Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

産地レザー&製品の新展開続々! 「インテリア ライフスタイル」レポート#1

東京から世界へ向けて、ライフスタイルを提案する国際見本市「インテリア ライフスタイル」が東京・有明 東京ビッグサイトにて6月14日(水)から三日間行われました。

il1706 00.jpg

国内外のハイエンドなインテリア、デザインアイテム、トレンド、キーパーソンが結集。22カ国・地域から787社(国内645社・海外142社/共同出展者を含む)が出展し、会期中に27421名もの来場者がありました。

il1706 03.jpg
毎年話題のアトリウム特別企画はディレクターに江口宏志さんを迎え、展示だけでなく、トークイベントなど盛りだくさん。

il1706 01.jpg

今回のテーマ「WANTED(ウォンテッド)!」に合わせ、紙管を用いたインテリアや西部劇を彷彿とさせるポスターが目をひきます。

il1706 02.jpg

バイイングをはじめ、さまざまな潜在的ニーズを見える化する、実験的な試みが注目されました。そんな同展から日本製革製品を中心にピックアップし、レポートします。

il1706 姫路00.jpg

プロダクトデザイナー 村田智明さんが率いるデザイン会社、ハーズ実験デザイン研究所が自社ブランド<METAPHYS(メタフィス)>を展開。プランター、照明、文具、インテリア小物に続き、革製品を手がけています。

il1706 姫路02.jpg

エイジングを楽しみながら末永く愛用できるよう、流行や年齢、性別にとらわれない、普遍的なデザインが特長です。公益財団法人姫路・西はりま地場産業センターの<姫路レザー>とのコラボレーションにより、革の生産から製品づくりまで一貫生産を行う天然皮革商品シリーズ<sebanz(セバンズ)>を始動。

il1706 姫路03.jpg
兵庫県西播地域で生産された<姫路レザー>は上質な素材はもちろん、縫製技術にも優れ、国内有数の産地の強みを十二分に生かしています。バッグのほか、ブックカバーやパスポートケースといった小物もリリースし、好評です。

il1706 KL00.jpg

大阪のデザイン会社 タイタン・アートによるプロダクトブランド<KLON(クローン)>からバッグがローンチ。シンプルで均整のとれた美しいフォルムと装飾を排した潔いデザインはごくごくシンプルでスタイリッシュ。持つひとを引き立てます。

il1706 KL01.jpg

こちらのワンショルダーバッグは、皮革産地・姫路でなめされた上質なレザーを使用し、接ぎがない贅沢な仕上げ。止水ファスナーや大きく開く開口部・・・と機能面も充実。

il1706 KL02.jpg

デザイナー 持田一馬さんが背負ってくださいました。存在感がありながらも、悪目立ちせず、コーディネートにさり気なく馴染みます。

il1706 KT00.jpg

手袋産地、香川県を拠点とするダイコープロダクトから新ブランド<SOH>がデビュー。コンセプトは「30~40代の男性の生活が少しよくなるような、いつもの自分を超えていける新しい価値の創造」。

il1706 KT01.jpg
従来の手袋の概念を超えることができるよう、新たな発想に基づきつくられました。メンズカジュアルの手袋を得意とする同社のノウハウがぎっしり詰まっています。

il1706 KT02.jpg

パッケージも洗練され、ギフトとしても人気を集めそうですね。

il1706 T03.jpg
革のものづくりが盛んなイースト東京・墨田エリアからも注目ブランドが出展。<ティグレ>のオリジナルブランド<レザリア>はウォッシュブルレザー・シリーズがブレーク中。このたび、活版印刷の下げ札を製作。上質感が漂い、わかりやすくアイキャッチに。

il1706 T02.jpg

他社とのコラボレーションによるトングサンダルがいいですね。これは室内用だそうですが、素足で履く履きものとウォッシャブルレザーの相性は抜群。今後、ビーチサンダルなどへと広がると、富裕層のトラベルニーズの掘り起こしにつながりそう。

il1706 T011.jpg
このほか、プリントレザーを用いたバッグやレザーのカレンダーといったアイテムで個性をアピール。

il1706 T000.jpg

有力セレクトショップ、百貨店のバイヤーが多数訪れ、商談も活発でした。レポートは次回に続きます。

■ 参考URL ■

「インテリア ライフスタイル」
http://interiorlifestyle-tokyo.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/visitors/welcome.html

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

気軽に自由に楽しむDIY「レザーアクセサリーづくりワークショップ」<キソラ>久留米店で開催

人気ブランド<キソラ>久留米店が「レザーアクセサリーづくりワークショップ」を6月27日(火)~29日(木)の三日間行います。

キソラ久留米店 1706WS01.jpg

今回は簡単なピアスづくりにチャレンジ。「お好みのデザイン、パーツでオンリーワンのアクセサリーをおつくりいただけます。ピアスほか、限定数ですが、イアリングのパーツもご用意しました。難しい作業はありませんので、お気軽にご参加ください。おひとりでじっくりつくるのも、ご友人とおしゃべりしながらつくるのも、どちらも楽しいですよ」と同店 鍋島店長。

参加費1000円(税込み)。予約不要ですが、時間指定も可能。問合せはキソラ久留米店(TEL 0942-23-7160)まで。


<キソラ>は各店に工房を併設。研修を受けた店長(兼職人)がその場で仕上げるカラーパターンオーダーやカスタムメイドも好評です。このほか、日本製の上質なバッグ、財布、小物を展開し、幅広い年齢層のユーザーの支持を獲得しています。

<キソラ>久留米店「レザーアクセサリーづくりワークショップ」


会期/6月27日(火)~29日(木)11:00~15:00開催
場所/福岡県久留米市新合川1-2-1 ゆめタウン久留米1F
WEB /https://www.facebook.com/kissoraJapan/

元記事を読む「B.A.G.Number」http://bagnumber.tokyo/?p=8959

京都の老舗漆器店<象彦>とのコラボによる蒔絵バッグが人気! <タイム&エフォート>ポップアップイベント

日本の革と革のものづくりの魅力を発信する<TIME & EFFORT(タイム&エフォート)>が
ポップアップイベント「 JAPAN SENSES is NEW JAPAN Leather - 肌理 ki-me 日本しかない、繊細 - 」をジェイアール京都伊勢丹2F 婦人靴売り場 プロモーションスペースで6月28日(水)から開催します。

news_170615_1.jpg


京都初出店、ジェイアール京都伊勢丹で取扱いのないブランドを含め、日本のものづくりスピリットが詰まった逸品がラインナップ。イースト東京からは、インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>入居ブランド<革*jacobi(カワアスタリスクヤコビ)>が参加します。寛文元年(1661年)創業の京漆器・象彦とのコラボレーションによる蒔絵バッグを中心に絵つけのデモンストレーションと、別注オーダーイベントを実施。

news_170615_5.jpg


このほか、老舗レザーケア用品メーカー<コロンブス>のスペシャリストによるデモンストレーション(画像は同社の女性向けライン<ルミエール>)など、盛りだくさんですよ。


「JAPAN SENSES is NEW JAPAN Leather」


会期/6月28日(水)~7月11日(火)10:00~20:00開催
場所/京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹
WEB /http://bit.ly/2tDXse9

元記事を読む「B.A.G.Number」http://bagnumber.tokyo/?p=8952

4/11 1 2 3 4 5 6 11

MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top