Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

伊勢丹 TOKYO解放区バイヤーの注目セミナー、<七夕財布>ほかジャパンレザー関連 7月のトピック【まとめ】

7月に入り、気温が上昇。一気に夏らしくなってきました。皮革業界では、さまざまなプロジェクトがスタートする時季でもあります。注目のトピックをまとめてご紹介。どうぞ参考になさってください。


七夕財布・お盆財布

近年、<七夕財布>が話題です。風水の第一人者、Dr.コパさんがテレビなどで紹介し、「七夕までに手に入れた財布を7日か8日に使いはじめると縁と円を呼ぶ」といわれています。そんななか、インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>入居ブランドとしても知られる<FIORAIA>が東京・新宿 伊勢丹新宿店1F 財布売り場にてポップアップイベントを開催中です。

19424466_780551242115763_1703597711062733965_n.jpgのサムネイル画像
レディス大手バッグブランドやメンズファクトリーメゾンなどでハンドバッグ・財布のデザイナーとして10年間勤め、2015年に同ブランドを立ち上げたデザイナー 鈴木 綾さんに聞きました。

6348ba_4c203a794c2a4a0992ef8396489bc50a~mv2_d_2148_1340_s_2.jpgのサムネイル画像

「七夕財布といえば、大手メーカーさんでは以前から取り組んでいらしゃって、盛り上がってきましたね。星に願いごとをする日、織姫と彦星のようにひかれ合うような、お気に入りに出会ってほしい。また、7月6日は、幸運日、天赦日と一粒万倍日と大安が重なり、とてもいいタイミングだと思います」(鈴木さん)。

19679870_1407837772642105_138378880_n.jpgのサムネイル画像
<七夕財布>だけでなく、<お盆財布>も注目されています。デザイン、機能性、使い勝手といった要素に加え、エモーショナルなニーズも見逃せません。一部の商業施設では、夏ものセールがはじまり、プロパーの商品の売り上げが鈍化する時期でもあり、財布売り場の活性化につながりそうですね。


FIORAIA
<http://www.fioraia.net/>


「ナイゾウの日」「ゼラチンの日」「ゼリーの日」

一般社団法人 日本皮革産業連合会の会員団体は27団体あります。原材料をはじめ、幅広いジャンルでカバー。そのひとつ、社団法人日本畜産副産物協会が副生物記念日として「7月13日 もつ焼の日(ナイゾウ)」を制定しています。「な(7)い(1)ぞう(3)」(内臓)の語呂合せです。

gelatin_mainvisual.jpg

続いて、7月14日は「ゼラチンの日」&「ゼリーの日」。日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が 「ゼラチンの日」を制定。 ゼラチンがフランス菓子や料理に多く使われることから、フランスの代表的な記念日である7月14日、フランス革命と同じ日に。食用をはじめ、工業用、医療用、写真業界など、幅広く利用されているゼラチン。そんなゼラチンについて、もっと親しんでいただきたい・・・そんな想いを込め制定された記念日です。

jelly_mainvisual.jpg
7月14日は「ゼリーの日」でもあります。「ゼラチンの日」にちなみ、同じく日本ゼラチン・コラーゲン工業組合により制定されました。食肉、皮革の副産物にもぜひ、ご注目ください。

社団法人日本畜産副産物協会
<http://www.jlba.or.jp/>


日本ゼラチン・コラーゲン工業組合
<http://www.gmj.or.jp/>

<「信頼のマーク」は日本製かばんのしるし かばんプレゼント 2017>

日本かばん協会が主催するキャンペーン、<「信頼のマーク」は日本製かばんのしるし かばんプレゼント 2017>がスタートしました!


「信頼のマーク」は海外製品に劣らない優れた日本製かばんにつけられています。
品質、デザインともに"信頼"がおけるという意味が込められて。そしてこの「信頼のマーク」は優れた日本製であるとともに、日本かばん協会が定めた信頼の3ヵ条(「1.鞄づくりにプライドを持ち、伝統を守り続ける」、「2.常に挑戦し続ける、革新の姿勢を忘れない」、「3.日本製品として、世界に誇れる鞄づくりに取り組む」)をクリアしている証です。

19396943_116244115643936_3078433307943648991_n.jpg
このキャンペーンでは日本の精鋭かばん職人がつくったかばん20本をプレゼント。特設サイトでエントリーできます。期間は8月31日(木)まで。関東と関西でPRイベントも開催。日程・会場は7月22日(土)千葉・船橋 イオンモール幕張新都心、7月29日(土)大阪・吹田 ららぽーとエキスポシティ。どちらも日本製かばんの展示や手づくり体験ワークショップなど盛りだくさんですよ。

日本かばん協会
<http://www.kaban.or.jp/2017/>

恒例「デザビレセミナー」に三越伊勢丹 TOKYO解放区 バイヤーが登壇!

インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>で、恒例の「デザビレセミナー」が行われます。

tdv_1238-330x208.jpg

今回は「伊勢丹 TOKYO解放区が求めるクリエイターとは」。三越伊勢丹 TOKYO解放区 バイヤー 寺澤真理さんがレクチャー。


「TOKYO解放区は伊勢丹新宿店で、ファッションを含めた東京カルチャーを発信し、
多くの新進のクリエイター、アーティスト、ファッションデザイナー等を育ててきた
インキュベーション(卵の孵化器・創業支援)なスペース。商品を売るだけではなく、毎回ユニークなテーマを企画し、トークショー、ワークショップなど、クリエイターと関わる参加型イベントも多数仕掛けてきました。

またクリエイターとメーカーをマッチングさせ、コラボ商品を作るなど商品開発にも関わっています。このように新進クリエイターを発掘、紹介し続けるTOKYO解放区の取り組みの狙いとは? どのようなクリエイターを取り上げているのか?そして育てているのか? 今後のTOKYO解放区のこと、東京のファッション業界の今後等についてもお話いただきたいと思っています」台東デザイナーズビレッジ 鈴木村長。クリエイターやブランドを立ち上げたいかたにおすすめの内容です。

台東デザイナーズビレッジ
<http://designers-village.com/dezaville/20170714kaihouku/>


人気イベント「本日は革日和♪」が博多で初開催

大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が博多に出張します。「本日は革日和♪」は、革がもうちょっと楽しくなる、がコンセプトのイベントです。

IMG_20170526_101235.jpg
今回、博多にて初開催。「革会社による革や金具の展示会、ワークショップやセミナーを予定しています。個人からプロまで気楽にお越しください」と主宰 村木るいさん。

IMG_20170526_124106.jpg

つくり手からビジネスパーソンまで幅広く、皮革業界の第一線で活躍しているかたとコミュニケーションできるのも魅力ですよ。


本日は革日和♪
<http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/2962>

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top