Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

成人の日や就職のお祝いをDIYで<TIME & EFFORT>人気企画「ハンドメイドレシピ」<.URUKUST>のカードケースをつくろう

日本の革と革のものづくりの魅力を発信する<TIME & EFFORT(タイム&エフォート)>の連載企画「ハンドメイドレシピ」第三弾が好評です。今回は人気ブランド<.URUKUST(ウルクスト)>デザイナー 土平 恭栄さんに教わる、カードケースのつくり方。本格的な手縫いを二本針でチャレンジ!

news_171201_1.jpg

縫う部分が少なく、簡単なプロセスにアレンジしているので、ワークショップなどで手縫いを経験しているかたに最適。成人の日や就職といった人生の門出に相応しい贈りものになりそうですね。

<TIME & EFFORT>http://timeandeffort.jlia.or.jp/news/2017/12/01093539.html

土平 恭栄さんは革製品のDIYキットブームの先駆け的存在。機能性と簡潔さ、スタイルを兼備し、無駄なパーツを減らしたシンプルな構造で新しいデザインを発表しています。インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>入居中に国内最大級の日本製革製品のコンペティション「Japan Leather Award 2012」審査員特別賞を受賞しました。

03_img_last.jpg

現在、横浜市都筑区にアトリエを移転し、<FLANGEplywood>とともに株式会社上田制作室を設立、ショールームをオープン(次回は明日1月6日です)。ものづくりと平行し、ワークショップや技術指導ほか、つくる楽しさやその大切さを伝える活動に支持が広がって。

23517974_1606803899376941_8962062149303980067_n.jpg

2017年末、レザークラフトを提案する著書「手縫いで作る上質な革小物」(日本ヴォーグ社)を上梓。海外の展示会にも出展するなど、国内外で評価が高まっています。 (参照:<TIME & EFFORT>公式サイト)

<.URUKUST>http://urukust.com/


このエントリは、「B.A.G.Number」とのシェアコンテンツです。
元記事を読む http://bagnumber.tokyo/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top