Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「スーベニール バイ トーキョーレザー」東京ソラマチ<すみだまち処>で開催中

恒例イベント「Souvenir by TOKYO LEATHER(スーベニール バイ トーキョーレザー)~2018 SPRING~」<4月6日(金)~18日(水)10:00~19:00>がこの春もスタート。東京ソラマチ内の墨田区産業観光プラザ <すみだ まち処>で行われています。

30515697_1650798804968950_4068161742524383232_n.jpg

同イベントは東京都墨田区の鞣製業者を中心とした5団体で構成された東京製革業産地振興協議会が中心に運営。

30623635_1650798008302363_573868133949898752_n.jpg

区内でつくられた素材、企画・製造された<東京レザー>製品、ピッグスキン製品(バッグ、小物、雑貨)ほか、さまざまな革製品を展示販売。限定販売アイテム、特別プライスをお目当てにリピーターも着実に増えています。

30443111_1650798091635688_5283055433324429312_n.jpg

店内では<OZONE・企画>代表取締役 小曾根進さん自ら製作実演を披露。大量生産ではなく、ひとつひとつ丁寧に仕上げられるプロセスは、まさしく「つくり手の顔が見える」コト体験ですね。手さばきやミシンの音にひかれ、立ち止まり、作業を見学するかたが続々と。

30443427_1650798154969015_5083550624717471744_n.jpg

今回は色柄のバリエーションが豊富。トレンドカラー、パープルも充実しています。出店各社(<長坂染革 株式会社>、<ティー・ワイ・エムズ>、<兼子皮革染色工場>、<墨田キール>)よりピックアップ。絶妙な色合い、風合いのアイテムがそろいます。

30624458_1650798114969019_1417196498801655808_n.jpg

こちらは、<墨田キール>の<カラフルキールボックス>。27色展開です。東京産ピッグスキンを使用し、革の染色から製品までを一貫して製造しています。どこからでも開閉できるコインケースは、時短ニーズにマッチしていますね。

30594340_1650798041635693_8935717869220528128_n.jpg

スマートフォンやデジタル機器のコードをまとめる小物などあると便利な雑貨がいっぱい。

<三恵産業>のオリジナルブランド<Cetra(チェトラ)>はエレガントなテイストでピッグスキンの新しい一面を表現しています。トートバッグはリバーシブル仕様。艶やかなクロコダイル調型押し面としっとりとソフトなスエード面、どちらでも使用できます。

30581345_1650798161635681_5507539784609824768_n.jpg


裏地がない一枚仕立てでピッグスキンの特性である軽量感をさらに引き出しました。A4ファイルがすっぽりと収納できる大きめサイズなので、通勤・通学・お迎え・学校行事・小旅行・・・と幅広いシーンで活用できそう。同社のファクトリーがテレビ番組で取材され、近日放映される予定だそう。楽しみですね。

30582445_1650797951635702_7870279857681203200_n.jpg

また、新進クリエイターとのコラボレーションによる製品を特別出品。こちらは<墨田革漉>のブース。インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>を卒業したばかりの<カンマ>によるコレクションが登場しました。「ムダにかっこいい革小物」をはじめ、女性デザイナーの感性が生かされ、とても新鮮。クラウドファンディングプラットホーム<マクアケ>では伊勢丹新宿店での展示を行うなど、注目され、目標を達成。若い世代だけでなく大人の男性にも支持が広がっているそうです。

30515888_1650798028302361_5466642702290386944_n.jpg

出店社唯一のクロコダイルタンナー<藤豊工業所>。爬虫類を扱う他のファクトリーも減少傾向ですが、攻めの姿勢で挑んでいます。ファクトリー見学会などを積極的に実施し皮革業界・流通業界関係者が来訪。その技術力、品質の評価、認知がじわじわと拡大。オリジナル製品が有力百貨店で取り扱われ、好評です。

30516727_1650798001635697_2779035189894971392_n.jpg

会場で存在感を放っていたのは、シームレスコインケース。針と糸を使用せずにつくれられるそう。ラウンド型に加え、ハート型も。かわいさはもちろんですが、この形状は指をかけやすいので手に馴染み、使いやすいのがうれしいですね。

会期中、4月16日(月)は幸運日<天赦日>と<虎の日>が重なるダブルラッキーデーです。財布のお求めにぴったり。母の日ギフトにもおすすめですよ。


ファッションの発信地、東京の地場産業のひとつでもある、皮革産業。伝統を受け継ぎ、時代に合わせて進化し続ける鞣製・染色・加工技術は、しっかりと世界基準をクリアしています。色合い・風合いが秀逸で、トレンド性、付加価値性が高い<東京レザー>の地産地消のものづくりの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

「Souvenir by TOKYO LEATHER」


期間/4月6日(金)~18日(水)10:00~19:00
場所/東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F
WEB /http://machidokoro.com/event.html

このエントリは、一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」とのシェアコンテンツです。
元記事を読む http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top