpdeco.com/

このエントリは、<TIME & EFFORT(タイム・アンド・エフォート)>フェイスブックページとのシェアコンテンツです。
元記事を読む https://www.facebook.com/timeandeffortginza/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2019年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top