Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

2018年春夏のレザートレンドを探る「第96回東京レザーフェア」レポート#2

前回(先週水曜更新分)に続きまして、「第96回東京レザーフェア 2018S/S Collection」レポート第二弾をお届けします。会場7Fの<トレンドラボラトリー>コーナーは、最新トピックがいっぱいでした。フロアが鮮やか! 来春、注目のモーブで彩られて。「プルミエールヴィジョン」でもイチ推しだったそうですが、トレンドカラーとして新鮮です。モーブ、ラベンダーのトレンドといえば、90年代の<バナル>ブームを思い出しますね。

TLF tl ブースヒキ00.jpg

2018年春夏シーズンのテーマは「拡張する色彩感・変容する色」。革としての新しい色彩感を意識した24色を提案しています。色の果たす役割は重要性を増し、その存在感は、より強く。色と色が共鳴し、響きあうようなコンビネーションを実現すべく、機能的なカラーパレットを目指したそうです。特に、今季は、透明感と軽やかさを感じさせる構成となっていて、注目色は、レッド系(オレンジ、ピンク)、ブルー系(ターコイズ、パープル)、ニュートラル「DIGNITY RICH/伝統と革新を美しく融合」、「PLAYFUL NATURE/ナチュラルを自由に遊ぶ」、「UTILITY SPORTS/未来につなぐニュートラル」と3カテゴリーで展開されました。

TLF1705 tl 1 ヒキ 01.jpg

「DIGNITY RICH/伝統と革新を美しく融合」


キーワード:「継承する品格」、「伝統の美学」、「深古典派」
カラー:ブルー、オレンジ

TLF1705 tl 1 01.jpg
インディゴ藍染めによる暗い表情のブルー

ダークなカラーレンジに重厚感が漂います。

TLF1705 tl 1 02.jpg

正統かつ清廉なブルー

ブラウン、コッパーとの組合せで新鮮に。

TLF1705 tl 1 03.jpg
革味を深く味わうニュービンテージ

経年変化のようなニュアンスがシボ感を引き立てて。

TLF1705 tl 2 ヒキ.jpg

「PLAYFUL NATURE/ナチュラルを自由に遊ぶ」


キーワード:「青春のような好奇心」、「エッジ―ポップ」
カラー:ブライト×ニュートラル、イエロー、ピンク、ブルー

TLF1705 tl 2 01.jpg

弾けるように軽妙なシャンパンピンク

2017年から継続のピンクは、エレガントなテイストで変化をつけて。

TLF1705 tl 2 02.jpg

シャイ二―感で見せるライトグレイッシュ

繊細な表面変化が新しいフェミニズムを感じさせます。

TLF1705 tl 2 03.jpg

オーナメンタルなパープルの階調

本命のモーブ、ラベンダーを中心に、さまざまな色調、バリエーションがそろいます。

TLF1705 tl 3 ヒキ.jpg

「UTILITY SPORTS/未来につなぐニュートラル」


キーワード:「スポーツの新次元イメージ」、「情感に沿う機能感」、「ハイテックイメージ」
カラー:カラードニュートラルの階調、若菜色がアクセント

TLF1705 tl3 02.jpg

ホワイティにグラフィカル効果を楽しむ

抑制が効いた表現で幅広い分野で取り入れやすい。

TLF1705 tl3 01.jpg
中性色の深さときらめき感・シンセティックな未来感

華やぎのあるグリーン、新味がありますね。

TLF1705 tl3 03.jpg

ジオメトリックで未来的な視覚インパクト

未来的かつスポーティな感覚は、東京オリンピックを控え、人気が出てきそうですよね。


それぞれのカテゴリー、グルーピングを通して「オーソドックスな革らしさを刷新するフレッシュな表現」、「(革と革以外の)異素材のハイブリッド感」、「スポーティな感覚のライフスタイル化」といった傾向が打ち出されていました。

tomitaさん 170502.jpg

トレンドといえば、富田興業のブースも要チェックです。

tomita さん170501.jpg

レザー、ファッションというカテゴリーを超え、ライフスタイル提案を感じさせます。従来のトレンドに加え、緻密なマーケット分析を踏まえたコレクションでした。6月第二週に開催される、自社での展示会で、バリエーション豊富に紹介される予定です。こちらもレポートさせていただきますので、どうぞ、お楽しみに。

TLF1705 nv コラボ ヒキ.jpg

シューズの最新傾向はこちら、東都製靴工業協同組合による「NIPPON VALUE」で発信。

TLF1705 nv コラボ.jpg

今回は、「NIPPON VALUE×墨田革漉工業」のコラボレーション作品を発表。「東京レザーフェア」デザイナー コラボレーションに二年連続選出されるなど、優れた技術力が知られています。社名の革を漉く(厚さを調整する)加工では日本における元祖であり、各種加工のエキスパートとしてもお馴染み。デジタルパンチング、プリーツ、スペシャルドット、デジタルカッティング...と、さまざまな加工に対応し、最新鋭の3D加工も導入するなど新しい革づくり・ものづくりへのチャレンジに信頼が寄せられて。

TLF1705 nvコラボ02.jpg

「NIPPON VALUE」高い製靴技術で仕上げられた、世界に一足しかないシューズをお披露目。メタリックの多様な表現に目を奪われました。

TLF1705 nv ヴァーブさんヒキ.jpg

百貨店、セレクトショップを中心に快進撃を続ける<ユードット>を展開する
<ヴァ―ブクリエイション>。

TLF1705 nv ヴァーブさん.jpg

ホワイトに絞ったプレゼンテーションでデザインの先進性が際立ちます。このほか、インソールに蛍光グリーンを効果的に配したシリーズも秀逸。若い世代のユーザーが日本製の靴の履き心地のよさを体感する、きっかけになっています。

TLF1705 nvパイオニアさん.jpg

<パイオニア>ではオリジナルブランド<ピオネロ>の進化が止まりません。
アート性が高いハンドペイントレザーと、スニーカーライクなソールを融合。
履きたいと思えるコンフォートシューズがない、なかなかマッチする靴がないと悩むかたが多いようです。スニーカーだけでは満足できない大人世代のファッション感度を満たすべく、彼らのいま、そして、一歩先の暮らしにそっと寄り添って。

TLF1705 tp03.jpg

墨田革漉工業が出展する東京都/東京製革業産地振興協議会ブースも大盛況。

TLF1705 tp00.jpg

TLF1705 tp01.jpg

TLF1705 tp02.jpg

恒例の新進クリエイターとのコラボレーションによるカプセルコレクションや出展各社のオリジナル製品も登場し、つくり手の想いを込めたプロダクトを提案しました。


ファッショントレンドの意義、役割が変容するなか、時代に合わせたイノベーションにより、新しさを提示するジャパンレザー。つくり手とつかい手をつなぐ媒介として、もっともっと注目していただけますように。

■ 参考URL ■

東京レザーフェア http://tlf.jp

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top