Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

つくる楽しさ・つかう楽しさを提案! <タイム&エフォート>「ハンドメイドレシピ」大河なぎささんが教えるレザーポーチ&クラッチ

日本の革と革のものづくりの魅力を発信する<TIME & EFFORT(タイム&エフォート)>公式サイトの新コンテンツ「ハンドメイドレシピ」の第二弾が公開されました。

今回は人気ブランド<tokyo toff(トウキョウトフ)>デザイナー 大河なぎささんに教わる、手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグです。簡単にできるアイディア満載! 一本針で気軽に仕上げます。実物大パターンがダウンロードできるのもうれしい。ポーチはメガネケース、アクセサリートレイに、大きさを変えるとミニクラッチバッグとしても活用可能です。レザーの季節につくる楽しさ、使う楽しさを提案しています。私、スズキが取材とライティングを担当しました。とはいえ、今回も編集担当のIさんにかなり助けてもらいました。感謝! 

<TIME & EFFORT>http://timeandeffort.jlia.or.jp/news/2017/09/29091006.html


<tokyo toff(トウキョウトフ)>は大河なぎささんが立ち上げた注目のブランド。多摩美術大学、東京都立職業能力開発センター 製くつ科卒業。インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>入居中に国内最大級の日本製革製品のコンペティション「Japan Leather Award 2012」グランプリを受賞しました。

革靴と革の小物を "永く使うこと" を一番に考えてデザイン。 厳選した素材を使って手間を惜しまず都内の職人とともに靴づくりを展開しています。 現在、イースト東京・蔵前にアトリエを移転し、少人数制の革小物教室<class toff(くらすとふ)>も開設。近年では、政府系機関が行うUAEへの技術指導にも協力。海外向けのテキスト作成、監修も手がけるなど、幅広く活躍しています。

<tokyo toff> http://tokyotoff.com/news/

元記事を読む「B.A.G.Number」http://bagnumber.tokyo/?p=10045

革漉き&タンナー見学、革セールなど各地で続々開催! ジャパンレザー関連・10月のトピック【まとめ】

恒例のコンペティションの審査会から、マルシェイベントまでさまざまなレザー関連プログラムをまとめました。どうぞ参考になさってください。


東京ソラマチ「Souvenir by TOKYO LEATHER」~10月4日

東京都墨田区の鞣製業者を中心とした5団体で構成された東京製革業産地振興協議会による恒例企画「Souvenir by TOKYO LEATHER(スーベニール バイ トーキョーレザー)~2017 AUTUMN~」が東京スカイツリータウンの商業施設、東京ソラマチ内の墨田区産業観光プラザ すみだ まち処で行われています。

22195384_1474141725967993_760492715840350814_n.jpg

オリジナルブランドやクリエイターとのコラボレーション製品を出品。
区内でつくられた素材、企画・製造されたピッグスキン製品(バッグ、小物、雑貨)ほか、さまざまな革製品が人気を集めています。

すみだ まち処 http://machidokoro.com/event.html

大阪・梅田「カバン展 カバンワンダーランドⅥ」10月4日~10日

バッグを手がけるつくり手たちのイベント「カバン展 カバンワンダーランドⅥ」が大阪・梅田 阪急うめだ本店で本日10月4日からスタート。今回で6回目となる同イベントはこれまで岡山で行われていたそうですが好評につき、岡山県外初開催となります。

21762012_1813014075657532_509701935803970319_n.jpg

岡山、香川、兵庫...と、瀬戸内海をはさんだエリアを中心に西日本各地から8人が集結。個性あふれる逸品が並びます。

「カバン展 カバンワンダーランドⅥ」http://kaban10.exblog.jp/

大阪・船場「船場まつり」10月6日~8日

大阪・船場エリア恒例の「船場まつり」が行われます。船場商人が育てた粋な文化と商売の街ならではのセールなど盛りだくさんです。人気ショップ<b.a.g(バッグアーティストガーデン)>が参加し、端革を大放出。

2941275.jpg
50円でつめ放題もしくは、1グラム1円のグラム売りから選べます。裁断済の革も交じっているので、持ち手に使えたり、そのままポケットとしても使える革もあるそうですよ。掘り出しものが見つかりますように。

b.a.g http://b-a-g.jp/fswp/blog/2017/09/28/post-841


東京&大阪「Japan Leather Award」審査会<1次審査・大阪>10月9日~10日、<2次審査・東京>10月28日~29日

日本製革製品のコンペティションとして国内最大規模を誇り、すっかりお馴染みとなった「Japan Leather Award(ジャパン・レザー・アワード)」が今年で10周年。本エントリーが終了し、今年度の応募作品がオフィシャルサイトで公開されています。

img_03.jpg
続いて審査会を開催予定。大阪 阪急うめだホールで1次審査(全作品展示/10月9日~10日)東京 マーチエキュート神田万世橋で2次審査(10月28日~29日)が行われます。1次審査会を通過した100作品を11名のプロ審査員が厳正に審査。会場は一般公開され、一般来場者(100名)による人気投票で東京会場人気No.1の作品を選出します。


前回、「東京でも審査会があり、とてもよかった」、「展示されているようすを見ることができて、うれしい」とのご意見があり、応募者のかたの来場も多かったようです。さらに「レザークラフトマンミーティング」を開催。業界内外の交流をより深める場として、懇親の場を兼ねた交流会として、好評。今回は東京で行われます。参加者のプロフィールブックを配布するとともに、PRのためのインフォメーションスペースなどもご用意する予定です。ぜひ、ご注目ください。

Japan Leather Award 2017 http://award.jlia.or.jp/2017/

大阪・大国町周辺「本日は革日和♪ 2017秋 IN 大阪」10月13日~14日

人気のイベント「本日は革日和♪」がこの秋も開催決定。ホームグラウンドである大阪で10月13日(金)からスタートします。


大国町エリア周辺では恒例のアウトレットセールが。箔押しやエナメルなどが得意な<寿屋>、多彩な品ぞろえの<ミヤツグ>、ともに在庫のみの一点ものを大放出! 今回は<山内商事>も仲間入り。一部セールも行います。

さらに革日和セミナーは人気企画「しくじりハンドメイド作家さん」、「4時間ちょいで学ぶコバ講習~量産からマニアックな技法まで」、「Japan Leather Award 2012」レディースバッグ部門賞受賞者 中村保義さん主宰<サンプル師が教えるバッグ教室>による「型紙の基礎part1」「がま口編part1」、「教室見学会」がラインナップ。プログラムごとに日時、場所が異なるのでご注意。詳細は下記リンク先を。

「本日は革日和♪」 http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/3169

東京・浅草橋「革漉所を見学して、かぼちゃのレザーポーチをつくる」10月14日

ファッション雑貨のものづくりが盛んなイースト東京エリアでユニークなコラボレーション企画が行われます。

22089228_1401816253270299_7431468116375740129_n.jpg

<浅草橋工房>、<タカラ産業>、<浅原皮漉所>が参加。皮革素材販売店や革漉き所をめぐってレザーポーチを仕上げます。革漉所とは何か? 革を漉くとはどういうことか? 革をどうやって漉くのか? を体験できる貴重な機会ですよ。

「モノマチ 秋のイベント告知情報」https://www.facebook.com/Monomachi/

東京・東墨田 爬虫類皮革専門タンナー「藤豊工業所 見学会」10月18日

革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」主催勉強会の最新プログラムとして、爬虫類皮革専門タンナー<藤豊工業所>見学会が10月18日(水)に開催されます。

375744.jpg

高い技術力で知られる老舗タンナー、藤豊工業所を見学させていただける貴重な機会です。日本皮革産業のPRを目的として企業の協力のもとに開催。技術研究、および、情報収集を目的とする同業者は参加できません。ご注意ください。

「BagYard」http://bagyard.jp/

兵庫・豊岡「カバスト マルシェ」10月22日

かばん産地、兵庫・豊岡の地域活性化イベント「カバストマルシェ」が毎月第4日曜に行われています。

img_mainimage201710.jpg

地場産業を盛り上げるべく、市内の宵田商店街を「カバンストリート」を名づけ、地場産業の鞄をテーマに人やもの、情報が行き交う場所に新たな風が吹き込みました。起業を目指す若い世代をはじめ、クリエイターたちが参加するマーケットも人気です。

カバンストリート http://www.cabanst.com/cabanstreet/


元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top